ダークシティの作品情報・感想・評価・動画配信

「ダークシティ」に投稿された感想・評価

ソラノ

ソラノの感想・評価

3.0
世界観、設定が凝っていて面白い。
スキンヘッドで、黒のロングコートという見た目が同じ人ががたくさんいると迫力ある
注射1本で記憶が自在になる設定が、無茶苦茶だけれど違和感ない。
ダニー

ダニーの感想・評価

3.8
ちょっとマイナーな映画になるんでしょうか。世界観がすんごい変な映画。唯一無二ですねw

個人的にはすこしテリーギリアムっぽさを感じましたかね。ティムバートンも感じたですかね。まあ・・・そんな映画です。おそらく未見のかたにも察して頂けると思いますw

映画そのものがヘンテコリンなんですが、本作、強烈なのは、やはりオチでしょう。ある意味、忘れらんないものになると思います。結構若いときに見た映画なんですが、その時の感想は・・・・・・

「はい????」

でした。
fm

fmの感想・評価

2.3

このレビューはネタバレを含みます

SFスリルサスペンス

異邦人の地下アジト、超能力チェーン、シェルビーチ


「私はアンナよ」
H・R・ギーガー見たいなデザイン。
テリーギリアムやティムバートン見たいな世界観だった。

人間の記憶を混ぜて人格作るって設定は中々斬新で面白かった。

エスパーバトルは昔の日本の漫画っぽい。

ラストの映像も終盤。
マトリックスのちょっと前にこんなSF映画があったなんて...

太陽が昇らない夜だけの世界や人間に刷り込まれていた嘘の記憶など海外の中二病が作ったかのような映画で日本のオタクにはぶち刺さるし面白かった
所々チープな演出が目立ってしまうがそういった演出も自分は楽しめるタチなのだがそうでない人には最後の超能力バトルなんて笑っちゃうかもしれない

もっと跳ねてたらマトリックスみたいに続編でも作られてたのかな
「非不夜城・記憶の旅」
SFとノワールが上手い具合に融合された作品。ゴッサムとマトリックスの元ネタと言っても過言ではない。何故、本作がアメリカでドラマ化されないのか不思議だ。キーファーサザンランドが思いのほか良い。作品に溶け込み化てる。過小評価され過ぎでは?と思い特典を見てみると会社側によるナレーションの強要やマーケティングの失敗、タイタニックのブーム期と重なっていた事が分かる。
場面がいつも暗い。
記憶と自我の関係は良いポイントだと思いましたが、特に意味はなく取って付けただけのテキトーな背景でした。
ジェニファー・コネリー以外にはナイスな要素はありません。
すぐ忘れます。
最後の超能力バトルは笑った。全体的にダークな異世界ファンタジーって感じだけど軽くて所々笑ってしまう感は否めない。
失われた記憶。12時に眠る、夜の明けない街。ディストピア。
久しぶりに映画を集中して見れた
ホテルの一室の殺人から、ミステリー風に始まるけど、だんだん話が宇宙規模になって、ラストはラブストーリー調
いろいろと粗はありそうだけど、面白く見れた
tych

tychの感想・評価

4.0
DIRK CITY 1998年 100分。光の無い世界 遠くからやって来て地底に住む「ストレンジャー」らは、夜中の12時に街や人々を停止し眠らせ その間に街を改造し人々の記憶をかき混ぜるという実験を繰り返していた。だが ジョン・マードックだけは何故か12時に眠らず それどころか ストレンジャーと同じ「チューン」という 意思で物を変化させ 動かす力を見につける。マードックを脅威と見做すストレンジャーらは彼を執拗に追うが、、。闇に閉ざされた不思議な世界観とジェニファー・コネリーのアンニュイな歌声が強く印象に残る作品。
>|