ミステイクンの作品情報・感想・評価

「ミステイクン」に投稿された感想・評価

あおい

あおいの感想・評価

1.3
私はくうちゃん(野性爆弾: 川島邦裕 ※現: くっきー)が好きなので視聴しましたが、もしあなたがそうじゃないなら全くお勧めする気はありません。

でもアマゾンプライムで観れる「ザ・ワールドチャネリング」ほど振り切ってる訳ではないので、ああいうのはいいや…っていう人でも大丈夫かも。。
ちゃ

ちゃの感想・評価

3.5
野性爆弾のくっきーすぎた
意味わからんすぎるけど、それがいい
まじくそ意味わかんないけど面白い、野性爆弾の単独見た感じ。

くっきーが演技じゃなくてリアルでこういう感じそうなのが一番ホラー

ホラー的にはB級どころかクソ、これはクソ。
sickboy

sickboyの感想・評価

-
糞を糞で煮込んだ様な糞映画。

負けたよ…。今年ワースト1の映画はこの作品だ…。良かった点は短いので時間がそこまで無駄にならなかった位かな。本当に全てが詰まらない。。。
IM

IMの感想・評価

1.4
人が歯を磨いているだけのシーンをノーカットで複数回見せつけられる。
製作に関わっている者全員が製作に関わってしまったことを後悔するくらいつまらない。
蛸の無駄遣い。
ちく

ちくの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ベッドも可愛いしパジャマも可愛いし部屋の散らかり具合も大人しいから、最初はくっきーが知らん女の人の部屋でフツーに生活してる異常者ENDなのかと思ってたけど全然違って面白かった。

あと本当にどうでもいいけど、人生で一番苦手な生活音「歯磨きの音」+微妙に気持ち悪い行為「洗面所以外で歯磨き」のコンボが開幕で決まって、不快指数爆上がりスタートだったのでそこの印象が強い。
でもそのシーンも含め、終始くっきーの言動が可愛くてキモくてよかった。
キーボードを弾いて突然歌うところ、噴き出したwなんとも言えない世界観。
引っ越してきたアパートの一室は曰く付きで…
野性爆弾の川島によるホラーコメディ。

ホラーとコメディは融和しないと分かっていながら怖いもの見たさで観てみる。
同じ志向のキャプテンスーパーマーケットばりにコメディ方向へぶっ飛んでいればまだ良かった…
結果的には川島の自然体の体を装った寒いシュールボケが連発。所々でふふってなる所は確かにあるが大阪弁の高圧な物言いで一気に冷める。
刺身の菊の花やパセリの様にそっと添えられたホラーはもはや要らない
最後も最後で寒い

評価できるのは60分弱という短さが辛うじて映像作品の体を保っていた事ぐらいだろうか…
間違いなくホラー部門ワーストランカー作品
jun

junの感想・評価

2.5
なんという低予算映画。
時間の短さと物語の展開いいんだろうけど
それまでに物語にあんまり引き込めてないから最後の結末がそんなに衝撃に感じない。

この映画のホラー感より
くっきーの奇妙さが怖い。
つまらない映画だろうなとは思いましたが、1時間も無いですし、退屈しのぎで見てみました。
つまらない割には面白かったなという矛盾した謎の感情が湧きました。

野性爆弾のくーちゃんがいわくつき物件に引っ越してきて、部屋の様子をカメラに収めるというパラノーマルアクティビティみたいなヤツ。

ただただくーちゃんが歯磨いたり、屁こいたり、歌ったりする姿を見させられキツイ。
色々とシュールなのに後半のホラー演出が正統派なのが逆に笑える。

最後の展開は「なるほど」と少し感心してしまった。
おそらくほとんどの人はこの作品を真剣に観ようとしないだろうが、それを逆手に取ったような展開が最後に用意され、してやられた感じがあって少し悔しい。
本当に狙ってやってるとしたら製作者はなかなか策士だと思う。
>|