ちょっとまて野球部!の作品情報・感想・評価

ちょっとまて野球部!2017年製作の映画)

上映日:2018年01月27日

製作国:

上映時間:76分

3.3

あらすじ

県立神弦高校野球部は強豪でも弱小でもない日本一平均的なチーム。3年生たち最後の夏が終わり、1年生の大堀(須賀健太)、秋本(小関裕太)、宮田(山本涼介)ら残された部員たちの新たな日常がスタートする。なんとなく授業をやりすごし、マネージャの日野原(宮崎秋人)や2年生の晴見(荒井敦史)、石橋(塩野瑛久)、木村(柳喬之)の指示のもと運動部最下級生お馴染みのお茶入れや草むしりなどの雑用をこなしながら野球に…

県立神弦高校野球部は強豪でも弱小でもない日本一平均的なチーム。3年生たち最後の夏が終わり、1年生の大堀(須賀健太)、秋本(小関裕太)、宮田(山本涼介)ら残された部員たちの新たな日常がスタートする。なんとなく授業をやりすごし、マネージャの日野原(宮崎秋人)や2年生の晴見(荒井敦史)、石橋(塩野瑛久)、木村(柳喬之)の指示のもと運動部最下級生お馴染みのお茶入れや草むしりなどの雑用をこなしながら野球に励む3人。 ある日、テストの追試で赤点を取った大堀がピンチに陥る。再追試に落ちると、夏の合宿に参加できないことが分かったのだ。 大堀を勉強に集中させるべく、2年生から秋本、宮田に出た指令は大堀の悪ノリに付き合わないこと。しかし、この対応を無視されたと誤解した大堀は一人思い悩み、勉強にも集中できなくなる・・・。そして、再追試直前に2人と揉めた大堀は突如学校から脱走する。急いで、大堀を追跡する2人。やがて、再追試を大堀に受けさせるため、野球部全体を巻き込むドタバタの大騒動が巻き起こる! 野球部のキングオブバカ・大堀は無事に再追試をクリアし、合宿に行けるのか?

「ちょっとまて野球部!」に投稿された感想・評価

nonzk

nonzkの感想・評価

2.3
野球部の不思議

野球部ってサッカー部と違うんですよね
野球部は野球部としか本当につるまない

あの野球部の独特なノリ、一体感

髪型が一緒、服のセンスも一緒、フォルム一緒
言葉の雰囲気も一緒で、声の音程もほぼ一緒
野球部は顔も野球部顔になってるんですよ

皆んな、謎にスタイル良くて爽やかで
歯が白くて、大体みんな肌黒くて濃くて

ちゃんと周りに優しくて、話しするけど
野球部同士の友情には敵わない

あの不思議さよ


ちょっと待て!野球部。
まずは野球部なんだから、
もっと本質的に野球部になってくれ

ほのぼのとかコメディとかもうぬるいのよ
ちゃんとあの野球部の不思議を手に入れて
この映画を完成させてください

にしても、コメディのセンス
光合成のくだりが一番しらけたわ
あの取って付けたような天然風養殖キャラ

どこが見どころなんだ!
青春はどこ!汗はどこ!
涙はどこ!青空は!心は!
青い春はコールドアウトで出番なし

ヒットもなし、出塁なし、
笑いのセンスもノーヒットノーラン達成
はなこ

はなこの感想・評価

3.7
面白い笑笑
期待が大きく超えて笑笑
めちゃめちゃ見てよかった笑笑
ふゆ

ふゆの感想・評価

3.5
愛すべきお馬鹿たち。THE 三名様を思い出した。この野球部のマネージャーになってずっと眺めていたい。須賀健太くん同い年だけどふつうに制服が似合っててすごいと思った
さあや

さあやの感想・評価

3.5
本当にバカでクスクス、ニヤニヤが止まらない。合宿編やってほしい。
顔芝居が自然でおもしろい!
きょう須賀健太のイベントなので会う前に観て高めた!!
しゅん

しゅんの感想・評価

1.5
【勉強が苦手な自称天才野球部の大堀。夏の合宿に行くため追試の合格を目指すがコメディ映画】
2018新作46

[野球部員の会話劇]
野球のシーンは練習だけで日常会話を見せる映画だがふざけきれていない印象。
青春あるあるや漫才的なやり取りが光っていないと厳しい。
そして2018年の映画で「24 -TWENTY FOUR-」のパロディとは驚いた。

見所であろうドタバタの追いかけっこも何が何やら。
役名ありの先輩野球部員が複数登場するが特に個性もなくオープニングクレジットのポジション紹介も意図が分からなかった。

先輩野球部員にキョウリュウグリーンの塩野瑛久。斬撃無双剣!
なんかなぁ…なんの根拠もなくもっとおもろい童貞映画やろと期待してたのだが、大して面白くもない童貞映画やったわ、けしてつまらなくもなかった気もするけど…

バカが野球だけは頑張るよ、って話

期待はずれやったんでレビュー放置してたら内容忘れてきてしまったわ…
良かったとこはな美術部女子3人組が可愛かったとこ!そこはすぐに思い出される

須賀くんはな「スイートプールサイド」のつるつる役が印象的すぎて、他の作品だと印象薄いんよなぁ、本作でもバカの役をバカになりきって演じていたけど、バカバカしくてすぐに忘れそうや
他のキャストも同様…あ!見たことある男子達思ってたら「ドロメ」で葵ちゃんの相手役やってた男子と、仮面ライダーゴースト出てた男子かぁ
高杉真宙くんならぺろぺろなりながら観たのだが

ちなみに野球部の話ですが、スポ根要素は皆無です、ほぼコントみたいな内容なんで、それ系が好きな方は観たらよい
もう、笑った、笑った🤣
こんな何も考えずに笑える映画好きだわー。
そしていつの間にか、3バカたちが愛おしくなってくるから不思議。

再追試に合格しないと野球部の合宿にいけない大堀。彼とつるんでいる秋本、宮田も大堀の悪ノリに乗らないように指示される。無視されてるのでは?と思い込んだ大堀がある決断をする。

須賀健太・小関裕太・山本涼介の3人のやりとりにケラケラ笑い(夜中だったからかも知れませんが)、さらに監督のテンションの高さにメチャクチャ笑った。

これはスポ根ものではありません!
こういう作品って先輩が悪い奴多いけど、みんな後輩思いの良い先輩なんだよね〜〜。
とても元気もらえたし、続編作ってもらいたいなー( ͡° ͜ʖ ͡°)
このギャグとテンションと顔の良さなら、25分一回完結の連続ドラマで展開すべき!
みょん

みょんの感想・評価

1.8
愛すべき三馬鹿トリオがいますね。

わたしの高校時代も野球部はおばかさんだったけど、ここまで純粋なばかではなかったかな。キャストのファンだとすごく楽しい作品かなと思います。

にしても山本くん細すぎ!
>|