ブレアウィッチ2の作品情報・感想・評価

「ブレアウィッチ2」に投稿された感想・評価

ちょっと残念だ。スタイルはかっこいいと思うけど内容はちょっとめちゃくちゃだ。本当にちゃんとした映画だけど、雰囲気も悪くない・・・前作とはさっぱり違うけどこれでもいいんじゃない?弱点が多いくせに3.5点にする。きりぎりだけど!みんなが嫌いな映画だからちょっと応援したい。
nG0

nG0の感想・評価

2.5
個人的に大好きな作品のブレアウィッチプロジェクト。
の続編にあたる作品。

前作の正統続編というより同じ世界線の違う作品な印象。
POVじゃないし魔女探しでもないけどそれなりに面白かった。

前作と比べるとキャラクター
性豊かになった。
ゴスロリファッションの酒飲みまくる女とか自然崇拝者の女とか変人のオンパレード。
人物背景描写があるのは主人公だけだからちょい物足りない感は正直ある。
あと、結構禍々しい描写があるのも良かった。
魔女か悪魔か何かしらんけど炎を囲って裸で踊り散らしたり楽しそうでなにより。


面白くはないけど嫌いじゃなかった
一色景

一色景の感想・評価

2.2
シナリオ、映像はとてもチープでホラー作品としてはイマイチ
テーマとしては作品と、それを捉える視聴者
現在よく見かける「ゲームや漫画のファンはその作品に影響されて犯罪を起こすか?」という命題を投げ掛けているように感じた
個人的なこの命題への回答は議論の余地もなくNoな訳だが、この作品としての回答はイマイチ何が言いたいのかわからなかった
テーマへの取っ掛かりとしてブレアウィッチプロジェクトを導入に使用しているが、続編として2の名を冠するのは些か無理があると思う

作中で使用されている音楽がとても良い、と言っても映画用に作られた音楽ではなく、既製のバンド音源を使用しており、音楽がいいというよりは選曲が好みといった感じ
オープニングでDisposable teenが流れたときはテンションが上がった
すぽ

すぽの感想・評価

2.2
ブレア・ウィッチ・プロジェクトで有名になった森には観光客が押し寄せるようになっていた。
そんな中、観光ツアーに訪れた一行に何かが起きる……。

前作との繋がりが面白いけど、その後何が起きるんだ?!の連続で終始ふんわりとしてるのは如何にもブレアウィッチ。
ノッチ

ノッチの感想・評価

2.5
前作の舞台となったバーキッツヴェルには、世界中から観光客が訪れていた。

地元で生まれ育ったジェフはその客を当て込み、“ブレア・ウィッチ・ハント”ツアーを企画するのだが…。

記録的大ヒット、「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」の続編映画。

B・W・Pの後日談というよりも、「B・W・Pが大ヒットを記録した後日談」という世界観。 

続編と銘打ってるが、監督も脚本も製作も俳優も、なにからなにまで、前作とは異なり「ブレアウイッチ」という名前だけを拝借したに近い、製作陣だ。 

ビデオカメラ撮影による恐怖描写から一転、通常のカメラ撮影により一見続編かわからないほどの変貌を遂げている。 

1は映像マジックもあってラストはかなり不気味でしたが、この2は別物と思ってみた方がよいですね。 

前作の映画を見て興味を持った人が「魔女の森」を見るツアーに参加し、そこで奇怪なことが起こるみたいなストーリー。

前作と違って、「本当にあった事件を再現して映画を作ってみました」って言うノリ。 

今回は、前作と違い、「映画」としての構成で作られています。

なので、前作で面白いと思った人からは、次は何をやってくれるのか、という過度な期待から不評。

前作が駄目だと思った人は、観やすくなり、前作よりマシというような意見が比較的多いようです。

因みに自分は後者です。 

ただ、演出はダラダラだしキャストはダメダメだしで中途半端なホラーに仕上がってます。

映画っぽく撮ってるだけによけいにB級臭は否めない。 

しかも、変な映像が映ってるらしく、ヒントをもとに自分で探せ的な感じだったので、時間のなかった自分には、かなり面倒でスルー。

実際にあったこととビデオで記録されていることが違うというプロット自体は結構良いので、ストーリーは煮詰めたら結構面白くなったんじゃないかな? 

お金をかけただけあって、「ブレ」がなくなった点は評価出来ると思います。

映画本編より、特典映像?の「ブレアウィッチの影」の方が面白く感じた。
てつ

てつの感想・評価

1.0
「テープは嘘っぱちだ!」


これはシリーズとして観なくていい作品。
おもんな~

前作と言いたくないが前作ありきのストーリー展開ではある。
しかし、POV手法を取っておらず、しかもストーリーとしてもお粗末なので、リアリティに欠ける。

前作が実際に起こった作品として、世の中を騒がせていた頃、ブレアウィッチハントというツアーで一儲けしようとしていたジェフは4人の男女でブレアウィッチの魔女伝説があるバーキッツビルの森へと侵入していく・・・

今作は前作の監督たちが製作総指揮という立場ではあるが、意に反する作品だと言ってるそうだ。

ゴスロリメイクのキムさんは、好みでしたわよ。
chaooon

chaooonの感想・評価

1.0
1作目が凄く怖くて自分的に好きだったので、友人の家に泊まりに行く時に2作目をレンタルして、お邪魔した思い出の作品。
…これは酷い。
1作目の良さが微塵もない、別物じゃないか!
友人にも怒られたよ!
何故これを友人に見せてしまったのか、と今でも後悔する作品、笑。
映画としては1よりまとまってて(モキュメンタリーだから仕方ないけれど)観やすかった。
当時は珍しかったモキュメンタリーで低予算ながら大ヒットしたホラー映画の続編。
前作自体もモキュメンタリーが珍しかっただけで全く面白いと思わなかったのに。
続編はモキュメンタリーですらないただの安い面白味も愛嬌もない映画に仕上がりました。
POVホラーの走りとも言える"ブレアウィッチプロジェクト"の続編として作られたB級スリラー。

ぶっちゃけ"ブレアウィッチプロジェクト"の続編としてじゃなく、単体のスリラー映画として公開されていたならばもう少し面白く感じたと思う。
ストーリーのオチは悪くなかった。

ただ、"ブレアウィッチプロジェクト"の続編として考えたら最悪の内容。
ファウンドフッテージ方式を採用し、あくまで実際の記録として公開されたからこそ演出できた前作の恐怖が、この作品では全て踏みにじられている。
POVじゃないっていう時点で論外だし、ホラー的な要素はほとんどない。わざわざ「"ブレアウィッチプロジェクト"の続編」と銘打ってまで作る必要があったのか?
ストーリーの中でも"ブレアウィッチプロジェクト"は所詮ニセモノだということが強調されていて、この監督は"ブレアウィッチプロジェクト"が嫌いなんじゃないかと感じるほどだった。

しかもラストの特典映像で撮影シーンを入れたのは最悪だった。
冒頭で「集めた記録映像を編集して〜」うんたらかんたらと言っていたのに、それを全て覆すようなシーンを入れるのはどうなのだろうか。

"ブレアウィッチプロジェクト"の続編としてファンから叩かれるのが納得の内容でした。
正当な続編として作られた"ブレアウィッチ"のほうが遥かに面白かった。

J・ドノヴァンの若かれし頃が観れたことだけは良かった。
>|