ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブールの作品情報・感想・評価

「ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール」に投稿された感想・評価

TSUTAYAプレミアムで久しぶりにDVD借りて観た。
17年も前の作品になってしまったとは(-_-;)

シャルロット・ゲンズブールの本当の夫でもあるイヴァン・アタルが、シャルロットは役名そのままで、女優の妻で、夫がスポーツ記者という立場に変えて、人気女優を妻に持った平凡な男の苦悩をコミカルに描いたラブコメ。

テレンス・スタンプが女好きの有名俳優役でシャルロットを誘惑するんですが、今ならセクハラで訴えられそうなくらいべたべたしてくるキモイ爺さんです。
というか、浮気の疑惑相手としては、年を取りすぎている気がするのですが、フランス人の感覚ってちょっとよくわからない。
あれがセクシーか~。。。

テレンス・スタンプとの浮気を疑うイヴァンにあきれて、二人の溝が深まってしまうのですが、結局あれは浮気していたのかどうかイマイチよくわからない描き方でした。
特にDVDだと特典映像でカットされたシーンがあったので、観たらええ??となります。

カットしたということは、無かったということかしら??

とにかくシャルロットが美しく描かれていて、どうすれば彼女が最も美しく見えるかが、よーくわかってる旦那の愛にあふれた作品でした。

私も長年シャルロットのファンですが、彼女の美しい首元をオープニングの登場シーンに持ってきた当たり、やるな、と思いました(笑)。

さらに妻に自分の作品でヌードにさせたり、男優とラブシーンを演じさせられるのは、イヴァンが役者だからでしょうね。

完全に仕事と私生活を分けられてるのがよくわかります。
シャルロットはかなり身体張った役柄も結構多いので。

シャルロットにべたぼれなイヴァンを心から信頼して任せてるシャルロット。二人の仲睦まじさがとてもよくわかる作品で、子供のころからのシャルロットファンとしては、「いい人と結婚したなあ。さすが」となりました。
イヴァンもシャルロットより小さいし、そんなイケメンなのか?と結婚当初はどうかなあと思ってたけど、これを見て、納得しました。
見た目は、か細いけど、メンタルが強いシャルロットは芯が強い女子なんです。
いつ見たか忘れたけど、こんな旦那さん大変だろうけど、オシャレ!トレンチとかプリントのブラウスとか着たくなる
mimi

mimiの感想・評価

4.0
シャルロット可愛すぎるんですけど。
愛されちゃう人なんだな。
小うるさいダンナ目線で進んでくのが吉。
ラスト妊娠したの!っていうシーンが超好き。お腹膨らませるやつ。
papikO

papikOの感想・評価

-
コメディタッチ。
全裸で撮影するシーンからが最高に笑ってしまった!
パリに住む35歳のスポーツ記者イヴァンは、妻が大女優であるために日々の生活で悩まされ続けている。
彼女は有名女優のシャルロット。
2人で外出すると、イヴァンは彼女がサインや写真をせがまれるところを目の当たりにする。彼らは、深く愛し合っていながら落ち着いて出歩くこともままならなかった。
そんな中、シャルロットが新作の撮影でロンドンへ経つことに。その共演相手が有名なプレイボーイ、ジョンと知ってますます気が気でないイヴァンは、週末を利用してロンドンへ飛び、シャルロットの撮影現場を訪れるのだが、どんでもない撮影現場を見てしまい、シャルロットがジョンと浮気しているのではないか寝ているのだろうかと勘繰り始め、夫婦仲はどんどん険悪になっていく。


シャルロットがシャルロット本人役を演じている。
妻が大女優、旦那は一般人。
でもこの夫婦喧嘩しながらもちゃんと相手を思い合っているんですよ。
妻の職業を理解しようと演劇スクールに通う夫。まあその演劇スクールの一員が言い寄ってきて夫にキスを迫るところをたまたま帰ってきた妻に見られるというハプニングはあるが。
妻も撮影のあいだのつかの1日オフ日を旦那と過ごすべくわざわざ帰るあたり、いくら喧嘩中でもやっぱり旦那の存在は特別ってことなんですかね。

途中のすれ違いの場面ははやく仲直りしてほしい気持ちでそわそわしますが、ラストの路上でのあついキスシーンは最高ですね!
オープニングは「Lullaby Of Birdland」。途中、「London Colling」が2回目流れる。音楽はブラッド・メルドー。60年代フランス映画調。ジャズ、ユダヤネタ、妻のラヴシーンに捻くれる男はウディ・アレンじゃ。シャルロット・ゲンスブールって現実感あるわな。
夢野猫

夢野猫の感想・評価

3.5
オリジナルタイトルでは単に“女優”となっているのに………。

一般人の夫に有名女優の妻、と言う夫婦のラブコメディ。

“あるある”ドラマですね。

女性はボカシが入っているのに、男性は……(笑)
さえ

さえの感想・評価

3.2
邦題通りの話。
こんな嫉妬したりされたり疲れないのかな〜若くもないのだし…と思ってしまった。わたし日本人だもの。
またヘンテコリンな邦題つけやがって!

と思ったけど事実なんや。
監督もご自身で。

そのせいか
シャルロットがものすごく自然体な感じでほんと綺麗やった。

まぁ嫉妬はするわな。
ひかり

ひかりの感想・評価

3.6
シャルロット・ゲンズブールがシャルロット・ゲンズブール役を演じている。そして、夫婦も本物。
チャーミングな人気女優の妻を持つ男の話。ラブコメディ。

シャルロットってジェーン・バーキンの娘だって初めて知った。
>|