シンガポール スリングの作品情報・感想・評価

「シンガポール スリング」に投稿された感想・評価

ワン

ワンの感想・評価

3.0
新婚旅行でオーストラリアを訪れた達也(加藤雅也)と亜美は組織の陰謀でコカイン所持の容疑で投獄されてしまう。
刑務所でアボリジニの戦士と知り合い組織と政府の癒着を知った達也はケン(原田芳雄)の協力を得て刑務所を脱獄し組織、そして政府との戦いに身を投じていく。


企画や原案をシンガーソングライターの徳永英明が担当している。当時ラジオで宣伝していた。タイトルの"シンガポールスリング"はカクテルの名前。

刑務所でカマを掘られそうだった達也が過酷な刑務所での体験とアボリジニの現状を知り、銃を手にして戦いながら次第に逞しく成長していくのが見もの。

達也が殺してしまった地元の刑事の死因ががっかりするほど酷かった。
SKHMの影

SKHMの影の感想・評価

3.7
平和ボケした日本人の覚醒が若松監督の狙いだったらしいが、そうだとしたら、この映画、だいぶあらぬ方向にいっている。なんて言ったらいいか…このカオスは一見の価値あり。アメリカがランボーなら日本には原田芳男がいる。