アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロンの作品情報・感想・評価

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン2015年製作の映画)

The Avengers: Age of Ultron

上映日:2015年07月04日

製作国:

上映時間:141分

3.9

あらすじ

「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」に投稿された感想・評価

Andersen

Andersenの感想・評価

3.9
人は自分が恐れるものを生み出してしまう

ホークアイかっこいいけどピエトロもかっこいい。スローの中で悩んだんだろうな。
liam

liamの感想・評価

3.5

MCU第11作目。出演はいつものメンバー。監督を務めるのは「アベンジャーズ」でも監督だったジョス・ウェドン。他には「ウインド・リバー」のエリザベス・オルセン、「リンカーン」のジェームズ・スパイダーが出演。

人類の危機的状況を何度も打破してきたアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、平和維持システムとしての人工知能“ウルトロン”を誕生させる。人類を脅威から守るために完成させたウルトロンであったが、平和を脅かす唯一の存在は人類だと結論付け、抹消しようとする。

この作品は公開当時すぐ観た気がするんだけど、あんまり記憶に残ってない。笑

今回の敵であるウルトロンがあんまり魅力的じゃないんだよなぁ。なんかありきたりなロボットの敵って感じであんまり好きじゃない。

でもこんだけたくさんのキャラクターがいるのに全員に見せ場をしっかりと作っているのはやっぱり凄い。だからこそアベンジャーズシリーズを作ることができたんだろうな。

パーティーのシーンでみんなが楽しく喋っているのを見るだけで楽しくなる。特にソーのハンマーを持ち上げられるかのくだりでは、キャプテン・アメリカだけが微かに動かす事に成功していて、それがエンドゲームの伏線になっているのが凄い。

今回のスタン・リーはパーティーでソーがもっていた酒を飲み、潰れてしまう役。笑
スタン・リーがでるところはコミカルで、クスッと笑えるので毎回楽しみ。

これからの展開のつなぎって感じの映画。
saasa

saasaの感想・評価

4.0
みんなかっこいい!
ホークアイかっこいい!

この時もちゃんと人々の安全を優先に考えながら戦いをしてたのにな…

シビルウォーから改めて観ると
複雑な思いが無く、この頃までが苦悩しながらも純粋に正義の為に戦ってて
なんだか懐かしく感じました
トミタ

トミタの感想・評価

3.5
笑いを取りたいローズ大佐、ハルクへのポコポコパンチ連打、突然生まれる人体模型の王。なんじゃそりゃな笑いがいっぱいのアベンジャーズ2作目。

スケールが大きくなっても個々のキャラへの配慮が丁寧でコンパクト。悩んで戦って悩んで戦って。なんだか良いチームになってきた感が高まってる。
riyonya

riyonyaの感想・評価

3.0
アベンジャーズの仲の悪さは、このシリーズの魅力と理解。ほとんどトニースタークの自作自演だけど、正義の闇が見え隠れするところがいい。アクションシーンは食傷気味になったのが残念。
私にはチャンネル権がない

手にしたいと思ったこともないし
観せて欲しいといった事もあまりない。
好きなものは出来ればこっそり一人で観たい

が、今は時が迫っているので

我が家の主に駄目もとで聞いてみた
(テレビで◯◯スターズの試合を観戦しながら終始スマホをしてらっしゃるので)

私「今夜、もしよろしければ私に2時間20分テレビとソファーをお貸し頂けないでしょうか?その間は別の部屋にいってくれませんか?」

主「いいよ」

主「我輩はこの場所にいるから、好きな映画を観るがよい」

、、、

私「NOー‼️😱」
嘘だ嘘だ嘘だ、絶対嘘だ

何が嫌だって、映画に興味がない人と
同じ空間で好きな映画をみるのが
どんなに苦痛か!

ひどい、ひどい、私がプレッシャーに
途中で耐えかねて
やっぱりいいよ、っと言って席を立つのを奴は知っている。騙されないぞ

私は負けない。

それは丁重にお断りし

といういことで
早朝、家族が寝ている時間に
レッツゴー!

私は負けない、知らないのか
障害がある方が燃えるんだ!

アベンジャーズよ
私と共に戦おうではないか!!


面白かったでーーす!!
ミッションインポッシブルのような
スピード感もあり、
韓国映画のような恋のモドカシサも
ありましたー。

やっぱりハルクも観た方がいいな

うん。

まだまだ続くよマーベル列車
tomone

tomoneの感想・評価

3.7
今だからAIの暴走みたいなテーマにわりと自然についていけた気がする。
公開当時、見ていた人たちがどんな風に思っていたのか気になりました。

あの異次元なヒーロー集団ばかり見ていたから、わりと一般的な暖かい家庭を築いているホークアイがすごく特別に感じた笑
諦めかけたアベンジャーズエンドゲームだけど、友達といや、やはり映画館で観よう!
という目標ともにフェイズ2〜3まわりを頑張って観始めています。

ウルトロンはMCUの今後のキーになるストーリーでありつつ、防衛力やAIについてもテーマが結構深い…!

現代でも話題のAIだけど、人間以上に頭が良いからこそ、突き詰めていくと極論に達してしまうのかもしれない。
数字で割り切れない矛盾だらけの存在が人間なんだよね。

最後ちょっとせつなくて泣けてしまった。

それと、スパイダーマンの旧シリーズもそうだけど、救ってはい終わり!じゃなくて、スーパーヒーローたちの苦悩とか、まわりからの評価とか、そのあたりを無視しないで描くのがMARVELらしい。


余談ですが、
本作から登場しているワンダがフルハウスのミシェルに似ててめちゃくちゃ可愛い!!と思ってたわけですが、キャスト見たらどうりで…となりました笑
咲

咲の感想・評価

4.3
アベンジャーズ2作目。MCU11作目。
トニーがバーナーの協力を得て世界平和のためにロキの杖の石の力から開発した人工知能が暴走し、世界を滅ぼそうとする話。

やっぱり集合はテンション上がる!!お互いをからかったり信頼してる感じとか、連携して戦うとことか最高。各シリーズの重要脇役もたくさん出てて豪華。終盤のホークアイが特に良すぎる。
subaru

subaruの感想・評価

3.2
やってること馬鹿みてえだけど楽しい。ヴィジョン装備の割にはしょっぱい。キャプテン童貞の分際でよく喋る。相変わらずブラックウィドウいけてる。エンドクレジット死ぬほどダサい。
>|