ヨコヅナ・マドンナの作品情報・感想・評価

ヨコヅナ・マドンナ2006年製作の映画)

천하장사 마돈나/LIKE A VIRGIN

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.4

「ヨコヅナ・マドンナ」に投稿された感想・評価


ないない!笑笑( ´∀`)

これはない!長年体育会畑で生きてきたわたしから言わせたら、絶対にない!

天才はいるよ!いるけどこれはない!
笑笑( ´∀`)

キム・ヨンソクそこまで息子殴るか!?
愛じゃない、アル中だね!

草なぎ君も出てるし!

だけどね、トランスジェンダー的描写はいいね〜( ´∀`)

この子かわいい〜 ( ´∀`)

あと、キャプテン井上康生そっくり!
笑笑( ´∀`)

ちょっとどういうことなの?!リュ・ドックァン君、前作「トンマッコル」から27キロ増量って?!そんなのどうやって出演オファーするの?!子役出身俳優とはいえ10代の少年に、相撲の映画撮るから君ちょっと太れる?って言うの!?
チョスンウを可愛くしたような顔であの見事なぽよぽよボディー、可愛すぎたよ!!

親友が運転するカブみたいな中華屋バイクの後ろに乗って試合会場に走るシーンの美しさったらローマの休日並ですよ!
序盤にもこの親友クンと主人公がバイク2ケツするシーンがあるのだけど、あの美しい街並みはどこなんだろう??わたしは丸いガスタンクがとても好きなので、大興奮でしたよ!!!!谷原のガスタンクより数多いよ!!!!!パッと見えただけでも8基!!!?!!ロケ地が知りたいと思ったのは初めて!あの場所に行ってみたい!!

父親役にキムユンソク、当時まだ30代なのに、枯れきったアル中(おそらくパンチドランカーでもある)を熱演!目が怖い!!ユンソク出演作の中で一番怖いユンソクなんじゃないかと思ったくらい!!ファイや1987のユンソクもまあ怖いんだけど、この何考えてるか分からない怖さが一番怖いと思う。(ちなみに黄海/哀しき獣のユンソクはキュート&セクシー枠です…)
あんな所在無げに目を泳がせるユンソク…見たことない…
何気にガテン系ユンソク(海霧はまたちょっと違う)を初めて見たので、個人的にブルドーザーユンソクにめちゃめちゃ上がってしまった…!!!!
あと、びっくりするほど男前なキム・ギョンイクが父の後輩役で出てきます。

ほっこりポイントはシルム部監督役のペクユンシクがだいたい持っていきます!
ちゃらんぽらん臭のするキャラクターにペクユンシクの芝居じみた喋り方が妙にマッチしてて新鮮で面白かった!
IPPO

IPPOの感想・評価

3.1
むむむむな一作。
先日スマッシュヒットだった「彼とわたしの漂流日記」と同監督の過去作なので鑑賞。草なぎ剛、若きキム・ユンソクが出ているという隠れた作品なのだがあまりにマイナー。

内容はかなり混戦。
・マドンナに憧れる女の子になりたい男子高生のアイデンティティの物語
・弱小高校相撲部が全国大会に挑むスポ根物語

という2つの要素がミックスされていて、どちらもそれなりに面白いテーマだし描き方も良いけど、別々の映画として撮った方が良かったんじゃないのかい?…という印象。

彼は性同一性障害なんかなぁ?なんとなく女装趣味なだけな気もしたが。
思春期の性の不一致を題材にしてこの仕上げというのがなんとも凄いなぁと。乱暴なようで緻密に練られていて斬新。

相撲の方もそれはそれで面白く、韓国にもシルムという独特の相撲があることを学べる。たかだか高校生の大会であんな伝統舞踊しなくて良い気も…笑。この映画のお金のかけどころがイマイわからん。

トンマッコルのあの青年。リュ・ドックァンが小デブに体作りしたというのが凄い。
相撲より見事なダンス。ダンスしながら台詞言うシーン、あれ地味に凄いことでは。


うーむ…なんだか消化しにくいぞ。笑

キム・ユンソクのキャラ設定が全然好きになれないのと、草なぎ剛の起用も意味不明なのと(韓国人のイケメン俳優起用の方がずっと良いのでは?笑)、部長的先輩が浮かばれなさ過ぎ、ペク・ユンシクも雑な漫画キャラ…モヤモヤ満載!
せめて90分以内でチャキチャキまとめてくれ!!長い。

このレビューはネタバレを含みます

女の子になるためにシルム(韓国式相撲)
で優勝して転換手術費用にする!っていうコメディ感満載の映画だけど、韓国での性同一性障害事情や家庭環境がシリアスに書かれている作品、凄く厳しい環境でも一生懸命なドングが本当に大好き。
お母さんのドングに言う言葉が本当に泣ける。
草なぎ剛も出演しているのもぐっとくる。最後ははしおった感あるけど、ドングが笑顔で終わったのが良かった。
もね

もねの感想・評価

4.0
タイトルが悪いと思う。
変なコメディ映画みたいになっちゃう。
チョナンカンで出るのもそう思わせるのかも。

でも、いい映画ですよ。
☆☆☆★★

2008年9月21日 TOHOシネマズ/シャンテシネ3
Vega

Vegaの感想・評価

3.2
トランスジェンダーの高校生、リュ・ドックァンがめちゃんこ可愛い!
草彅ツヨポンが嫌な人で終わっちゃったのがつらい。
mats5050

mats5050の感想・評価

3.6
ずっとスルーしてて あまり期待せずに見た
当たり引いた感じ
コメディだからか 友達や先輩が いい奴ばかりで ほのぼのした気分で見れた
とり

とりの感想・評価

-
10年来、いやもっと長年の思いを書き綴りたい。キム・ユンソクは大家族石田家のパパにクリソツだ!!
リュドックァンが好きで観た作品
役作りであんな細い彼が一気に太って撮影終わったらすぐに戻せる彼の俳優根性には恐れ入る
コメディでもしっかり彼の演技を魅せてくれました
ほっこりするいい映画
でも草なぎが出てきたのは私的には変に気になって邪魔くさいかなw
>|