エド・ウッドの作品情報・感想・評価・動画配信

エド・ウッド1994年製作の映画)

Ed Wood

上映日:1995年09月02日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.5
みんなの反応
  • エド・ウッドは、映画に対する愛が溢れていた。
  • 彼は自分が表現したいものを作り、信念を持って行動した。
  • ティム・バートンとの相性が良く、ジョニー・デップもカッコよかった。
  • ベラ・ルゴシやヴァンパイラなど、知られざる俳優たちが魅力的に描かれていた。
  • 映画作りは監督の盲信と周りからの信頼によって作られていることを感じた。
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『エド・ウッド』に投稿された感想・評価

RainPoter

RainPoterの感想・評価

4.0

"史上最低の映画監督"と呼ばれた男🧛

ティム・バートンらしい不気味さと可愛さを兼ね備えたユニークな世界観は健在で、ドキュメンタリー的な作品ではあるが面白楽しく観ることができた。実在したウッド監督が…

>>続きを読む
バテラ

バテラの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ラスト、彼の今までの、そしてこれからを象徴する様な、土砂降りの雨が降り続いている。止む事のない雨が。
彼はそんな中でも「こんな雨はすぐに止むさ 」と明るい。映画を愛したが、映画に愛されなかった男エド…

>>続きを読む
めたお

めたおの感想・評価

4.0

ティムバートンはエドウッドを確実に良く描きすぎてるけど、どうみてもぐだぐだな演技への「カット!完璧!」とか「カット、完成だ〜!」とか、エドウッドの映画撮影に対するてきとうさが含まれてるのに愛を感じる…

>>続きを読む
林林檎

林林檎の感想・評価

4.6

自分の映画を撮るためなら何でもする男。

史上最低の映画監督と呼ばれたエド・ウッドの伝記映画。

十数年ぶりに見返したのだけど、二十歳前後の学生の立場としては、とことん夢を追う姿に魅せられた部分が強…

>>続きを読む

昔のホラーみたいな冒頭からワクワクした
やっぱりティム・バートン監督は娯楽作品の作り手として優れてると思いました

エド・ウッド監督に対するリスペクトが感じられたし、夢とか情熱って素敵なものだなって…

>>続きを読む

この映画を観て考えるのは、「復活」と「死後の生」だ。『プラン9・フロム・アウタースペース』の制作資金がバプテスト教会からという設定(事実??)はバカバカしくはあるけれど、ある意味神への祈りが込められ…

>>続きを読む
傘籤

傘籤の感想・評価

-

映画が人の心に残すものについて、楽しく、コミカルに、時に物悲しく描いた作品。
監督のティム・バートンが敬愛するエド・ウッドという男は「アメリカで最低の映画監督」と言われている人物で、本作は彼の伝記映…

>>続きを読む
RaRaRa

RaRaRaの感想・評価

4.5

愛嬌あふれる映画だった。実は大スターのカムバックものであり、年齢を超えた友情の物語だった。

ルゴシの「俺はフランケンシュタインを断ったんだ……」の独白からのタコとの格闘シーン。それに胸を打たれたエ…

>>続きを読む
怒り

怒りの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

やっぱりこれが一番泣けるな
エドウッドを敬愛するティムバートンが、エドとその周りのエキセントリックな人々の生きる世界をこうして映画の中に作ったんだって事実だけでも泣ける

ベラが生きてる、とエドが感…

>>続きを読む

史上最低の映画監督を主人公にした半自伝的作品。
やはりティム・バートンとジョニー・デップのコンビは良いし、エドウッドの映画における情熱が伝わる。
まるでエドウッドが名監督だったのではやいかと錯覚して…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事