ウォーリアーの作品情報・感想・評価

「ウォーリアー」に投稿された感想・評価

mayuchi

mayuchiの感想・評価

4.8
【2017年117作目】

14年振りにトミーは父親に会いにきた。
父親は思わぬ訪問に少し驚いたが、トミーを中に迎え入れた。
久しぶりに父親の家に入ると、部屋の様子が代わり、孫の写真がたくさん飾られていた。

その昔、トミーは母親と酒乱の父親から逃げたのだ。
その後の暮らしは酷く、母親は亡くなっていた。

一方兄のブレンダンは、現在は教師をしており、妻と子供に囲まれ幸せに暮らしていたが、サブプライムの影響を受け、家を失うかもしれない。
資金繰りに苦労していたブレンダンは、クラブの用心棒のバイトの代わりに、ローカルな格闘技の試合に出場し勝利する。
その事が学校にバレてしまい停職に。

ブレンダンは家を手放さない為に闘い、トミーは亡き海兵隊の友の遺された家族の為に闘う。

しかし偶然は時に残酷だ。
同じ「スパルタ」のリングに兄弟で上がるのだ。

お互い闘う理由は違うが、お互いの確執は少し話したくらいで何かが変わるほど浅くない。

同じ血が流れる拳がぶつかり合う・・・。

これはダメだ〜(T-T)
トミーはどれだけ、これまでに辛い思いをしたんだろう。
ブレンダンは一見幸せそうだが、内心は父親を許せていなかった。
兄弟間の確執、親子間の確執の両方があり、父親は辛い立場に追いやられる。

ホテルで父親が断っていた酒を呑んでしまったシーンでは、父親も辛かったのがよく出ていた。
どれだけ頑張ってまともになったとしても、息子達には辛く当られ、改めて自分の罪の重さに押しつぶされるのだ。
この時のニック・ノルティとトム・ハーディの演技が素晴らしかった!
もう号泣ですよ(;_;)
これ以降、ラストまでホント泣けます。

ジョエル・エドガートン、トム・ハーディ、ニック・ノルティの演技はもうヤバいくらい凄かった!
ただの格闘技のスポ根映画だと思われるでしょうが、もう涙なくしては観られない作品です。
私、格闘技は好きで、昔はよく観てました。
試合のシーンは、本当の試合を観ているような錯覚を起こすほどでした。

スポーツものとしても良く出来てますが、それよりもヒューマンドラマとして、しっかりと作られています。
見応え抜群で、見終わった後はどこか温かい気持ちになれ、余韻が凄かったです。

さて、トムハの話しを(´∀`*)
めちゃくちゃ体作ってましたね!
背中とか、格闘家も顔負けの筋肉でした。
かなりのトレーニングをしたんでしょうね。
もうとにかく、トムハがマジでカッコ良くてカッコ良くて、冒頭のトムハが、サンドバッグを打ったシーンは、思わず「カッコイイ〜(*´ω`*)」と声が出ました(笑)
YouTubeで本作のトレーニング風景があり観てみたんですが、なかなかパンチも重く本物の格闘家みたいでしたよ゚:*。(*゚д゚)ステキ*:゚


話しを戻して・・・。
とにかく本作は熱い格闘家のお話しだけではありません。
家族愛、兄弟愛を見せてくれるので、スポ根嫌い、格闘技嫌いな女性にもオススメしたいなと思いました。

本当に本当に最高でした!!
観て良かった〜ヽ(´▽`)/

しかし日本の配給会社の人は、大人の事情があるのは理解するけども、きちんと作品を観て、これは上映したい!と上に訴えかけるほど熱い人はないのかな?
本作がDVDスルーなんて有り得ない!
こんなにも名作を上映しないなんて、どうかしてるぜっ(´・ω・`)
shinyaaa

shinyaaaの感想・評価

4.2
トム・ハーディ最高
DKeita

DKeitaの感想・評価

3.4
カット割りすぎて余裕がないというか、テンポ上げてスピード感出したい中盤とかは効果的だが、ラストはもう少しどっぷり味わわせて欲しかった。
peche

pecheの感想・評価

3.7
トム・ハーディカッコいい

最後に兄がlove you と言うシーン😭
水曜日

水曜日の感想・評価

3.9
元総合格闘技の選手だった学校の先生と、弟である元海兵隊員が500万ドルを賭けたリングに臨む。

しっかり泣ける映画だった。父親役のニック・ノルティがよい落ちぶれ感を出している。トム・ハーディの狂気を孕んだ弟は、この映画の大きな見どころ。

ジョエル・エドガートンは、常識人でお金に悩む先生を割と淡々と演じ、終盤に爆発させて見どころを持っていく…素敵すぎる。

格闘シーンは迫力のあるし、最後はきっちり泣ける。
ジン

ジンの感想・評価

-
ラストずるい。あれは泣いてしまう。
>|