ファントム・オブ・パラダイスの作品情報・感想・評価

「ファントム・オブ・パラダイス」に投稿された感想・評価

あさの

あさのの感想・評価

5.0
一番好きなデ・パルマ作品です。
唯一無二の世界観で展開されるロックンロール・オペラ・コンサート、ノれなければなんか変な映画だなぐらいにしか感じず、ノれたらこの映画は一生ものの宝物になると思います。
分割画面を疾走するファントムのかっこよさと切なさと怪しさが素晴らしいです。
この時代、この監督、このキャスト、この音楽でしか完成しなかったであろう、奇跡の映画といえる一本です。
デパルマの全てが詰まってると言っても過言じゃない。

インパクトが強烈すぎる映画だ

ビリビリに感電するビーフだがオカマという設定も最高。

360°旋回、画面分割、ヒッチコックの模倣と
めちゃくちゃ濃いですね。

スワンとフェニックスを上から見下ろすとこ最高
にけ

にけの感想・評価

4.0
才気が溢れている作品。本当のロックオペラ
ホラ丼

ホラ丼の感想・評価

3.7
似た仮面の怪人が登場するパーティーセブンとか、タイトルが思い出せない昔のホラー映画はコレのオマージュなのかな?再見したくなった。そしてコレはオペラ座の怪人なんだな。元ネタを遡ると何に行き着くのかな。
命かけて作った曲を奪われた作曲家が怪人となってプロデューサーのもとへリターンズ。いつのまにか悪魔契約しちゃって絶望しかけるけど愛する女もいるからショーをやっぱぶち壊しに行くという盛大なショー。
スワンもウィンスローもビーフもフェニックスも全員カワイイ120点。

刑務所から軽やかに脱走して、頭がやけても川で冷やして、レンガで密閉されてもぶち壊すウィンスローの謎の破壊力をしばしば夢に見たことがある。
いま色々言われる時代だけどたくさん強い(強く見える)女の子がクネクネしてるのっていいよね。
とにかく踊り狂う熱狂的な大衆は、悪魔とかよりつえーな。
ロックショーのくだりとふつうのシーンの落差ない。
gizmori

gizmoriの感想・評価

4.8
泣ける…。
果糖

果糖の感想・評価

4.5
興行ゆえの行き過ぎた熱狂、狂おしいほど好き。でかい愛で終わる物語は最高。
pos

posの感想・評価

3.6
70年代のごった煮。あらゆるところにパロディが散らばっていて楽しい。案外サラッと観れるので度々見返したい。
ジェイ

ジェイの感想・評価

3.7
[感想]
すっげー変な作品。カットのつなぎ方がすごい特徴的だよね。フィクションを突き抜けてるっていうか…映像って繋げればとりあえず一つの話になるんだな。不必要なところはぎゅっとコンパクトにまとめ上げて、強引に話を次に持っていっている。負傷後のウィンズロウは完全にオペラ座の怪人だよね。
裁判所で「俺は嵌められたんだ!」って叫ぶところとか、脱獄からの街への飛びようとかね。非現実的なんだけど、説明はいらないんだよ。

[あらすじ]
下記、ネタバレになります。
作曲家ウィンズロウは自分の愛作が大物プロデューサーのスワンに認められる。しかし、譜面を渡してから連絡がとれず、スワンの館に駆け込むと、自分の曲を無断で使い、オーディションを行なっていた。オーディションの列に並んでいた美声の持ち主、フェニックスに事情を伺い、スワンの部屋に突撃するが、BGに追い出される。部屋ではオーディションと偽った性的行為に及んでいたのだ。
部屋から投げ出されたウィンズロウは、スワンとつながっている警察に麻薬の免罪をかけられ懲役刑になる。歯医者と資本提携している刑務所で、歯を全部抜かれて銀歯に変えられる。刑務官のラジオから、自分の曲がスワンのものとして、イメージと合わないロック調の奴らを使って公演されると聞いて発狂。脱獄し、スワンのレコード会社に押しかけて暴れまわるが、うっかりとプレス機に顔を圧迫され、負傷。声も出せなくなる。警察に追われながらも何とか池に飛び込み、姿をくらます。
スワンの舞台では新曲のリハが行われているが、マスクで顔を隠したウィンズロウが乗り込み、大道具の車に爆弾を仕込む。見事、出演者を爆発に巻き込み、スワンを追い詰めるが、スワンに共同制作を正式に依頼され、書類に血で署名する。スワンとウィンズロウにより共同新作として、新しいオーディションが開催される。そこに以前会ったフェニックスが訪れ、彼女しかいないと見込んだウィンズロウは血肉を削り、フェニックスのためだけに作曲をし続けた。
しかし、本番当日に部屋に閉じ込められ、舞台の主演はオカマロック野郎のビーフに変更。切れたウィンズロウは部屋をぶち破り、警告を無視したビールを本番中に殺害。死の手が及ぶことを恐れた制作サイドはフェニックスに唄わせて場を落ち着かせる。観客はフェニックスの才能に感化され、フェニックスは一躍トップシンガーと化す。ウィンズロウは観客の押しかけからフェニックスを守るが、キミ悪がれる。さらにフェニックスとスワンの結婚が決まり、ウィンズロウは人生の不条理さに怒りを覚えて自殺を決行するが、スワンとの契約のせいで何故か死ねない。
結局、フェニックスのために作詞を続けるウィンズロウだが、監視映像からスワンが悪魔に身体を渡していて、フェニックスとウィンズロウも同じように契約させられていることに気づく。さらに今夜のパーティでフェニックスの殺害を悪魔が企むんでいることを知る。ウィンズロウはパーティに押しかけ、殺害を阻止。ウィンズロウとスワンは相打ちになって死亡。狂気とかした会場は熱烈と踊り明かすのであった。
>|