エド・ウッドの作品情報・感想・評価・動画配信

エド・ウッド1994年製作の映画)

ED WOOD

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.4

「エド・ウッド」に投稿された感想・評価

今は老いさらばれて落ちぶれたかつての怪奇映画の名優とひょんなことから出会い、彼を出しにB級映画を作っていく主人公。あれやこれや、ありものの素材で何とかこしらえていく手探り感がものづくりらしさを感じてお気に入り。
Lily

Lilyの感想・評価

3.5
ベラがお花を落とすシーンが凄くキュンとした…本当に役を演じる事が好きだったのが凄く伝わってくる
ジェンダーについてはいつの時代でも変わらずあるものなんだよね
Ryu

Ryuの感想・評価

4.0
これを見る前にエドウッドの作品を見てから見たほうが楽しめると思います

本人が作った映画はつまらないのに、本人の人生を描いた映画は面白いという珍しい映画です
よしき

よしきの感想・評価

4.0


"最低の映画監督"
と呼ばれた男の生涯


なんだけど、
この映画で観る彼の人生は最高だった。


今見て良かった映画🎥
cov

covの感想・評価

4.0
昔シャンテシネで。
低予算のSF怪奇映画を作り続けたエドウッド。映画を愛し、オーソンウェルズに憧れ、夢を追い続けた男は、史上最低の監督と謳われる。ヨボヨボでヤク中のベラルゴシ。
つくったものはサイテーといわれても、その存在はサイコーだとティムバートン。
NUZOO

NUZOOの感想・評価

4.1
めちゃめちゃ切なくてよかった。
ジョニー・デップが輝いてる。

オープニングの映像はティム・バートン節かと思いきやエド・ウッドの作品のパロディだと最後にわかる。そういう意味で、こういうところから色々引っ張ってきたのがティム・バートンなのだという自己紹介的な映画でもある。
エド・ウッドが時間を超えてベラ・ルゴシと結んだ友情は、ティム・バートンのエドウッド愛になぞらえられるのかもしんない。とりあえずエド・ウッドの映画を見てみたい。

寒い中、老体に鞭打ちながら水辺で迫真の演技を見せるベラ・ルゴシは胸に迫るものがあった。
あと観客に追われながら車で劇場から逃げ出す彼らの楽しそうな感じがけなげでいい。チープで奇妙だけど愛らしいというのはティム・バートンの作品ほとんどに感じることかもしれない。
変な映画ばっか撮ってるのに撮り続けられるというのはすごいな。
諭様

諭様の感想・評価

-
史上最低と言われた映画監督エドウッドの話。
かなり変なバランスの映画。
何回かうるっときた。
史上最高の映画と言われる「市民ケーン」を撮ったO・ウェルズとの対面シーンとか超良かった。事実かは分からないが。
MAKOTO

MAKOTOの感想・評価

2.5
ジョニー・デップ&ティム・バートン作品。
実在していた『至上最低の監督』エド・ウッドの半生を描いた映画。
作っても作っても売れない、一般に理解されない、その上女装癖のあるなんとも救いのない感じの監督ではあるけれど、なにゆえ『至上最低の監督』と言われるのか。そういう作品を作る監督なのに何故人は彼を見捨てずについていくのか。最後まで見るとその全てが分かる作品。

これまた個性の強すぎる人物をジョニー・デップは難なく自分のものにして演じきっています。彼の魅力を思う存分引き出した演技はやっぱり圧巻。

多分、この作品は最初の方を見ているうちは結構首を傾げてしまいましたが、ただ、話が進むにつれてこの作品が何を訴えてきているか分かってきます。そこに気付くと感慨にひたる事が出来る作品。

『至上最低の作品を作る監督』ではあるけど、『監督』としての情熱をもつその姿はとても魅力あふれる愛すべき人物だった。
PUNPEEの歌詞に出てきて気になってたやつ。の伝記映画

史上最低の映画監督って響きズルイ

オープニングがザ・ティムバートンでめちゃ良い。

ベラとエディのやりとりに愛を感じざるを得なかった。

やっぱビルマーレイ好きだ
海賊以外のデップの作品、久し振りに観たかな。
イヤ~。ウワサには聞きましたがなかなかの"変人"でしたね(笑)。
彼が存命だったらば…受け入れられたのかな?
>|