「マン・オブ・スティール」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

スーパーマンのSじゃなかった
ダイアンレイン老けたなぁ、いい感じに。
艶女。

スーパーマンにあまり思い入れがないので、、あまり入り込めなかった。。乙。
スーパーマンだけど、
全体的に暗い印象。

あと、やっぱり新シリーズ一つ目だから、
スーパーマン第1話!って感じで、
スーパーマンの設定?誕生?裏付け?みたいなのの説明映画な感じ。

先に続編のBvS観ちゃったけど、
これであれに繋がるのかー、って思った。

スーパーマンが 人間を先ずは信じてみよう、と思ってくれて良かったよね。
以前観てるはずですが内容全く覚えてないので再鑑賞。
ぜんっぜん覚えてなかった!!!
昔のスーパーマンも観てるはずなんだけど全然覚えてないし
これを機会に観なおすべきか。
アメコミ系は実はあんまり観たことないんです。
スーパーマン、バットマン、スパイダーマンくらいかな。
でも色々観てみたいなーとは思ってます。
DCとマーベルの違いも実はあんまりわかってなかった(´-∀-`;)
でも今回理解しました!

始まりは「え?何の映画?」と戸惑いましたが。
義父良い人すぎて涙出そうになった。
息子のためを思っての発言、行動・・・。
竜巻シーンはマジでかっこよかった。

展開が速い気がしたんだけど、トータルして結構すきだったかも。
映像がね、綺麗でした。
クリプトン人の動きがマトリックスみたいだった!笑
強すぎ。
ドカドカど派手で、アクション楽しかったです。
地球人の生き様ちょいちょいかっこよくてびっくりした。
終わり方もすきです!

しかし一言言わせてください。
建物崩れまくってるのに人間たち早く非難しろよ笑
“アメコミ映画の神”ザック・スナイダーが描く新たなるスーパーマン。ザック監督の天才的センスでパワフルに、シリアスに、そして美しく魅せるヒーローオリジン。超人的パワーで人を救っては姿を消し、ムカつく野郎がいればそいつの車をぶっ壊すという哀愁漂う日々を送り、自分の存在意義を見出せずにいるクラーク・ケントが生い立ちを知る機会に巡り合うも新聞記者ロイス・レインに自分が異星人だという事がバレてしまう。そしてクリプトン星の生き残りゾッド将軍がクラークを捜しに地球へやって来て…とここまでで約一時間半。冒頭にラッセル・クロウのファイトシーンはあるもののアクションシーンがほぼ無い。しかし一時間半焦らしてからのカンザス州でのクラークVSゾッド一味の戦いが凄いんだ。目で追えない程の速さで打ち込み合う重過ぎる殴り合いにアドレナリンが止まらない。そんな最高過ぎるファイトシーンを上回るのがメトロポリスで巻き起こる、守る者を得たスーパーマンVS守る者を失ったゾッド将軍の戦い。それはヒーローとヴィランではなく、まさに神と神の戦い。
此処で遂にマン・オブ・スティールはアメコミ映画から神話の領域へ到達したのだ。男の妄想を具現化した様な空中戦を見せてくれたザック監督には感謝の言葉しかない。そんな素晴らしい戦いはヒーローらしからぬ、スーパーマンらしからぬ一手で幕を閉じる。スーパーマンはこの戦いでヒーローへ覚醒したのと同時に一生降ろすことの出来ない大きな十字架を背負ってしまった。そんな切なくも力強いヒーロー誕生譚を描いたマン・オブ・スティールは誰が何と言おうと大傑作だ。
13.08.22(試写会参加)
『スーパーマン』シリーズは無知である。これまでのスーパーマンのイメージを何も持たないままこの作品を観れたので、何の違和感もなく楽しむ事ができた。『ウォッチメン』の印象が強いザック・スナイダーが、スーパーマンという華やかなキャラクターを美しく強く描くのかなという想像や、クリストファー・ノーランの神妙で重い文学作品のような雰囲気になるのかなという想像のまま試写会に臨んだ。
※当日貰った3Dメガネ大切にします。

本作の登場人物はカル=エル含め、敵も『ウォッチメン』のような特化した能力や、華やかさが鮮明に出ていないキャラクターの描き方をしている。注目はキャラクターよりも、アクション!

じわじわと利いてくる見所や作品のスタイルを隠しながら魅せている作品は、この今回の制作陣ならではと強く感じている。「空を見ろ!」「鳥だ!」「飛行機だ!」「いや、スーパーマンだ!」や人々がスーパーマンと呼び、讃える定番に媚びた場面は無し。しかし、人々に認知されて我々の味方なんだという静かな安心感を与えてこの作品は終了する。

丁寧にデザイン(衣装のみならず作品全体のデザイン)を一新させ、アプローチを仕掛けたことは素晴らしく思う。

幼いカル=エルがマントをつけて両手をグーにして腰にあてるヒーローのようなポーズをとる場面がある。男の子ならだれでもヒーローに憧れるし、ポーズも決める。そのときの少年カル=エルがイメージしていたヒーローは何だったのだろう。カル=エルの場合は何を隠そう父役のジョナサン・ケントであると思いたい。
「まずは君を信じることにするよ」

なんだこのとてつもない庇護欲は……!
守ってもらう必要ないくらい強いのはわかってるんだけど、あんな綺麗な涙見せられちゃね……!黙ってられないよね……!
ロイスが抱き寄せるのも納得だわ

カヴィルがもうね、ハンサム+パーフェクトボディでもうキラッキラのスーパーヒーローになるべくしてなったという感じ。

情がなくても、自分の最後の同胞を自らの手で殺さなければいけないっていうのは辛いんじゃないかな、と。理解してくれる母親と彼女がいても、地球じゃ自分と同じものはいないっていう孤独感はどこまでもついてまわるよねきっと。
子供のころから我慢と疎外感の中で生きてきて、唯一両親の愛情があったからこそのクラーク・ケントなんだけど、どうにも哀愁が拭えないよね

街の復興にどれだけかかるのか心配だよね
確かにつっこみどころは多々あるかもしれないけど面白かったと思う
ちょっと街は壊しすぎだけど
色々ありすぎてむしろあっという間だった

ヘンリー・カヴィルの筋肉がすごくて素敵
やっぱかっこいいな〜!笑
顔が整いすぎてる

こないだメッセージ観たばっかりだから
ヒロインがエイミー・アダムスなのは驚いた
冒頭の世界観が壮大すぎてちょっとよくわからなかったので、巻き戻して2回観て、やっと理解できた。

スーパーマンが地球外生命体だったってことの驚きは隠せなかった。

地上波だからか、話が飛び飛びで、つながりを見つけるのに時間がかかる。

結局どんなストーリーだっけ…
>|