鬼灯さん家のアネキの作品情報・感想・評価・動画配信

「鬼灯さん家のアネキ」に投稿された感想・評価

米津

米津の感想・評価

3.7
エッチでThe童貞物って始まり方をしてイマイチ乗り切れなかったけど、だんだん、歪んだ恋模様が見え始めて話が軌道に乗ると面白かった。エロくてスケベなくだらないギャグ映画にもできる所を家族の形とか同性愛とか好きってなんだろうとか三角関係とかメッセージ性がしっかりあるところが今泉監督っぽいなって思った。ゴッドタンでお馴染みの谷桃子の演技がとても良かったので他の作品でも見たかった。前野朋哉は「魔法少年☆ワイルドバージン」のときの童貞役も良かったけど、こっちのほうが良かったな。絵に書いた童貞を最後までやってくれて良かった。
マンガみたいな童貞エロコメディに始まり
徐々に同性愛とか、家族の在り方とか、愛情の在り方とか、さり気なく色んな要素が散りばめられていて、最後はホンワカな気持ちになるのよね。

今泉力哉監督の男子目線で馬鹿げてるけど
そこじゃ無いんだよねー的な感じなの。
その人しか分からないのよね…

最後の醤油しかり。
RandB

RandBの感想・評価

3.3
今泉力哉監督の過去作が気になり、鑑賞。

血の繋がっていない義理の姉・ハルと同居生活をする吾朗。あれやこれやの色仕掛けで悪戯を仕掛けてくる彼女に、たじたじな彼だったが、幼馴染みのとある思いに気づき……。

ざっくり言うと、ヤらないアダルトビデオ、もしくは、今泉監督版『キス我慢選手権』でしたね……。苦

ひたすら、お姉さんが誘惑する→主人公がツッコミをいれるという場面が繰り返されていく序盤は、若干、しんどかったのですが、物語が動き出す後半以降の路線変更に笑う。

まさかの伏線回収に、今泉監督の初期作『最低』を思わせるカメラの使い方、固定で撮られたショットの繰り返しなどなど、やりたいことを詰め込んだであろう演出の数々にもニヤニヤしてしまいました。

チェリーボーイの前野さんや卓球(『終わってる』)、気の抜けたモト冬樹さん(『こっぴどい猫』)に、テント(『tarpaulin』)、そして、「好き」に対する物語と、思えば、今泉監督らしさが爆発している本作。

単作として鑑賞すると、かなりの佳作であることは間違いないですが、監督の作品を追っていると、思わぬ楽しみ方が出来る一作だと思いました。


<<エログロおバカメーター>>
エロ ☆×3.5
グロ ☆×0.0
バカ ☆×3.0

・エロポイント
今泉監督作品としては、『終わってる』に次ぐ、エロ度。
裸エプロンや、弁当に下着といった場面など、もはや、姉の方が体張りすぎな悪戯の描写が面白かったです。

・おバカポイント
当時の岡山天音さんの垢抜けてなさとか、色々、ツッコミたいところはありますが、一番は、序盤から180度方向性を変えて、心温まるドラマにしようとしてくる後半の超展開ですね、間違いなく、ここの部分のおかげで、作品としての質は上がっているのですが、さすがに序盤とのギャップは大きすぎです……。笑
れお

れおの感想・評価

3.8
童貞映画好きなんだなぁ笑
ただのHな映画だったら飽きるんだけど、きちんと人間模様や入り乱れる群像劇を描いてくるから楽しんで見れる、今泉力哉の食事シーンは大好き
佐藤かよが高校生役ってのが無理がありすぎて気持ち悪いだけだった。

男子高校生がこんなエロお姉さんと一緒に暮らしてたら心身ともに持たないでしょう。

ただのエロにあらず、少しイイ話しだった。
HD

HDの感想・評価

3.0
2021年130本目
UNEXTにて

ゴッドタンでお馴染みの谷桃子が
真面目に演じてる。

エロ系のサムネだがさすがの今泉監督、
最後はしっかり問題提起を回収してて
映画として成り立っていた。

欠点とすれば長いこと。
これ75〜90くらいの尺ならちょうど良かったかも
Vシネマのエロコメディみたいなのかなと思ったら
後半シリアスになっててなるほど。
ただあんまり展開がないのでこの尺は長いなぁ。
佐藤かよを初めて見たのですがすっごい良かった。(男だけど)
にしてはお姉さん役の人がイマイチだったなぁ。
まあ脱げて演技も上手い人ってそういないから仕方ないかな。
「桐嶋部活」の前野朋哉もちょっと主役というのが無理がある。
脇役だからこその彼だと思うのですが。
弟を誘惑する姉。AVみたいな設定。なぜ姉は弟を誘惑するのか。そこには姉なりのわけがあった。
yukism

yukismの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

この家盗撮だらけじゃんって言うセリフに笑っていたら
いたずらをする理由が判明したシーンで泣きました。
お母さんが亡くなってからずっと殻に篭っていた吾朗ちゃんと会話ができる唯一の手段で
最後にはちゃんとそのことに気付いて、「本当は全然苦しくなんてなかった ハルのお陰で」って言葉がとても素敵でした。
水野がとても不憫だったけど、根が良い子なんだろうなっていう言動が見え隠れしていて
これからも吾朗ちゃんと仲良く居てくれるんだろうなと思いました。
>|