バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット・エディションの作品情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks映画情報
  • アメリカ映画
  • バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット・エディションの映画情報・感想・評価・動画配信

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット・エディション」に投稿された感想・評価

モモモ

モモモの感想・評価

4.5
この作品だけは永遠に偏愛し続けるんで、もう誰に何を言われようと気持ちは変わりません。大好きです。大好きです!!!
劇場版の時点で結構な長さなのに更に足した3時間に及ぶディレクターズ・カット版。
正直2幕目の途中に「長いな」と思考してしまうし、劇場版の方が「観易い作品」ではあると思うし、カルト的な「勢いと画力で乗り越えていく!!!」な熱狂度は若干落ちているとも思うんですが(そりゃシーン単位で増えてるんだから当たり前だが)このバージョンの方が物語運びが圧倒的に丁寧で好きですね。
「まあ、DC読んでる人なら拾えるだろ」というファンに向け過ぎた物語要素は全く丁寧になってないので劇場版がダメだった人にはこのバージョンもオススメ出来ない。
シーン単位での追加が主で既存のシーンに足したショットは僅かなので劇場版は物語を「ギリギリ成立する」範囲に押し込めた作品なのだと思う。
本作を観ればルーサーの陰謀の全容をキチンと掴めるので「如何にして我慢の限界を迎え互いに憎しみを抱えたのか」にファンは感情移入できる事だろうし「ルーサー、滅茶苦茶ヴィランしてるな」と感心出来る筈だ。
特に冒頭での「スーパーマンがテロリストを殺した?」という嫌疑は劇場版だと若干の無茶を自分も感じたが、このバージョンだとしっかりと焼いて証拠隠滅、別部隊とのスレ違い等の描写が追加されていて納得出来る物になっている。
このバージョンだと正直(強引な物語展開とは言え)脚本上の問題は無いのでは…?と考えてしまう。偏愛故に盲目になっているのかもしれないが。
スーパーマンVSバットマンからのゴリラ筋肉バットマン無双、ドゥームズデイVSスーパーマン、そしてトリニティ集結…の3幕目は何度観ても点数の付けようがありませんよ…夢を観ている様な映像の連続だ。
本作で撒かれた種を回収する真の「ジャスティス・リーグ」が観れるなんて、人生捨てた物じゃありませんね。
temmacho

temmachoの感想・評価

3.8
DCEU第二弾の【バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生】のフルバージョン。

劇場公開からわずか2ヶ月で発売された、30分間に及ぶ未公開シーンを盛り込んだメディア専用版。

スーパーマンとバットマンが何故対立する必要があったのか?
本編ではイマイチわかりにくかった部分を丁寧に描いています。

テカ、
こっちを公開しろよー‼️
ラム

ラムの感想・評価

3.4
バットマンとスーパーマンの対決をもっと見たかったに尽きる気がします…ワンダーウーマンもすてきなんですが…いきなり出てきて活躍しすぎかなぁ。
めい

めいの感想・評価

2.7
152分の劇場公開版を観るつもりが間違えて30分の未公開シーンが含まれる187分の本作を購入してしまい、鑑賞。

ガル・ガドットのおかげで最後まで観れたけど、長くて途中で飽きた。(作品のタイトルはバットマンvsスーパーマンなのに、この表紙ではワンダーウーマンがセンターに居るのにも納得…)

めちゃめちゃ長いのに、観客にバットマンを好きになってもらうためのシーンやストーリーがまったくなかったのがこの映画の敗因だったのかなと思う…。
クライマックスでのバットマンの突然の心情の変化も正直よくわからず、拍子抜けした。

このアルティメット・エディションに収録されてるエンドロール後のバットマンとスーパーマンの戦い方の解説?みたいなのはなんかシュールで笑えた。
[バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生]は、[マン・オブ・スティール]のその後を描いたDCEUシリーズ第2弾である。監督は、前作に引き続きザック・スナイダーが担当している。[アルティメット・エディション]は、劇場公開時の本編に30分の未公開シーンを追加したディレクターズ・カット版である。3時間を越える上映時間であるが劇場公開時版に比べると洗練されており、物語にも深みがあり、ちょうど良い作品であるといえるだろう。
やっと観れた。
行動の意図とか
ちゃんと分かりやすかった。
誰が劇場版でいいよって言ったんかな
ほんまにここ最近のワーナーは酷い気がする。
アメコミ映画は第1に
ファンのための映画であるべき。。
集客とか大事なんもわかるけど。
2016年に公開された劇場公開版に30分の映像を加えたバージョン。2017年から4KTVを購入した時のために4K ULTRA HD版をずっと温めていたがようやく鑑賞。

率直にいうと劇場公開版よりは面白かった。劇場公開版はレックス・ルーサーが何をしたかったのかがいまいちわからなかったが、本バージョンでようやく理解できた。

DCEUは2013年から始まったが、この作品が2本目。ここまではシリアスでダークな「ダークナイト」シリーズのようなアメコミを作っていたが、「スーサイドスクワッド」から急に路線変更。作品のスタイルが大きく変わった。

正直、どっちでもいいと思うけど本作の劇場公開版が低評価になってしまったのは、本バージョンが劇場公開版として公開されなかったせいであると考えられる。

これもZ・スナイダーの力量かな?

「ジャスティス・リーグ」のスナイダーカットは面白いものになることを期待してる。
あむ

あむの感想・評価

3.6
Amazonプライムで2000円で購入。
追加シーンされる前の作品を見たことあったがあまり覚えておらず、本作品を鑑賞したがこれからの物語につながる伏線が多かった印象。
ストーリー的にはバットマンがスーパーマンをそこまで目の敵にしなくてもいいんじゃないかってくらいイカれてた。
ワンダーウーマン出てきてあの音楽が流れたときが1番盛り上がった!
ベン・アフレックのDCEU復帰を祝して観賞。

この作品。DCヲタクによるDCヲタクのためのDC映画だということをまず念頭に置いた上で見た方がいいと思う。

そのため、DCに対する知識がまったく無い状態の一般ピープル達は今作の情報量の多さに振り落とされていくと思われる。

でもいざDCヲタクである私が見たらどうだろう!!劇場バージョンのときは理解がしにくかった登場人物達の心理描写や演出の数々が丁寧に説明されていて、とても府に落ちた。

次回作のジャスティス・リーグに対する期待値を高める締め方には興奮したし、マジでなぜにコレを劇場でそのまま公開しなかった??
tacnet

tacnetの感想・評価

4.0
映像、音楽、キャラクター、配役、ここから広がるユニバースへの期待…
個人的にこの作品ほどツボにはまり何度も見返したアメコミ映画はないし、これ以上気に入る作品には今後出会えない気がするくらい大好きだ。
と同時に、一般的評価があまり芳しくないのも無理はないとも思う。
このアルティメット版は劇場公開時にカットされた数々のシーンを復活させ、省略し過ぎた為に難解と言われた本作を本来の姿で観る事ができるが、それによってこの作品の問題が解決されるかと言えば、そうではない。

この作品の脚本は、多くの観客がタイトルから期待するエンタテインメントに応えていない。世界観の構築に腐心するあまり、物語さえもその材料の1つでしかなくなっている。
テロや移民等の今日的な問題を扱ってはいるが、キャラクターを動かす上での舞台設定に留まり、観客が自分事として考えるまでには至らない。
ダークナイトがアメコミファンのみならず多くの観客に刺さったのは、単に暗いリアルな世界観にヒーローとヴィランを登場させたからではない。

この作品は、ウォッチメン、マン・オブ・スティール同様、映像の魔術師が世界最高レベルの制作費をもって目がくらむようなクオリティで完成させた、壮大なカルト映画である。
その魔法によって一部からは絶大な支持を得るが、一般観客にははじめから開かれていない。
>|