ちょっとまて野球部!の作品情報・感想・評価

ちょっとまて野球部!2017年製作の映画)

上映日:2018年01月27日

製作国:

上映時間:76分

3.4

あらすじ

県立神弦高校野球部は強豪でも弱小でもない日本一平均的なチーム。3年生たち最後の夏が終わり、1年生の大堀(須賀健太)、秋本(小関裕太)、宮田(山本涼介)ら残された部員たちの新たな日常がスタートする。なんとなく授業をやりすごし、マネージャの日野原(宮崎秋人)や2年生の晴見(荒井敦史)、石橋(塩野瑛久)、木村(柳喬之)の指示のもと運動部最下級生お馴染みのお茶入れや草むしりなどの雑用をこなしながら野球に…

県立神弦高校野球部は強豪でも弱小でもない日本一平均的なチーム。3年生たち最後の夏が終わり、1年生の大堀(須賀健太)、秋本(小関裕太)、宮田(山本涼介)ら残された部員たちの新たな日常がスタートする。なんとなく授業をやりすごし、マネージャの日野原(宮崎秋人)や2年生の晴見(荒井敦史)、石橋(塩野瑛久)、木村(柳喬之)の指示のもと運動部最下級生お馴染みのお茶入れや草むしりなどの雑用をこなしながら野球に励む3人。 ある日、テストの追試で赤点を取った大堀がピンチに陥る。再追試に落ちると、夏の合宿に参加できないことが分かったのだ。 大堀を勉強に集中させるべく、2年生から秋本、宮田に出た指令は大堀の悪ノリに付き合わないこと。しかし、この対応を無視されたと誤解した大堀は一人思い悩み、勉強にも集中できなくなる・・・。そして、再追試直前に2人と揉めた大堀は突如学校から脱走する。急いで、大堀を追跡する2人。やがて、再追試を大堀に受けさせるため、野球部全体を巻き込むドタバタの大騒動が巻き起こる! 野球部のキングオブバカ・大堀は無事に再追試をクリアし、合宿に行けるのか?

「ちょっとまて野球部!」に投稿された感想・評価

みょん

みょんの感想・評価

2.6
愛すべき三馬鹿トリオがいますね。

わたしの高校時代も野球部はおばかさんだったけど、ここまで純粋なばかではなかったかな。キャストのファンだとすごく楽しい作品かなと思います。

山本くんにしても細すぎ!
ゆず

ゆずの感想・評価

3.6
何も考えずに観れる映画って良いね
皆可愛くておバカでほっこりしました
さき

さきの感想・評価

3.8
ちょっと長めのコントって感じでしたが、嫌いじゃないです。
やりすぎじゃないかってくらいのギャグとか、3バカの息の合った仲良しが滲み出てるバカさ加減とか、笑いのオチが先にわかっちゃったけど笑えたのとか、、、気軽にさくっと大爆笑できる良い映画でした。

須賀健太演じる大堀がほんとにいいキャラで大好きです!

合宿編、楽しみにしてるので、是非、実現してください!
Mio

Mioの感想・評価

3.5
なーんにも考えなくてよくて、くすくす笑える。こんな野球部いないだろうけど、いたら面白いだろうなぁ。
はま

はまの感想・評価

2.8
原作は読んだことないけど、このまんまなんだろうな、と思いながら見た。そんなに面白くもないし、つまらなくもない。
coco

cocoの感想・評価

-
なぁちゃんのお兄ちゃん一瞬しかわからんかった…。あと寒そう。
あやこ

あやこの感想・評価

3.2
初日舞台挨拶にて鑑賞。
キャストのファンなら楽しめる映画。
バカバカしくて何も考えずに観られて良かった。
短くて面白くてアホだった
このくらいさっぱりしててちょうどいい感じがした
ミイコ

ミイコの感想・評価

3.6
ゆるーい和む映画、
考えすぎ情報過多でてんやわんやしていた私にはいい癒やしでした〜

須賀健太くんがひとりで全体を引っ張っている。
原作があるから、ちょっと無理やりなところも彼が埋めている感じがした。

とってもほんわか出来ます。
末次

末次の感想・評価

3.3
須賀健太がかわいい。表情がコロコロ変わる。
野球は全然しない。

スクリーン5 G-16 〇◎
>|