彼女がステキな理由(わけ)の作品情報・感想・評価

「彼女がステキな理由(わけ)」に投稿された感想・評価

Pepper

Pepperの感想・評価

3.0
『彼女がステキな理由』(1989)
原題”The Tall Guy”。ずばりジェフ・ゴールドブラムを指すタイトル。

ラブ・アクチュアリーなどロマンティックコメディを得意とするリチャード・カーティス脚本。

イギリスを舞台に少し下品でもある。ちょっと昔のラブコメはだいたいこんなだったのかな。

ジェフは優しくて純情でキュートな役。
売れないアメリカ人俳優でローワン・アトキンソンの演じるコメディアンのアシスタント。舞台に遅刻してクビにされてしまう。腹いせに劇場に大きく掲げられているローワンの看板にエマ・トンプソンと一緒に落書きするシーンがかわいい。

役者として採用された劇中劇のミュージカル、エレファントマンで主演になる。
エレファントマンは以前観てたから良かった。この劇中のミュージカルも一通りエレファントマンの物語をカバーしていて結構力を入れて作られいる。
これ、もう見る機会ないのかな〜。
リチャード・カーティスの脚本はこの頃から弾けまくってた。

お話はもーうる覚えだけど、ロンドンに来たジェフ・ゴールドブラム演じる背の高いアメリカ人の売れない俳優が、エマ・トンプソン演じる看護婦に恋をする話し。

彼女に会いたいために何度も予防接種受けに行ったりしてたなー。

そして、もちろん、ローワン・アトキンソンも登場。

主人公がやっと手にした舞台俳優としての役所が「エレファント・マン」のミュージカル。そのキャストとの浮気を疑われてしまうという話だったかな。

時折、ポップな音楽がかかり、唐突にシンガーが登場して歌い出すとか、リチャード・カーティスらしい演出もありーの。

とても楽しくて素敵なラブコメでした。

ロンドンのアメリカ人とかは、この後も「フォーウェディング」がその女性版かな。
どこかで放送して欲しい!