プリシラの作品情報・感想・評価

「プリシラ」に投稿された感想・評価

潮

潮の感想・評価

4.1
70年代の名曲と共に贈る、3人のドラァグクイーン達のロードムービー。

歳も考え方も歩んできた人生も、全く違う3人が喧嘩したり支えあったりしながら、広大なオーストラリアの砂漠を横断する。
まだまだセクシャルマイノリティへの差別が根強い時代で、劇中すらいいことばかりじゃないけれど、楽しく最後に爽やかな気分になれたのは、主人公達とそれを支えるキャラクターが素晴らしいから。

ベストムービーに推す声が多いのも納得な良作でした。
雪ん子

雪ん子の感想・評価

4.1
20代の頃に見て、映画そのものも数あるロードムービーの中でダントツに好きだけど、いい曲がたくさん流れていて、サントラを購入した。ドラァグクィーンの、シビアな状況でも自分を明るい方向に持っていく、ある種の振り切った明るさに勇気をもらえる。オーストラリアに実在のドラァグクィーンを基にした映画らしい。
Nunu

Nunuの感想・評価

3.8
学校の授業にて鑑賞
今まで見た映画では得られなかった感覚でした
『ソーセージパーティ』の比じゃないくらい下品な言葉が出てきて、かつセクシュアルマイノリティがメインとして扱われているので馴染みの薄い日本人的にはガツンとパンチを貰うような作品ですね
でもこういう作品を面白いと思える感性が自分にあって良かったなと思いました
サンダルのドレスは流石に斜め上過ぎましたが
Namihey

Namiheyの感想・評価

4.7
私のベストムービー。曲や衣装、ストーリーにキャスト全てが元気を与えてくれる作品。未だに月に1度は見ています。
1994年上映、初めて見たのが1997年。
未だに月に1度は必ず見直しています。
アカデミー衣装賞を取った衣装達をオークションにかけて、その売上をエイズの研究団体に全額寄付したのも有名な話し◎
わで

わでの感想・評価

3.0
オーストラリアってほんとに砂漠ばっかりなのね。
ゆみこ

ゆみこの感想・評価

3.3
ゲイの人って男の強さと女の弱さを併せ持つからいいよなあ。男の弱さと女の強さ、なのか。

ロードムービーって退屈になりがちだけどこの作品は飽きずに観ることができた。
キャラの濃さはもちろん、陰鬱な展開も笑いに変えてしまう彼女らの明るさが理由だろう。
それぞれが抱える過去の悩みや将来への不安が話を追うごとに見えてくるストーリーは、ありがちだけど良かった。

要所要所に織り交ぜられる歌やダンスもとても素敵!

特にオープニングに引き込まれた。
余談だが、あのサンダルのドレスはなんなんだ。笑ってしまった。
あと、男の子の名前がベンジー!
オープニングだけで飯100俵いけます
ありがとうございます
エム

エムの感想・評価

4.2
衣装も音楽もとてと可愛い

そして、何よりも自分達の生き方を探して
躓きながら一生懸命に頑張る姿が美しい

とても勇気を貰える作品
k

kの感想・評価

3.6
ガイピアースだけが見ていられる綺麗さだった
まぁ色々あるけど、自分らしく生きるのが一番いいんだなぁって思う映画
バーでおばさんに辛辣なジョークかまして男どもの賞賛を得る序盤のシーンが良かった
荒野を走りながら車の上で布をひらひらさせて踊るのが綺麗だった
ピンポン玉のくだりはゲスかった
星野

星野の感想・評価

3.9
自分で決めた道を歩んでいる人が格好悪い訳がない。紆余曲折しても彼女らは、格好良くて美しい。

20170913
>|