スーパーマンの作品情報・感想・評価

スーパーマン1978年製作の映画)

SUPERMAN

製作国:

上映時間:144分

ジャンル:

3.4

「スーパーマン」に投稿された感想・評価

なんだかんだ言ってBVSの元ネタ映画ですよね…
毎回見るたびにスッパマンが脳内に…
言わずと知れた元祖アメコミヒーロー、スーパーマン。

今作でスーパーマンを演じたクリストファー・リーヴは、スーパーマン俳優としては何と3代目。

1978年の時点で3代目ですから、スーパーマン映画がどれだけ古い歴史を持っているかがよく分かります。

ちなみに、ジョン・ウィリアムズ作曲の超有名テーマ曲が聴けるのはこの作品からだそうです。

本作の序盤は「マン・オブ・スティール」の序盤とほぼ同じ内容でした。
カル=エルがスーパーマンとしての宿命を背負うことになったルーツが描かれる重要なパートです。
この部分がしっかりしている「マン・オブ・スティール」はリブート作品として優秀なんだなぁと思いました。

ド原色の赤パンツと赤マントを身に付けた原作コミック通りのスーパーマン像は、「マン・オブ・スティール」よりも個人的にしっくりきました。何ていうか、こっちの方がスーパーマンスーパーマンしてる感じ。笑

今同じ事をやったらツッコミと批判が殺到しそうな、あのチート過ぎる物語の結末(自転のやつ)も含めて、「これこそTHEスーパーマンだよなぁ」なんて思っちゃうような古めかしくも少し愛おしい作品でした。
yadakor

yadakorの感想・評価

3.0
未だアメコミで好きな映画には出会えていない
この映画も長いなあとしか思わなかった
80分くらいにしてくれ
dpunch

dpunchの感想・評価

3.5
2017年 96作目

ここ最近話題沸騰中のDCコミックスシリーズの礎と言っても過言ではないスーパーマンですが、今までまともに観てなかったのでこの度最初からの鑑賞です。

この1作目では、
幼少のカル=エル(後に地球でスーパーマンと呼ばれることになる)が理由あって地球にやって来て、その後成長しデイリープラネット社という新聞社で働く傍ら秘かにスーパーマンとしても活躍、極悪犯罪者レックス・ルーサーと対決する、
といった感じになっています。

製作は1978年と結構前ですがそんなに古さは感じませんでした。
(もちろん最近の様なCG満載ではないのですが、逆に絶妙な手造り感がイイですね)

ただスーパーマンが飛び立つ瞬間の姿がいかにも吊られてるみたいな感じになっていて、そこはちょっと残念でした…
パー子

パー子の感想・評価

5.0
超絶ロマンチック、最高胸キュン金字塔。

ラストに「そんなむちゃくちゃな」みたいな驚愕の展開があって初めて観たときは「漫画じゃないんだから」と思ったものだが、漫画であるか漫画でないかは置いといて、あのときのわしはまだまだガキンチョだったわけだ。
ラブパワーis最強。スーパーマンが愛する者のためにぶちギレたらあんなもんよ、うむ。
というか、映画なのだ、スーパーマンこそが映画なのだ、チートというのは映画のことなのだ、映画なのか漫画なのかという問題は置いといて、彼こそはフィクションという概念そのものの可視化された結晶体、いかに「現実にはあり得ないか」という存在。 まず人(クリプトン星人だけど)が飛んでるっていうイメージがもう究極にシンプルだけど究極に強力じゃないっすか。号泣っすわ。そのドストレートな名前によってあらかじめ証明されている、究極の究極の究極の、理想の人、スーパーマン。

(あと、いちばん最後に一人宇宙を飛ぶスーパーマンがカメラ目線で観客に微笑んでくれるのがあるじゃないっすか、あれがまじで最高)
格調高くクラシカルな作風がたまらない。

そしてクリストファー・リーヴのスーパーマンは史上最高のヒーローの1人である事は疑う余地もない。
現れるだけで安心感を与え、心を高揚させてくれるが、決して生真面目一辺倒という訳ではなく、粋なユーモアのセンスもある。本当にスーパーヒーローとして完璧。

また何よりもヒーローの基本、人命救助をストレートに描いてくれたのは嬉しい。
特に誰もが諦めた時、鮮やかにロイスを助け、人々の賞賛を受けるヘリ救出シーンは鳥肌が立つほど見事で、ヒーロー映画屈指の名シーンだと思う。

またクリストファー・リーヴとマーゴッド・キダーとの相性も抜群。
クラークとロイスのコミカルなやり取りも良いのだが、やっぱり中盤の月夜の飛行シーンが本当に素敵。このジャンルでしか出来ないロマンティックなもので、今まで見てきた映画の中でも指折りのデートシーン。
ラストの展開は初見時、正直戸惑ったが、スーパーマンの行動とその後のロイスの言葉のすれ違いが切ないのが良いのかも。

レックス一味のコミカルだけど、決して侮れない感じ、ジミー・オルセンの物語の展開上、邪魔にならない程度のコメディリリーフ感など他のキャラクターも魅力的。

言うまでもないがジョン・ウィリアムズのスコアが素晴らしく、特にあんなにワクワクさせてくれるオープニングは中々無い。
beplum

beplumの感想・評価

4.0
おとぎ話、絵空事、荒唐無稽、陽気、楽天的、おおらかさ、豊かさ……雑な性格診断みたいな列挙をしてしまったけど噂に名高い傑作という評価もわかるなーと思った。
クリプトン崩壊、地球にやってくる、成長する、親との別れ、デイリープラネット入社、ロイスとのロマンス、敵との対決、人助け……スーパーマンチェックリストを満遍なく小気味よく描いているのにだるさとか端折ってる感じがしなかった。特に戸惑うケント夫妻のピンチを救ってなにも言わなくても伝わるあの感じよかった。
よく聞くクリストファー・リーブはかっこいいと言うよりチャーミングで愛嬌があってあの体格なのに威圧感がなくて素敵だった。スーツも似合ってた。
レックス一味はドロンジョたちみたいな間抜けさが好きだった。
スパイダーマンの列車救出の元ネタはこれかーとか、ほんまにワンダーウーマンの路地裏の強盗のとこオマージュやったんやーとか気づきも多かった。テキサスの草原と青空が少年クラークの原風景だったんだろうなーと切なくなった。
特撮が結構多めで楽しかった。
なんでもありだからダメになってしまうこともあるけど、端から規格外のスーパーマンのリアリティラインを信じさせてくれる誠実さが好きだった。

これがあるからザックスナイダーのはカウンターとして暗くなるのもわかる。時代的なこともあるし。
お互いのよさがわかるから今見れてよかった。
setay

setayの感想・評価

3.7
幼少期の刷り込みから、やっぱりクリストファーリーヴが僕の中のスーパーマン。
スーパーマンのテーマもやっぱり大好き。
40年前の映画やのに今見てもワクワクする
最後あんなんありかよ(笑)
ジャスティスリーグのスーパーマンより能力すごいんちゃう(笑)
kotoe

kotoeの感想・評価

3.7
映画「スーパーマン」
ダサかっこいい。シュールかっこいい。このぐらい安っぽい感じの方が古さとあじが出てて好き。アメリカン古着感🇺🇸
>|