ファイナル・デッド ダーク・ウォッチャーの作品情報・感想・評価

「ファイナル・デッド ダーク・ウォッチャー」に投稿された感想・評価

2007年アメリカ映画。

ストーリー
記憶をなくし、謎の施設に監禁された者たちによるサバイバルを描いたパニックスリラー。白い部屋で目覚めたケイトは、自分に関する一切の記憶を失っていた。彷徨い歩く彼女は、やがて自分と同じような状況に置かれた人たちと遭遇し…。
(Amazonより)

まずタイトルがイカしてます!取り敢えずそれっぽい単語を繋げれば何とかなる感満載です😁

シチュエーションスリラーっぽい演出ですけど、
印象としては「ソウ」と「キューブ」と「バイオハザード」を足してものすごく薄くした感じ。薄味のシチュエーションスリラーです✌️

ツッコミどころを上げるときりがないので良い所を上げましょう❗
●女優さんたちは比較的皆さんお綺麗です。タンクトップとパンツ姿なので目の保養になります。
●おっぱい担当が一人います。
●ファイナル・デスティネーションシリーズのトニー・トッドが出ています。

以上
Lia

Liaの感想・評価

2.2
一体何をどうしてこの映画を選んだんだろう…。どんだけ密室とか建物の中の話とかすきなんだ…。どうしてこんな話になってどうしてそう進むのかさっぱりわからなかった。…一体何がしたかったんだろう…。…特に考えなくてもいいということか。この手の映画は深読みせずにみろということか。
(^○^)あはは〰️。ピッコロが出てくるでしょ‼️(/ω\)キャーピッコロ役の人が❗(^○^)あはは‼
slow

slowの感想・評価

2.3
※あのピタゴラシリーズとは
本作は全く関係がありません。

「謎の施設…記憶を無くした人達…
そして彼らに襲い来る
謎のモンスター!!Σ(゜Д゜)」

…私の好きなネタ満載☆
けど低予算映画なので
その安っぽさが
作品をダメにしてしまってる。

序盤は謎に満ちててとてもいい♪
モンスターも「影」とゆう
今までにない斬新なお姿で、
ユラユラと静かに壁を這い、
ターゲットの背後に
その姿を形成していき…
そこからの~…
「ブスッ」はかなり衝撃!ヘ(゜ο°;)ノww

ですが、影モンスターと言えば、
最近日本でやってる紙芝居アニメ
『影鰐』のほうが圧倒的にカッコ良く、
喰いっぷりがとにかくたまらんので、
これに興味を持った方は
是非とも『影鰐』をご鑑賞あれ♪
1話が7分程度で終わってくれますので
見やすいのも売りです♪
内容も映画にしてもいいレベル!
モンスター好きにはかなりオススメです(゜∇^d)!!

話を戻します。
本作のモンスターは
個性があっていいのだけど、
後半になると、話がモンスターからの
逃避行に終息してしまい、
予想通りの人が死に、
やっと脱出してからも
まだ話は続く。。。ww

ここで終わっとけばいいのに
そこまで話が続くと、
しんどい…(;つД`)…

そこでのモンスターのお姿が
全然怖くなくて、
停止ボタン押してもいいほど雑…w
けれどもう数分で終わるので
もう仕方なく見続けた…w

たとえ設定やあらすじは面白くても、
話の流れや見せ方で
こんなにも作品の印象は
ガラリと変わってしまうんだなと,
作品作りのイイ勉強になりました( ̄∇ ̄*)ゞ!!

いつか面白いのを書きますぞ~♪
えっ、それを公開するかって?
しないしない(* ̄∇ ̄)ノ
読者は私だけで充分ですっ♪
だって、内容はまるパクりですものw
著作権侵害で訴えられますね(  ̄▽ ̄)

出来が良くてもコレと同じ程度でしょう。
それを踏まえると、
モンスター映画の巨匠達は
本当にすごい…♪
やはり作品というのは"作る"のではなく、
"観る"に限りますな(*´∀`)。。。♪

あなたにおすすめの記事