ウォーリアーの作品情報・感想・評価

「ウォーリアー」に投稿された感想・評価

mayuchi

mayuchiの感想・評価

4.8
【2017年117作目】

14年振りにトミーは父親に会いにきた。
父親は思わぬ訪問に少し驚いたが、トミーを中に迎え入れた。
久しぶりに父親の家に入ると、部屋の様子が代わり、孫の写真がたくさん飾られていた。

その昔、トミーは母親と酒乱の父親から逃げたのだ。
その後の暮らしは酷く、母親は亡くなっていた。

一方兄のブレンダンは、現在は教師をしており、妻と子供に囲まれ幸せに暮らしていたが、サブプライムの影響を受け、家を失うかもしれない。
資金繰りに苦労していたブレンダンは、クラブの用心棒のバイトの代わりに、ローカルな格闘技の試合に出場し勝利する。
その事が学校にバレてしまい停職に。

ブレンダンは家を手放さない為に闘い、トミーは亡き海兵隊の友の遺された家族の為に闘う。

しかし偶然は時に残酷だ。
同じ「スパルタ」のリングに兄弟で上がるのだ。

お互い闘う理由は違うが、お互いの確執は少し話したくらいで何かが変わるほど浅くない。

同じ血が流れる拳がぶつかり合う・・・。

これはダメだ〜(T-T)
トミーはどれだけ、これまでに辛い思いをしたんだろう。
ブレンダンは一見幸せそうだが、内心は父親を許せていなかった。
兄弟間の確執、親子間の確執の両方があり、父親は辛い立場に追いやられる。

ホテルで父親が断っていた酒を呑んでしまったシーンでは、父親も辛かったのがよく出ていた。
どれだけ頑張ってまともになったとしても、息子達には辛く当られ、改めて自分の罪の重さに押しつぶされるのだ。
この時のニック・ノルティとトム・ハーディの演技が素晴らしかった!
もう号泣ですよ(;_;)
これ以降、ラストまでホント泣けます。

ジョエル・エドガートン、トム・ハーディ、ニック・ノルティの演技はもうヤバいくらい凄かった!
ただの格闘技のスポ根映画だと思われるでしょうが、もう涙なくしては観られない作品です。
私、格闘技は好きで、昔はよく観てました。
試合のシーンは、本当の試合を観ているような錯覚を起こすほどでした。

スポーツものとしても良く出来てますが、それよりもヒューマンドラマとして、しっかりと作られています。
見応え抜群で、見終わった後はどこか温かい気持ちになれ、余韻が凄かったです。

さて、トムハの話しを(´∀`*)
めちゃくちゃ体作ってましたね!
背中とか、格闘家も顔負けの筋肉でした。
かなりのトレーニングをしたんでしょうね。
もうとにかく、トムハがマジでカッコ良くてカッコ良くて、冒頭のトムハが、サンドバッグを打ったシーンは、思わず「カッコイイ〜(*´ω`*)」と声が出ました(笑)
YouTubeで本作のトレーニング風景があり観てみたんですが、なかなかパンチも重く本物の格闘家みたいでしたよ゚:*。(*゚д゚)ステキ*:゚


話しを戻して・・・。
とにかく本作は熱い格闘家のお話しだけではありません。
家族愛、兄弟愛を見せてくれるので、スポ根嫌い、格闘技嫌いな女性にもオススメしたいなと思いました。

本当に本当に最高でした!!
観て良かった〜ヽ(´▽`)/

しかし日本の配給会社の人は、大人の事情があるのは理解するけども、きちんと作品を観て、これは上映したい!と上に訴えかけるほど熱い人はないのかな?
本作がDVDスルーなんて有り得ない!
こんなにも名作を上映しないなんて、どうかしてるぜっ(´・ω・`)
tomomi

tomomiの感想・評価

4.0
最後に涙がポロリと落ちました。
熱くて温かい映画でした。
親子、兄弟の葛藤が痛々しかった。
何年離れていようが、絆は深いんだなあ。

ブレンダンが決めたキムラロック!あそこのシーン好きです!あと、トミーが父親を抱くシーンも良かったなぁ。

トム・ハーディとジョエル・エドガートンの熱演もさる事ながら、ニック・ノルティの存在感は流石でした。
ハァ↑ン!って変な高い声出るほど泣いた

このレビューはネタバレを含みます

滾りますね

こういう格闘ものなのにヒューマン的要素も入ってるのって
身体の中からなんか湧き上がってくるかのごとく滾ります

格闘一家の過去と現在で説明は多くないのだけど
父の態度や兄弟が体験したであろう辛いことが
垣間見えるやり取りが随所にあって歪な家族の形が痛々しかったです

それでも過去を振り払って兄弟が得た新しい家族との間にも
悲しい出来事だったり苦悩があったりでリングに戻る

理由はそれぞれですが血は争えないというか
闘うことでしか繋がれなかった家族がトレーニングに打ち込む姿とか
過去に振り払おうとしてるのに過去にすがってる感じとか
闘う人独特の哀愁に胸打たれました

色々背負ってる家族だからこそ最後に兄弟がリングで合間みえた時の
絞め技しながらの「I love you」は胸アツでした
文章にするとアホっぽいけど

あの家族の今後に幸あれ

このレビューはネタバレを含みます

ここ最近で一番泣いた
紛う事なき傑作
m

mの感想・評価

3.8
トム・ハーディ
kiyo

kiyoの感想・評価

4.1
名作。自分の兄や父との関係に想いを馳せた。
チュン

チュンの感想・評価

4.2

酔ってるあんたの方がマシだ

本気でやらなきゃ本気で伝わらないとか、
誰かに優しくしたくなるとか、仲直りするのにも傷つきあうのかよとか、色んなことを観てて感じたけど、内容は激しいのに観てる心は静かになっていった。
父親が泥酔してしまったあたりからだろうか、悩んでたことがあったんだけど、静かな海辺にいるような感覚になって、すごく心が落ち着いた。俺だけだろうか。
なんか心がスッキリしてしまった。
なんか自分にとってだけど悩んだ時に観る映画になったかもしれない。
傷つくのが怖くなくなったみたいな。
眠い

眠いの感想・評価

4.7
泣かない人いないから…兄弟の力は全部の苦悩を抱きしめるよ
これは痺れた!
最初はもしかしたら人間関係がわかり
にくいかもしれませんが
徐々に明らかになりますのでややこしくはないです
ちょっと勿体振らせすぎかな

トミー役のトム・ハーディが最初と最後で別人みたいに見えると感じたのは私だけかな
後半はカッコいいトム・ハーディです
彼は歳を重ねる度にカッコよくなって
るような気がします
寡黙な彼が好きです
雰囲気で語るトム・ハーディ
「ブロンソン」の役にちょっと似てる
ようだけどこっちの方が人間性はあるか

しかしこの映画での彼の目的はあれだけ
だったのだろうか?
今までの彼の寡黙な役の作品と違い
ちょっと彼の感情が読みにくいんです
あとひとさじ欲しかったかなと感じなくはない
私の願いとしてはあれなんだけど

ブレンダンン役のジョエル・エドガートンって人はあまりよく知りません
「 ザ・ギフト 」のゴード役
引っ越してきた夫婦にギフトをしまくる人ですね
ジャケットで緑の箱を持ってる人

トミーの父親役はニック・ノルティ
彼を観たのはロバート・レッドフォードとの「ロングトレイル」以来です
これは映画館で観ました
歳をとりましたねえ
今、77歳ですよ
75歳で「ロングトレイル」に出演
したのか!凄いな
彼の映画では、私の大好きな映画
「ロレンツォのオイル」を思い出します

140分と長い映画でしたが
全く飽きませんでした
面白かったです!
脚本が良かったかな
人間ドラマとスポーツ、この映画は
格闘技ですが、それを上手く組み合わせた映画でした
ドラマ性の方が若干強いかなと思いますが
格闘技シーンも盛り上がりますよ!

決勝戦はもう途中から涙でした
欲を言えば、試合が終わった後
もう少し描いて欲しかったかなあ
やっぱりトム・ハーディの心境が
読みにくいと前に書きましたが
ラストもそうなんだよねえ
戦いの最後のあの行動が・・・って
ことなのかなあ
戦いを終えて
彼の本音、もしくは戦いを通して
変わったのか知りたかった

それでも最近観た映画の中ではかなり
良かったかな
久しぶりの私のFilmarks名作ライン
4.0採点の映画です
>|