あの橋の畔で 第3部の作品情報・感想・評価

「あの橋の畔で 第3部」に投稿された感想・評価

☆☆

※ 鑑賞直後のメモから

全く…一体全体どうしたいんだ?観ている我々はどうゆうリアクションを取れば良いのやら?
永遠に続く、このグダグタな恋愛模様も遂に第3弾。

舞台は遂にクアラルンプールへ。
しかし、それ自体が何の為に移動したのか?はチンプンカンプンʅ(◞‿◟)ʃ
結局日本へ帰ってまたグダグタが始まる(・ω・`)
壮大なる恋の道草…いや単に海外ロケはしたかったが、資金が尽きただけなんじゃないのか?…と。

タイトルは『あの橋の畔で』だが。それはあくまでも、原作者である菊田一夫の『君の名は』がベースとして存在しているから。
それなのに、あゝそれなのに。舞台はいつしか金沢県輪島の崖っぷち(爆)
いっそのこと、タイトルを『あの崖っぷちの畔で』に変えろよなあ〜!

ひたすらに尺を伸ばしに伸ばし。結局元の鞘に収まっただけの第3部。
実に大いなる駄作でした(´-`)
次回遂に完結編へ。
もう好きにやってくれ〜(苦笑)

2010年12月19日 ラピュタ阿佐ヶ谷