バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生の作品情報・感想・評価

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生2016年製作の映画)

Batman v Superman: Dawn of Justice

上映日:2016年03月25日

製作国:

上映時間:152分

ジャンル:

3.3

あらすじ

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」に投稿された感想・評価

⚪概要
DCコミックスの「ジャスティスリーグ」を原作とし、バットマンとスーパーマンという2大スーパーヒーローの対峙、その裏に隠された陰謀、そしてもうひとりのスーパーヒーロー「ワンダーウーマン」の登場を壮大なスケールで描いた作品。

⚪感想
「人は裏通りで 理由もなく死ぬ」

この映画が私の人生の転機。

映画館で観た時の迫力と雰囲気が物凄く良かった。バットマンとスーパーマンの思いの激しいぶつかり合いが破壊力凄すぎてやばい。

ヒーローが知らないところで傷つけた人がいるということに着目してるところが良かった。以前までのヒーロー映画では、敵を倒すためならガンガン建物とか破壊てもそこには触れず、被害者にさほど触れていなかったし。今回はスーパーマンが悪を倒すための犠牲としてバットマンであるブルース・ウェインの会社も巻き込まれてっていう始まりのシナリオで凄く良かった。
それと、「She won't die tonight.」というセリフからブルース・ウェインの抱える罪の意識が少しでも救われたように感じた。
善と悪の不安定さと光と闇、恐怖を考えさせられる。スーパーマンとバットマンの生い立ちの違いもなかなかで「人は裏通りで、理由もなく死ぬ。」のくだりのセリフは泣く。

ベン・アフレックが最高オブ最高。ベン・アフレックの演じるブルース・ウェインのバットマンを20年ほどやってきて、様々な悪と戦い悲惨なことを経験してきた悲壮感と歳を積み重ねた表情や肉体、疲れきった雰囲気が現れてる。その肉体から能力がなくても強いわけがわかるし、顔やスタイルの全てがが原作重視。青っぽいシャツで女の子を守り、社員をこよなく愛するブルース・ウェインが死ぬほどかっこよすぎる。
バットマンのスーツが1つだけではなくあと2種類くらいあったのも新鮮で良かった。ナイトメアがめちゃくちゃ好き。平行世界の物語の映画も観たい。
スーパーマンを倒すために手段を選ばないバットマン。筋トレも最高。シャワー姿も最高。

ヘンリー・カヴィルとガル・ガドットも素敵だった。お顔と肉体、スタイル整い過ぎ。
ジェレミー・アイアンズのアルフレッドがとにかく良かった。ちょっと皮肉をいったりなんだかんだで坊っちゃまをめちゃくちゃ心配してるのが好き。しかも坊っちゃま入れてくれたお茶普通に飲むじゃん、親友かよって。笑
ジェシーアイゼンバーグはあんまり悪役感がなかったけどとにかく変人感が凄くて良かった。個人的に好きな神谷浩史さんが吹き替えをしてるのも良き。

内容もしっかりしてるし、予告CMの内容のつくりもうまかったなって思う。
トゥルルルーみたいなのから始まる劇中で流れる音楽が最高に好き。
真珠のネックレスが銃で弾け飛ぶところとか、ピーチティーの下りとかの演出がツボをついていて最高。
地上波はカットされてしまうし、映画もカットされていたし、やっぱりアルティメットエディション版が1番いいかも。

ラストはめちゃくちゃよかった。
賛否両論だし、好みがめちゃくちゃ分かれるが、とにかくアルティメットエディションを観て!!!!

監督のザック・スナイダーのお陰なのか、製作総指揮のクリストファー・ノーランのお陰なのか。どっちにしても2人の作品が好きだからめちゃくちゃハマったのかも。



⚪個人的なお話



高校生まで映画はちょっと見る程度でそこまで興味なかったど、声優の神谷浩史さんがめちゃくちゃ好きで単に吹き替えをしてたという理由で映画館に足を運んでこの作品を観た。観た後にはベン・アフレックに沼落ちして、とにかく映画が物凄く面白いものだと初めて知ってめちゃくちゃ好きになった。それからは毎日観るぐらいにはハマってるし趣味。
人生を変える映画ってあるんですね。

⚪鑑賞
映画館で鑑賞(吹き替え)。
金曜ロードショーで鑑賞(カット祭り)。
yuki

yukiの感想・評価

3.3
アルフレッド若っ。

他も観ると繋がってるんだと気づく。
なぜ戦わせた
jack

jackの感想・評価

3.9
うーん、正にヒーローにふさわしい2人
バットマンに関してはダークナイトより好き
だけど問題はスーパーマンサイド

俺らが観たかったのは、対極的な立場の
バットマンとスーパーマンの意見の食い違い
からトラブルに発展していくのを観たいのに

結局、違ったところから話を引っ張って
バットマンに怒鳴りつけてでも相談すれば
10秒で解決していた。

ラストのスーパーマンの見せ場は意味不明
ゴールデンラズベリー賞を
受け取ったのは仕方ないこと
クリストファーノーランも名を連ねていたから期待していたんだけども…ダークナイトトリロジーのできが良すぎたんだな。
ヒーローもたくさんいたら目指すものだって違うんだしこういう事も怒るよね。ヒーローが壊してしまった部分に焦点を当てたそれこそダークな作品を観てみたい。

このレビューはネタバレを含みます

後半のアクションはカッコ良かった!
バッドマン対スーパーマン!と思ったら、
最後は協力して敵を倒し、途中いきなりワンダーウーマンが出てきた(笑)
>|