CUBEの作品情報・感想・評価

「CUBE」に投稿された感想・評価

小学生の時に見てただのグロいホラーだと思ってトラウマになった思い出。

今見て見たら設定も、一人一人の人間性の(ある意味の)魅力も、そそられるところが沢山ある。

パニックと窮地にたった時にでる人間性が見れて面白い。(悪趣味みたいだけど。笑)
ikumatsu

ikumatsuの感想・評価

3.5
思春期に観て恐怖を感じました。

お化けでも妖怪でもなく、やっぱり人間の中に潜む狂気が一番怖い…!!

最近もう一度観てみたら、最後のシーンで笑ってる自分に恐怖を感じました。

強くなったもんだ…
はけ

はけの感想・評価

4.0
面白かった。
登場人物に感情移入して最後まで楽しめたので満足です。
レイの出オチ感w
こいつムカつく!という、製作者の思惑通りの感想を持てました。
立方体の作られた背景とかは作中人物の理論がすごく妄想を広げられ、付け足す必要がない理論だと思います。
立方体が自らを組み立てたようにも取れ、すごく面白かったです。
ボブ

ボブの感想・評価

3.5
2015/4/16鑑賞。四角形の部屋で目を覚ました6人の男女の脱出劇。自分達は何故この箱の中にいるのか?出口はどこにあるのか?この箱はそもそも何なのか? 視聴者が7人目の参加者となって、この謎を解き明かそうとするのがこの映画の肝だと思います。そしてラストで見事にそのハシゴを外されるのが、爽快感に繋がるのかどうか…(笑) 中学生の頃以来の視聴だったので随分と記憶の怪しいところが有りましたが、オチは分かっていても今度は人間同士のドラマで楽しめました。 70点。
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

3.0
‪「CUBE」‬
‪冒頭、青い目のアップ。立方体に隠された罠。共通点を模索する男女…本作は不特定な未来設定を敢えてし、どの時代にも起こり得る密室の出来事を数字を重要とし描いた作品。立方体の美術にも惚れるがこの映画小津が得意とする被写体に対するカメラの撮影角度、構図とレインマンキャラの登場に本気でびびった。‬
キューブはいろいろシリーズがあるが、たぶんこれが大元。私がホラー好きになった原点でもある。シチュエーションパニックというか、いざという時に人間性が出る映画って好きだなぁ
●'98 9/12〜単館公開
配給: ポニーキャニオン/クロックワークス
ワイド(ビスタ)
ULTRA STEREO
国内音声仕様: ドルビーA
10/5 19:00〜 シネ・ヴィヴァン六本木にて観賞
フィルム上映
ドルビーA映写
パンフ購入
遠藤勲

遠藤勲の感想・評価

3.9
発想がすごい
かなり力入らなくなるし痛い…
単純だけど緊迫感凄い秀作映画
謎の立方体の部屋に閉じ込められ脱出を目指す話。結末はスッキリ!というわけでは無いけど、人間の精神が壊れていく様子、罠による死への恐怖がこちらまで伝わってきた。数学に疎い自分では展開が読めなかったけど、強い人にはまた違って見えるのかなと思う。
この映画のせいで素数を知った。 クエンティンなら一人でクリアするんじゃね?
>|