ヤング・アインシュタインの作品情報・感想・評価・動画配信

「ヤング・アインシュタイン」に投稿された感想・評価

ヤッホー・シリアス監督・脚本・主演オーストラリア産ゆるゆる科学コメディ

そもそも誰よ、ヤッホーさんww???
現地では有名人らしいです☆

キュリー夫人やらダーウィンやらも出て来て、ひたすらドタバタする作品でした!

とりあえずロックは世界を救う!
救うったら救う(* ̄∇ ̄)ノ



1941年オーストラリア、タスマニア。

アルバート・アインシュタイン(ヤッホー・シリアス)は、ビールを泡立てることに成功する。

その公式は【E = mc²】

よし、では本土で特許を取ろう!と向かうも、公式を盗まれ、精神病院に入れられてしまう。

あの公式でビールを大量に作ったら大変なことになる!

アインシュタインは、キュリー夫人と共に実験を止めようとするのだが……



エネルギー=質量×光速の二乗
はい、大爆発が起きますね!!!

なんて話はラストくらい(笑)

それまでは、エレキギターを開発したり、ロックに目覚めたり、サーフィンを楽しんだりしてるのでした♪

ん~ゆるい( ´∀`)

なんなら日本語字幕もゆるくて、ハートやら顔文字が入るんですよw
ちょっと可愛い☆

冒頭、超絶適当な着ぐるみタスマニアデビルちゃんが出てきたり、偉人がホイホイ出てきたりと、クスクス出来ます!

オーストラリアとかニュージーランドって変態が多いなぁ~
是非行ってみたいっ!!!
E=mc2とキノコ雲に深い闇を感じてしまいタチが悪い、と思ってしまった時点で中止。
(作品に罪はありません)

最近のホラースプラッタよりよっぽど恐怖を感じサブイボが出る、コメディに思えなかった、ヤッホーシリアス監督はなんだか恐い。
イシ

イシの感想・評価

-
こうなったらserious filmsをコンプリートや!

いやな感じの人が出てこなくて平和だった~。
gooooo5

gooooo5の感想・評価

3.2
オーストラリアのコメディ映画。

実在の人物、アルバート・アインシュタインの若き日々を奇想天外な解釈で描いた冒険コメディー映画。

設定や時代背景は矛盾が有り、無理がある設定でしたがそれなりに面白かったですよ。
何にも考えず、観てちょうどいい感じに楽しめる。そんな作品です。
な

なの感想・評価

5.0
♡…
字幕の面白さ、タスマニアデビルの存在感でぐいぐい引き込まれるロマン溢れる爽快な映画だった♨︎!
しかしヤッホー・シリアスて。気になって仕方ない。名前から爆発している!
たまにハッとする綺麗なショットが挟まれるのがとにかく良い♨︎♡…

”エムク“で『26世紀青年』の“UN”を思い出す。
ネット

ネットの感想・評価

4.5
世界で一番字幕が面白い映画。革命的&爆笑。
これぞ隠れた傑作というやつか。冒頭の宇宙空間(宇宙空間が冒頭に映る映画は全て面白い)で心がざわつき、オウム→カンガルー→羊の繋ぎで傑作の予感がし、大爆発で予感は確信に変わった。

ロケ撮影が好き。砂漠→雪原→エアーズロックと、整合性のせの字もない。オーストリアからフランスまで自作の船一つ。この時の海面の揺らめきもいいが、砂浜も他の船も一切映らないのが素晴らしい。
海デートの望遠ショットもたまらん。波打ち際を歩く二人の横では波が荒れている。全編わたって風が強い。
作用反作用の実験をする時の、木々の柔い緑とオレンジの陽光も神々しい。
言わずもがな動物たちも最高。本土へ向かう主人公の船を追いかけるタスマニアデビル!

パリ上空の合成にわけもなく感動する。
ジェイ

ジェイの感想・評価

4.0
大本命ヤッホー・シリアス!
監督の名前だけで面白いのに初っ端からタスマニアの山奥でビールの泡を作るためにE=mc^2を発見して原子を核分裂させ掘っ建て小屋が爆風で吹っ飛ぶ若き日のアインシュタイン。何故か列車の中でキュリー夫人と出会い恋に落ちる。もうふざけるんだったらこれくらいぶっ飛んでいた方が面白いことがわかった。エレキギターを発明して核爆発を防ぐんだがそのシーンも素晴らしい。佐藤良明が『佐藤君と柴田君』の中で「音楽以外でロックなものの覚え書き」みたいなコーナーでさらっと触れていたが、たしかに本作はRock & Rollですね、岩と回転と言うべきか。マルコーニの小物感といい、ダーウィンの登場といい、ツッコミどころ満載で笑えるが、ときどき挟むロングショットが案外カッコイイ! あと「♨︎」とか「♡」みたいな感じの初めてみる字幕もあって爆笑した。『北の国から』の純くんの手紙風の字幕もあってとても面白かったわけで。たくさんの人に見てもらいたいわけで…
琉太

琉太の感想・評価

3.0
典型的なアメリカンB級映画です
しかしながら制作はオーストラリア
オーストラリアンB級映画です
ジャケットのインパクトで借りてしまった
若い頃のアインシュタインとキュリー婦人が恋人の設定なんてバカバカしいなぁ、と思いながら見てしまったけど以外と軽いノリで観ると面白かった
>|

あなたにおすすめの記事