スーパーマン リターンズの作品情報・感想・評価

「スーパーマン リターンズ」に投稿された感想・評価

CUT

CUTの感想・評価

2.5
良い作品だと思います。
クリストファー・リーヴのスーパーマン像は強過ぎるから壁は高いけど、当時最先端の技術で作られた映像は迫力もあるし背景の説得力もあると思うので、そういう画の進化を楽しんでみる作品だと思いました。

落下する飛行機を止めて人名救助した後、みんなに「飛行機は統計学的には一番安全な乗り物だから安心して下さい。」みたいな事を言うの最高でした。


超至近距離で目玉に弾丸を食らうも、逆に弾丸がグシャっと潰れるあのシーンは見てて楽しいところですよね。
スケールアップだけでなく、
一つの答えを出してくれる作品!

やっぱりスーパーマンは
面白いなと改めて感じた!!!
やっぱり冒頭のジェット機止めるシーンか特に印象的✨

模型のシーンで毎回ワクワクしてしまう💦
マン・オブ・スティールを見る前まで大好きやった作品😂

マン・オブ・スティールはリアル路線?なのに対して、こっちはザ・エンターテインメント‼️笑笑

飛行機事故を救ってからの大歓声のシーンは
鳥肌立ちました😍
エグい‼️
スーパーマンて本来このカッコよさよな😍
ザ・ヒーローやわ✨

マン・オブ・スティールは神樣扱いやからな笑笑
ジャスティスリーグ以降が こーゆースーパーマンやな😂笑

初代スーパーマンをしっかり見てないから
表面的な記憶しか無いけど
このスーパーマンは初代復帰感を強く感じる✨

マン・オブ・スティールのヘンリーカヴィルは
007のダニエルクレイグって感じ笑
今までの感じから行くと お?ってなったけど
今では抜群🎵って感じ笑笑

こっちのロイスは若めやな😂
全編どっかコミック的というか、
アニメ映画のようなアクション👌

どーしても今はマン・オブ・スティールのイメージ過ぎて
レックスもジェシーの早口で頭が切れそうな雰囲気の記憶が
こっちはケビンスペイシーの頭エエけど 性格が腐った冷静な雰囲気に笑笑

ま、マン・オブ・スティール(続編のBvS)からスーパーマンリターンズくらいの時間軸やから納得は出来るけど笑


そゆ面を深く考えなかったら最高👏

でも、このキャストでノーラン、ザックの製作陣で作ったの見てみたかった😂笑

※本編は154分とマン・オブ・スティール並みです笑
tyapioka

tyapiokaの感想・評価

3.5
記録整理。強い。王道のヒーローもの。眼球で弾丸とめるシーンはシンプルながらパワーがある。
長い、。
2時間半もある。
その割にはアクションシーンは極端に少なく、
敵もあっけなくやられてしまい物足りないです。


なんかスーパーマンというよりは
下手なラブロマンスを観た感じ。
にしても登場人物に共感できるところがあまりありません。

なんでヒロインは優しい夫を離れ、
スーパーマンの所へ行ったのか不明です。


結婚してるっていう設定がよくないと思いました。
夫役の人の方がスーパーマンより圧倒的に魅力的でした。


総じてあんまりよくなかったです。


製作:2006年(米)
監督:ブライアン・シンガー
ikumi

ikumiの感想・評価

-
古き良きスーパーマン。父が昔からよく観ていたので年不相応に懐かしさだけはいっちょまえに感じてしまった
ケヴィンスペイシー、いい俳優さんだったのに、もう見ないんだろうなぁ、残念だなぁ(そっち)
to

toの感想・評価

3.4
ちっちゃい頃1人で映画館で見た
親父はパチンコやってたっけな
cinemaBOND

cinemaBONDの感想・評価

3.7
今やアトムになってしまったブランドンラウス。
個人的には一番スーパーマンらしいスーパーマンだったかと…第一、二作の続編として30年近くブランクがあったものの正統的で流石X-MENの監督!
何よりアクション映画に似合わない表現ですが、美しい。
reyonce

reyonceの感想・評価

3.7
評論家の評価は高かったのですが一般観客からの人気がイマイチだった本作。

製作が紆余曲折し、時間と製作費が膨大にかかったわりには全米だけで製作費を超える興行収入をたたき出せなかったため、駄作のイメージがついてしまった。

ビジュアル的にはドナー版を現代に蘇らせた感じで昔っぽい作風と最新の映像技術を組み合わせていて、とても素晴らしい作品になってます。

個人的にはマンオブスティールの方が迫力があり、かっこいいため、大好きですが、スーパーマン リターンズは古き良きスーパーマンを現代に蘇らせたという点でとてもいいですね。

マンオブスティールは評論家などの評価はあまり良くありませんが、一般観客からは人気を得ていると思うのでスーパーマンリターンズとは正反対ですね。

とにかくスーパーマンリターンズは駄作ではなく、傑作です。
>|