悪魔の発明の作品情報・感想・評価

「悪魔の発明」に投稿された感想・評価

イラスト背景と実写、そこにミニチュアも乗っかって。
ストップモーションと一言では片付けられない、このデジタルじゃない時代だからこそ成し得た映像美。目で見て楽しい。目の肥やしになった。
久しぶりのカレルゼマンを取寄せ。出回ってないから盤面傷だらけで再生ヒヤヒヤする。
そして相変わらず尖ってる。
商船に特攻し沈没させて、荷を奪う盗賊
新型爆弾の開発の最中、教授を誘拐される。
連れて来られたのはパっと見は活火山、だが実際は開発の為に黒煙が出ているだけ。
世界征服を企む盗賊一行に対し、脱出のチャンスを伺う助手
海底のシーンのレトロフューチャー感があまりにも愛おしい…何あの自転車…
カレルゼマン作品のストップモーションと実写の融合作品の中でもかなり見やすい作品だった。
カレル・ゼマン監督作品。
発明家のロック教授と助手のハルトは、ある時海賊に誘拐され、ロック教授の研究が世界征服に利用されようとするが・・・という話。

近代科学とファンタジーが混ざりあった世界観が魅力的。今作品は海のシーンが多くて、海賊達の潜水艦や、海中をスクリューで移動する自転車にワクワクした。

海賊のアジトの研究所の機械仕掛けになっている様を横移動しながら映していくシーンが特に良かった。
くるみ

くるみの感想・評価

4.1
カレルゼマンの作品は初めてで、
CGに慣れてる目から観たら凄く新鮮だった♪

荒削りの絵は古さを感じるけれど、なんたってアニメと実写の境目が全く分からないのがスゴイ

例えば室内のシーンで椅子が視界に入る中で、なんとなく絵だと思ってたら人が座るからハッとさせられる!

そんなだから思わず映像に気を取られてストーリーが分からなくなる事もあるくらい

独創的な映像の中でヒゲのおじさん達が動き回る!ストーリーもちゃんと追うとSF冒険譚ってぐらいだから、ちゃんと楽しませてくれます♪傑作!
zoo

zooの感想・評価

4.4
ブルーレイを入手したので視聴。
ヴェルヌ原作。カレルゼマンのストップモーションアニメと実写を織り交ぜた手法が独創的。
チェコアニメの巨匠が撮り上げた摩訶不思議な映像世界。
ストーリー自体は大したことないのだけど版画、実写、人形、ストップモーションアニメが合成された唯一無二な映像が見所。
縦線と横線を強調した書き割りのセットや独創的なビジュアル、味わい深い演出の数々にいつの間にか惹き込まれている。
さぁ、冒険だ!

相変わらず、話はサッパリだけど、世界観は超好きなので困ってしまう・・・。
ただ、"世にも奇妙な物語"を観て、すぐに鑑賞したんで、少し疲労感が、少しづつウトウト、ウトウト・・・。
今更なんだけど、自分、ゼマンさんとは相性が良くないような気がしてきた!と言いつつ、もう1作借りてるんだけど、そちらはタイトルからして間違いない作品だと思うんで、楽しみではあるんだけど・・・。
だって、"シンドバットの大冒険"なんて、絶対に楽しいに決まってライ!!!

さてさて、今回は、海が舞台のお話。
これは、白黒じゃなくて、カラーで観たかったなぁ~。
ゼマンさんお馴染みの背景のほとんどが、絵で描かれてる。
今作は、どことなく"月世界旅行"に似てて、頭の中で、和田アキ子の歌が鳴り響いていた。
※ポンキッキーズ観てた人には、通じるはず・・・。

馬車だったり、歯車だったり、大砲だったり、船だったり、潜水艦だったり、気球だったり、全部手描き。
撮影現場、どんな感じだったんだろう???
ワクワクで夢いっぱいだったら、良いな~。

海が舞台だから、海の中にも潜るわけで・・・。
海は、広いな~。大きいなぁ~。
そこには、お魚さんや、サメさん、巨大なタコに、潜水艦の攻撃により沈む船。
この地球の大半は、海なのに、自分達は、ほとんど知らない・・・。
それがゼマンさんの摩訶不思議ワールドにより幻想的な世界に変わり、ウキウキ、ワクワク冒険したくなっちゃうね!

晴れた日は、出かけよう~。どこか遠くへ♬
知らないとこ、目指して歩いていこう!
さぁ、冒険だぁ~♪
今帰仁

今帰仁の感想・評価

3.5
初カレル・ゼマン作品
アニメーションと実写の融合。
不思議な感覚。映像に圧倒されて
話追うの忘れてた。
初期作品から勉強したい。
様々なアニメーション技法と実写の融合とカレル・ゼマンのファンタジー的な要素がイマジネーション溢れる世界を作り上げている。アニメーションが手前に来たり奥に行ったり実写との境目がすごい丁寧で、何よりアニメーションがすごい楽しい。特に好きなシーンは映像技師が映画を上映するシーン。フレームを使って、アニメーションと実写とも境目が何層かに設定されて実に見ていて感嘆する。他にも、アニメーションとして動いている電車や車に実写が乗り込んでいるのなんかを見てても、カレル・ゼマンの遊び心なんかが感じられてすごくいいシーン。
さっ

さっの感想・評価

4.5
みんな大好きヴェルヌとアルベール・ロビダの世界。CGじゃなくてこういうのまたやってほしい。かっこいいアングルをちゃんと選んでるのと魚とか鳥を熱心に見せてくれるのが嬉しい。水中チャリが良い

庵野の『空想の機械達の中の破壊の発明』また観たいなあ……