トップ・シークレットの作品情報・感想・評価

「トップ・シークレット」に投稿された感想・評価

史上最強のナンセンス映画だが、人に勧める勇気が正直ない。10年ぶり位に再見。21世紀に入りこのギャグは、現在通じるのかという疑問が付いてしまったからだ。確かに楽しめるのだが、今のギャグスピードからすると遅い感じがする。そして、ナンセンスなギャグが目白押しで、意味のある笑いを求める現在には、合わないのではないか。この作品は、むしろ「天才・バカボン」に近い。意味が無いのだ!ナンセンスが好きな方にはズバリ!お勧め。そうでない方は、見ないで下さい。腹が立ちますから。
844

844の感想・評価

3.0
いやいや待ってついてけないって…
ギャグが全部ドリフ世代でギャグやってシーン変えての繰り返しで、
オープニングサーフィンクレイ射撃ぐらいだった。
俺はフェレル位の世代の笑いじゃなきゃ無理だ。滑り倒してるよ。
新型コロナウィルスの影響で給料も下がり、心が腐ってくばかり…
なので、一番好きなコメディを鑑賞

何度も観ているでオチはわかっているのに…やっぱり笑ってしまう
計算されたおバカギャグ連発で頭スッキリ✨

アイスマンを演じる前の男前ヴァル・キルマーが主演
今の彼と比べ、歳月の流れの残酷さを感じる…
東ドイツ軍の硬直的な会議シーンからビーチのシーンに変わった瞬間の開放感がすごい。
映画からギャグとロックンロールを抜いたら成立しなくなってしまうような清々しさ。勘違いしたままのオンステージとかほんと最高。観てるだけでも体調が良くなってくる。
スパイ映画、戦争映画のパロディがメインのコメディ。
パロディ映画の最高傑作。
次から次に笑わせようとしてくるギャグ映画。ジムキャリーとかじゃなくてあどけない顔した若いヴァルキルマーがふざけていているのが新鮮でよかった。コンサートのシーンも冷静に見ると笑えてくる。
エルヴィス+ビーチボーイズ+ナチ+東西冷戦+ウエスタン+下ネタ+ナンセンス!
ストーリーに無関係なギャグてんこ盛りで一瞬たりとも画面から目が離せない(エンド・クレジットの中にも)!数あるギャグからあえて一つだけ選ぶなら、「暖炉」。
難しいこと考えずに爆笑できる最高に楽しい作品。歌って踊るヴァル・キルマー、かっこいいし。
コメディ映画?
いえいえ、ギャグ満載の馬鹿映画。
我が心のふるさと的映画、大好きだった映画。

●あらすじ
某国に、アメリカのロックスターが招待され、ロックコンサートをするためにマネージャーと2人で行く。だがスパイ活動に巻き込まれて……

「ばかばかしい映画が好き!」
な人なら楽しめると思うが、もう古臭くなった気がする(1984年公開)。今の私もあまり楽しめない。最初から最後までギャグ満載で「笑え!」と、これ見よがしのシーンが多いが、後ろの方で…静かに…こっそりやってたりも多い。だから再見時、見落としに気付く。

スタッフが、(私が最近観た)傑作映画『ラットレース』とかぶるようだが、何故かこの映画も日本で知名度が低いようで、だが一部ではよく知られた映画だろう。この映画は私も特別に大好きだったし、マイベストにあげる人も多いようだ(以前の私もそうだった)。

チャップリン映画も、公開当時は最新だった。でも今は古典だ。ギャグ漫画はすぐ古くなるが、ギャグ映画も同様なのだろう。プレスリーやビーチボーイズのパロディがあるが、1984年時点ですでに古かったから、今の日本の20代・30代には全く意味不明なのかもしれない。


●余談
私は最初、TV放送の日本語吹き替えで観た。
こんな感じ…
<レストランで>
男「ヒラリーっていい名前だね」
女「乳が垂れないようにって意味よ」
男「へえぇ…」
女「ニックは?」
男「おやじが肉好きだから」
女「そう」
記憶で書いたので、かなり違うかもしれないが、こんなセリフが好きだった。原語で観たら、セリフは日本語吹替えオリジナルが多いと気付く…のかもしれない。

さて、10年くらい前にDVDを手に入れた(ゲオのレンタル落ち)。迷わずレジに持っていき、帰宅してすぐ観たが、5分くらいで止めて……それっきりだ。

会社の同僚と、この映画で語り合った日々が懐かしい。笑いのツボが似ていたが、奴は今、どこで何をしてるのだろう?

いまYouTubeをチェックしたら、日本語版の名場面を多数あげてる人がいる(2015年頃だ)。
一番好きなコメディ映画です。
拷問を受けて気絶して、学生時代の夢を見て目覚めて安心するシーンが最高w
その他のギャグもつるべ打ちだけど、どれもクオリティ高いんですよねぇ。
ちなみにザキヤマさんのベストコメディ映画もこれらしい。私はそれを番組で聞いて彼のファンになってしまった。
ms

msの感想・評価

4.0
高校生だったけど劇場で死ぬかと思うほど笑った。バルキルマーのデビュー作品だったんだね。ビーチボーイズをこれで知った。ホントは同時上映のイーストウッドのタイトロープを観に行ったんだっけ