すんドめの作品情報・感想・評価・動画配信

『すんドめ』に投稿された感想・評価

「巨乳は冬の時代かよ」ww

昔レンタルで観たと思ったら
全く違うやつと勘違いしてた。
夕日越しのキスシーンなら
今までに幾度となく観てきたが、
夕日越しの脱パンは初ww

2016.05.09GYAO無料配信
FREDDY

FREDDYの感想・評価

1.9

このレビューはネタバレを含みます

岡田和人による漫画『すんドめ』を実写映画化した本作は、名前すら覚えてもらえないほど存在感の薄い、日々孤独な学校生活を送る男子高校生の相羽英男が、クラスに転校してきた早華胡桃に一目惚れをしたことをきっかけに、彼女の小悪魔的な言動に翻弄されていく様を描いた偏愛的青春コメディとなっているのだが、やはり漫画原作なのでツッコミどころは満載で、ひょんなことから主従関係を結んだ相羽英男と早華胡桃が織り成す偏愛的青春も思春期ならではのもので、要するに、性的関係を持たない事を条件に主従関係を結んだ2人の"すんドめ"な関係性と、唯一の楽しみだった自慰行為を胡桃によって禁じられてしまった英男の、性的欲求を抑えようと悶絶する様や、みんなの前で自慰行為を強要されたことによる葛藤を映し出しつつ、自身が部長を務めることとなった浪漫倶楽部の面々とのおバカな掛け合いや、胡桃に嫉妬を覚えた京子を交えた複雑な三角関係が描かれているわけなのだが、言ってしまえば、良くも悪くもくだらないの一言。キャスト陣の演技もそれなりですし、2人の今後の関係性は気になるが、期待は持てないですね。コメディ要素も薄味ですし、暇つぶしくらいが丁度良いかと。
なんでオナニーを我慢するのかよくわかりませんでした
お話もつまらなくて退屈。
エロコメディというほどでもないし。
myonsu

myonsuの感想・評価

2.8
観おわった後に、観たことを後悔する映画をたまには観たくなる👍
"思春期の童貞がオナ禁を強いられながら誘惑に打ち勝つ"という、なかなかな苦行をシノプシスに展開するラブコメ。
原作は立ち読み程度でしっかり読んだことは無いけど、シリーズ化やリメイクされるほど一部に人気があるのも分かる気がする。

「たとえ地球上で二人きりになったとしても、君とだけは絶対にセックスしない」
「ちんこは嘘をつかない」

幾つかの哲学的な名言(迷言)とBGMさえあれば、最後まで観れる作品になる。

また、"首輪"という見えない小道具で、物語の分岐を表しているところが良い。

フェードアウトの多用は、間延びさせテンポを悪くしてしまうのを改めて思った。
童貞が興奮するであろう映画。
胡桃が風邪で休んだのに先生に住所聞いて家まで行って俺のせい?ってとこまじで引いた。
シロー

シローの感想・評価

2.2
胡桃ちゃんがスカートを捲し上げて、紐パンの紐を解かせてるところの挑発的な目。

デートにパンツ持ち歩いたり、全校生徒の前で全裸オナニーしたりこの人頭おかしいのかなって思うものの、この時期の男なんて多かれ少なかれ性に狂ってていいのかな? と勘違いしてしまうほどリミッターを外してくる胡桃ちゃん。かわいい。
温水洋一が摺千好男(ずりせん すきお)という役を演じています。役者って大変です。
大学時代に友人と見て楽しんでました。独りで見たら悶々するだけ。
でも、面白いですよ!
mimi

mimiの感想・評価

3.5
原作が好きで観ました。DVD4本分あるよ。映画としての感想ではないけど、とにかく鈴木茜が演じるくるみちゃんが役にはまってて可愛い。目と脚が最高。次原かなの京子ちゃんもぴったりで、ナイスキャスティング!観てて飽きない。

あなたにおすすめの記事