デス・オブ・スーパーマンの作品情報・感想・評価・動画配信

「デス・オブ・スーパーマン」に投稿された感想・評価

スパイダーバースの爪の垢を煎じて飲んで欲しい。
レックス・ルーサーが刑務所じゃなくて自分のビルに軟禁状態、ってことはジャスティス・リーグとは全く別の話なのかな。
突如宇宙から飛来したドゥームズ・デイという超強力な宇宙人とお馴染みリーグメンバーが戦う話。

なんていうか、20年前のアメコミアニメなのかな、というくらい古めかしい作画とデザイン。
ヒーローたちはダサいし、見せ場あんまり無いしで最悪。
ヘヴィメタルみたいなコテコテのアメコミアニメが好きな人には良いのかもしれない。

この映画の見どころは、スーパーマンがほんとボロボロになりながらも諦めずにドゥームズ・デイと戦うシーンにあると思う。
実写版の映画ではクリプトライトで弱点を攻められでもしないとあそこまでボロッボロにはなってなかったんじゃないか。
スーパーヒーローって大変なんだな、っていう空気感が結構強めに出てるのはわざわざアニメでそれやらなくても・・・とため息が出る。

◆良いところ
- 特になし

◆悪いところ
- クオリティは週間アニメにも劣るレベル
- 洋物って感じのデザインなので拒絶反応出る
あでゆ

あでゆの感想・評価

3.6
謎の小惑星が大気圏に突入し、海に激突。そこから現れたのは破壊衝動に駆られた、恐るべき力を持つ怪物だった。ドゥームズデイ(最後の審判の日)と名付けられたその怪物によってメトロポリスが襲われ、罪なき市民の命がおびやかされる中、この制御不能な脅威に立ち向かうため、バットマン、ワンダーウーマンをはじめとするジャスティス・リーグのメンバーが集結する。だがそんな彼らですらまるで歯が立たない今、メトロポリスの、さらには地球の命運は、スーパーマンとドゥームズデイとの最終決戦に委ねられた。

『ジャスティス・リーグ』のもととなるコミック原作のアニメ映像作品。
基本的な大筋は実写版とほぼ一緒だが、こちらはコミックの流れを組んでいるため、あまり説明を必要とせずに短いテンポで物語を展開できるのが強み。
そんなにコミックに明るいわけではないが、多少のリテラシーがあれば問題なくついていくこともできた。

正直前半50分くらいはスーパーマン周りの人間関係の整理がメインで結構退屈だったのだが、ドゥームズ・デイが来てからの展開は終始熱くなる戦いが続いて面白い。
そもそも最初の宇宙ステーションが破壊されるくだりの、「スーパーマンが来てくれるから!」の絶望感はかなりダークで好み。

スーパーマンvsドゥームズ・デイの長い戦いも、作画が息切れすることなく終始かなり頑張っていて見入ってしまう。『ジャスティス・リーグ』でもこういうのが見たかったんだよ!と思ったりした。
まさかアニメで感動するとは思わなかったんだけど、最後の恋人の為に全力出して力尽きるシーンは普通に涙を誘われてしまう。ここでは最後の秘密の手紙がかなり伏線として機能していると思う。

ただ戦闘シーンは素晴らしいし、確かに感動を生むのだが、やっぱりドゥームズ・デイという悪役自体に問題を感じざるを得なくて、彼自体はただ送り込まれた兵器に過ぎないので、単体の作品で見ると物語になんの深みも無いのが残念。
後編との対比は上手くいっているし、スーパーマンの精神攻撃が通用しないからこそ勝てないというのは納得がいくのだが、どうしてもその点で見栄えが悪くなってしまう。
その分、ロイスとの恋愛やレックスの描写などで深みを生ませようとはしているのは好感。
ストーリーは映画と似てたな。
アメリカの子供はこういうの観て育つのか。羨ましい。ポケモンとかドラえもんで育った俺はアメリカの青年より弱いはず。
実写のジャスティス・リーグはどうなるのか。アクアマンとワンダーウーマンは継続。新バットマンは若い頃の話やしスーサイドもジェームズガンが作り直すし。まぁなんでもいいよ!面白かったらそれでいい。
dg4

dg4の感想・評価

2.6
敵、強すぎ…
ジャスティスリーグが壊滅。
&タイトル通りスーパーマンが…

画は中途半端。
古い(格好いい古さ)ではなく
今時のリアルな画でもなく。

本当にコミックくらいの画力の方が良かったなー。
じゅ

じゅの感想・評価

3.5
Amazonで週末レンタル100円になってたので観た作品。
作風が古臭いなと思ったけど、これはわざとそうしているみたい。
内容も昔のアメコミそのままを誠実に再現しているように思えた。(アメコミそんなに見たことないけど)

エンディングのクレジットにやたらと韓国人の名前が出てきてて、アニメ製作の下請けは韓国が強いよなぁと思うなどした。
Bom

Bomの感想・評価

3.4
めちゃくちゃおもしろいやん。ジャスティスリーグこの後観たら超最高!観たくなる!

2019年初観作品293本目
セラ

セラの感想・評価

4.6
宇宙から突如飛来したドゥームズデイを止めるべく、ジャスティスリーグとスーパーマンが立ち向かう!

シリーズとしては10作品目に当りますが、策を重ねることにどんどん作画のクオリティが上がっているように感じます。特にスーパーマンの躍動感は、実写作品さながらで大満足!

コミックの名エピソードを違和感なくアニメユニバースで再現しており、かつスーパーマンの魅力が沢山詰まっていました。

またヒーローだけでなく、ロイスやルーサーにもしっかり焦点を当てながら物語を展開していく所に好感を持ちました。
メタ壱

メタ壱の感想・評価

3.1
DC、ジャスティス・リーグのアニメ作品。

世界の平和を守るスーパーマンを始めとしたジャスティス・リーグの前に最強の敵“ドゥームズデイ”がたちはだかるというお話し。

アメコミにはあまり詳しくないのですが、「バットマンVSスーパーマン」の一部に近いストーリーで、タイトル通りスーパーマン最大の危機!

それに加えてケントの恋愛部分が中心になっているのも良き。

作画は、日本のアニメに比べるとやや見劣りする部分はあるものの、バトルシーン、特に最後の決戦のシーンの迫力は凄かったです!

そしてラストカット!
気になりすぎます……!
mii

miiの感想・評価

2.5
絵が古ーーーーーい‪✨
特に最近スパイダーバース観たのでより一層古い感じです‪w

しかしそこがまた味が出てます♥
これがアニメ映画って感じですね🎦
来世で結婚するなら『冴羽獠』か『クラーク・ケント』なのですが💏やっぱりクラークかなぁ👓(悩💦✨

①クラークがロイス👩🏻に自らの素性を明かすか否か葛藤(⬅︎クラークの置手紙✉️に…キュン死💀💕
②ダメージを受けて衣装ボロボロのスーパーマンに…胸キュン💕

🦇DCファン用のアニメですが『ジャスティスリーグ』さえ知っていれば内容は理解可(´・∀・`)演出・脚本ともクオリティが高い…というか『全編セリフが粋』でつ👍🏻✨カッコ良き

DC Animated Movie Universe (DCAMU)(⬅︎初めて知りますたw✨の32作目📽
>|