スーパーマン リターンズの作品情報・感想・評価・動画配信

「スーパーマン リターンズ」に投稿された感想・評価

Hiroking

Hirokingの感想・評価

3.0
スーパーマンをちゃんと観たのって、初めてかも😅
なかなか面白かったな。弱点まであるんだね😅
リターンズってだけあってスーパーマンのいろんなことがわかる作品でした。

2020年341本目 😄
ゆり

ゆりの感想・評価

4.5
最高~🙌
めちゃくちゃ良かったです!
スーパーマンファンは見るべし😉👍
主演の俳優さん、初代スーパーマンのクリストファー・リーブさんにどこか似た雰囲気があってハンサムな方ですね。

初代と比べてはいけませんが、こちらは本当に時代の進化を感じます!
スーパーマンがピンチになるのが非常に多いので、もうハラハラドキドキが止まらない!!

途中からある衝撃的な事実に薄々気づきましたが、それが終盤になって分かります💡やっぱりそうだったんだ…!ってなりますよ~。
【soutaの映画つぶやき No.471】
"スーパーマン リターンズ"


スーパーマンが 地球に乗ってきた宇宙船により一人で旅立ってから5年。故郷周辺に辿り着くも、何一つ残っていなかった宇宙墓場から再び地球に帰還した。。


私が初めて見た、スーパーマン 映画。
単作ではあるが 一度去ったスーパーマンが戻るところから始まるので 初心者向けの映画ではない印象だった。もっと知った上で見た方が入り込めただろうけど、ストーリーはイマイチだった。。映像のクオリティは 高い。
本作のティーザー予告編を観た時からワクワクして上映日を待ってました。スーパーマン程現代のVFXが活きるヒーローはいないと思っていたので。監督がブライアン·シンガーさんというのが少し不安なところでしたが(「X-メン」が個人的にハマれ無かったので)。余計な情報は入れず劇場へ。オープニングは過去作への敬意から。そして旧作から5年間里帰りしていた設定とはなかなか大胆な物語。「おぉ、なかなか...良いぞ...そして、ケヴィン·スペイシーのレックス·ルーサーはかなり良いぞ!」そしていきなり冷や水をぶっかけられる展開!ロイス·レーンが結婚していた!子供もいる!これにはガッカリ...。もう、その後のストーリーが頭に入ってこない程。それでも観ている内に気付きました。レックス·ルーサーが完全に主役よりもキマっている事に!!本作で一番格好良くて、強そうなオーラを出していたのは、間違い無くレックス·ルーサー。白いロングコートがメチャクチャキマってる。片やクラーク·ケントとスーパーマンのギャップがあまり無い。素でもイケメン。その点クリストファー·リーヴは凄かったなぁ、と改めて思います。ブランドン·ラウスさんには難しい役だったのかな?残念。中盤からのストーリーの主軸がロイスとスーパーマンとロイスの旦那とその子供を巡る「不倫ロマンス」に突入した時の絶望感たるや言葉に表せない程に嫌でした。退屈でした。更に続編作る気満々のオチ。酷いとしか言いようが無い。劇場を後にする時には「生涯もう二度とスーパーマンを映画館で観られないだろうな」という寂しさだけでした。だって、ヒットする訳無いと思いましたから。予感は的中。続編は御破算に。そして月日は流れ、「マン·オブ·スティール」を観た時の感動たるや!こちらは良い意味で言葉になりませんでした。
何か飛行機も船もスーバーマンが助けに来る為に事故を起こしてるみたいな感じ。
飛行機墜落をスーパーマンが助けるのは御約束だけど中であんなに吹っ飛んでたらロイスは死んでると思う。
無重力になって2001年宇宙の旅のボールペンが浮くシーンのパロディみたいなのが始まるしいいからさっさと助けろってイライラさせちゃダメ。
其れから銀行強盗だけどヘリにガトリングガン迄持っててそんなに資金が潤沢にあるなら銀行強盗よりも稼ぐ方法があるのでは?
之もスーパーマンが弾はねかえすのを見せる為だけのお膳立てだし。
クリストファーリーヴ版スーパーマンの劣化焼き直し。
スーパーマンはこれぐらい人誑しで、でも内面が読めなくて、ちょっと変態ぽくもある…ぐらいがいいのかも(カヴィルさん演じる親しみやすいスーパーマンも好きですが…)。

もっと大味な話な印象があったので、登場人物の感情の細やかな機微が丁寧に描かれているのにびっくり。

特にロマンティックな場面の演出は素晴らしい。


地球を離れて5年の月日が経った。

宿敵スペイシーさんがスーパーマンの秘密基地から情報を盗み神の力を秘めた惑星の石クリスタルを奪う事を計画していた。

5年ぶりに戻ってきた主人公は変わってしまった環境やかつての恋人に落ち込む。

クリスタルを奪った悪党は神の力を持ち地球を脅かしていた。恋人や人々を守る為、主人公は戦う!

◉当時の記憶採点で73Dてん。
映像が凄かった記憶があります。
また銃弾などに全く効かないスーパーマンの凄さを楽しんで見れた記憶がありますね。
 本当なら、このブランドン・ラウス版のスーパーマン、続編も作られる筈だったみたいだけど、裏でなんやかんやあって消えてしまったそうな。もったいないなあ。もしかしたらこっちのスーパーマンがDCユニバース入りしてたかもしれないのに。
ささき

ささきの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

おそらく初めて映画館で観た映画。アクションがそんなに多くないので長く感じてしまう人もいると思う。目に銃弾が当たるシーンと子供がピアノ弾いてるシーンはすごく印象に残ってる。ロイスレインが美人。
アローバースに繋がる作品だとゆうことで、観賞。

確かにツッコミ所が満載で登場人物のIQが総じて低いようにも感じたけれど、むしろそれがスーパーマンの持つ牧歌的な部分をより強くしていたと思ったので、正直嫌いじゃなかった笑笑

ブランドン・ラウス演じるスーパーマンも、おおらかで親しみ湧いたし、正直ヘンリー・カヴィル版よりも好き!!
>|