tick, tick...BOOM!:チック、チック…ブーン!の作品情報・感想・評価・動画配信

「tick, tick...BOOM!:チック、チック…ブーン!」に投稿された感想・評価

なんてことないシーンで泣いてしまった
歌が良すぎる レント見よう
夢を追う者の苦楽を見事に表現し彼の生涯を楽曲と共に振り返ることができ、2時間があっという間だった。

我々は、年齢を気にして夢を諦める人が多い。
でも、その中にも諦めずに苦しみながらも
突き進む者だけが見える世界がここにある。

いま夢に向かって突き進んでいる若者に
30代手前で、自分自身の人生の分岐点に立っている大人に
取捨選択する我々に必要なエンターテイメントヒューマンドラマ映画。

その選択が間違っていない!と背中を押してくれる映画です
30歳目前にする焦燥感。
夢か安定か、恐怖か愛か、常に選択に追われる経験は重なるものが多かった。
夢を叶えに来た場所と夢破れる場所は一緒なのかなと。
年々諦めや妥協が増えていく中、諦めず夢を追い続けたからこそレントという名作を生み出せたのだと思う。
レント好きには是非観て欲しい作品です。
omu

omuの感想・評価

3.9
いや!うまいな歌!歌えるのかこの人ー!変な役の印象しかなかったし、この配役?って思ってたけど、はまりまくってた。なんか話題の、くらいでみたのが良かったかも。RENTはミュージカルの中でもエモーショナル路線の最たる作品だと思ってるけど、こちらも負けじと(そらそうだけど)刺さるし辛いけど暗くなくて絶妙。
映画の日の映画はミュージカルのこちらにしました!
かなり良かった...
終わり方もあっさりでとても良き。人生の全てをミュージカルにささげたジョナサンラーソン

あつい。とにかくあつい
彼女と叫びながら喧嘩するシーンがとても心に響く

「ニューヨークに幸せなやつなんていない!」と泣き叫んだところ、ぐさっ!!

夢と現実、葛藤するよねー。

アンドリューガーフィールド、良い!!
やはり、実話系映画最強なんよ!!!

こんなに売れたの、天国でみれてるかな?
nnn

nnnの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

何の予備知識もなく鑑賞。
主人公のジョナサン・ラーソンは、ミュージカル作家としてブロードウェイを目指す。バイトをしながら気づけばもう30歳。焦りと苦悩を抱えながらも続けてこれたのは、応援してくれる親友や、評価してくれる人がいたから。
生み出すのに苦労した最後の1曲は、ミュージカルの物語のための曲のはずが、自分のために歌われているように感じる曲だった。
きっと周りの人の言葉を紡いで出来たからでしょうね。あのシーンのために見てもいいと思えるような映画でした。
itsuki

itsukiの感想・評価

4.0
世界で愛されるブロードウェイミュージカルのRENTを生み出した作曲家ジョナサンラーソンが、30歳を迎えるころのお話。
ジョンは35歳、RENTが上演される直前に亡くなるので、この話のあと5年ほど亡くなるのか、、と。
だからこそ、友人や恋人と揉めたり、夢を追いかける姿をみて、余計にすごく切なくなった。
そして曲がいい!
Boho Days!30/90!Come to Your Senses!
ミュージカル映画なので、その場面でも感情が曲で表現されて、ジョンの感情がしっかり伝わる。
“30歳”を次期に迎え、夢と現実の狭間で将来に悩むジョンの焦りが映画のタイトルにそのまま反映されてる。
ミュージカル映画好きならぜひオススメ🎥
stalkaway

stalkawayの感想・評価

3.0
ソンドハイムへの追悼の意味も込めて鑑賞。ジョナサン・ラーソンが存命だったらと考えずにいられない。内容は正直よくある若きアーティストが葛藤するクリエイティブ青春ムービーだが、作中の楽曲がRENT味を感じさせてくれて、ナンバーがかかるとついつい興奮してしまう。本作に続けてRENTが観たくなる。
それにしても今年はミュージカル映画が豊富で嬉しいね。
181 /2021

夢を持つことに後ろめたさがなくなる。
恐怖か愛か
E

Eの感想・評価

4.5
すごいお話だった……
もともとミュージカルなんですね

ミュージカルに最近興味があるので
ミュージカル版も見てみたいなぁ

自分のことを書いた作品だそうで
迫ってくる気持ちが切実で題名の通り
チックタックチックタック
迫ってくる時間に追われて目まぐるしくて
なんだか苦しくて振り回されながら
最後まで見た感じ…
でもそんなに気重く見る感じでもない
辛い時に限って音楽がポップな気がする
作曲した人はすごい...
(すごいから原作がヒットしてるんですが)
うまく映画化出来てるなぁ

レントという作品も見てみたい
>|

あなたにおすすめの記事