ただの友達?の作品情報・感想・評価

ただの友達?2009年製作の映画)

上映日:2013年08月17日

製作国:

上映時間:29分

3.0

「ただの友達?」に投稿された感想・評価

R

Rの感想・評価

3.0
3話目だけの感想になりますが、これだけ終始ハッピーなLGBTムービーは数少ない!ただ、ショートムービーだから成り立っていた感は否めない💦
ひなこ

ひなこの感想・評価

1.5
韓国の同性愛をテーマにした映画ってどんな感じなんだろうと思って観たけど、1話目は安いMVみたいで天使が出てから「え…寒…」って感じだし、3話目は趣味の悪いインド映画みたいだった…。監督自身もゲイならもっとマシなの作れたんじゃないの…。
Mizuka

Mizukaの感想・評価

3.3
初めてのBLを映像で見たので刺激が強すぎた。同性愛がもっとオープンな世の中になれば生きやすい人も増えるのだろうなと思った。
F3A

F3Aの感想・評価

2.8
本人が同性同士で結婚式を挙げてクリスチャンから糞袋を投げ付けられたキム・ジョ・グァンス監督のゲイムービー。ゲイならではの悲哀もあるっちゃあるんだけれど、そこは物語装置的なもので、普通に明るいラブコメをやっている。
ゲイでも恋愛は嬉しくて切なくて楽しいよ!
と言うポジティブなメッセージを送りたい!と言う気持ちが見て取れるし、インド映画のような明るさがなかなか楽しかった。
同性愛者に厳しいと言われ続けている韓国も、年月をかけて変化して来ているらしく、同性愛者がテレビに出るのはお馴染みになっているし、LGBTをテーマにした作品も増えて来ている。
個人が幸福を感じられる形に多様性が認められるのは素敵な事だ。少数派を抑圧して多数派の権利を死守する事ではなく、一人でも多くの人が人生を嬉しい楽しいと思える世の中を作って行く事が、これから世界が向かって行くべき方向だと思う。
男と女でも男と男でも女と女でも、愛し合ってる人達に糞袋を投げるような事をしちゃいけないのだ。
ASA

ASAの感想・評価

-
物販にあったパンフレットの表紙がよくて鑑賞。短編3つから成る作品。

1、少年、少年に会う。
アニメを交えてキューピットが恋愛の極意を教えてくれる。10数分の短い作品やからあれよあれよと、あっという間に終わる。

2、愛は100℃
はじめてBL的な、そういう方々の行為をまともに見たった、、、。というなんとも言えない謎の感情が湧いた。難聴を患うお兄ちゃん役の人がかわいくて犬みたいな人。人気ありそう。

3、ただの友達?
始まりかわいい 笑笑笑笑 インド映画のようにミュージカルぽく始まる。笑 しかも狭い車内。
がしかし、絶対に遭遇したくないタイミングで母親に出会うシーン。あの時の空気ってどう言い表せばいいんか。。一瞬そこで人生が終わるような感覚(?)がこっちまで伝わってきた。女なら、男ならよかったのにとそれぞれの立場で嘆き、謝罪でもない申し訳ない気持ちを歌に乗せるシーンは内容はどうあれ、ディズニーのよう。いい歌やし。
yo

yoの感想・評価

2.5
授業のレポートのため鑑賞。

BL好きにオススメです。