ウォーリアーの作品情報・感想・評価

「ウォーリアー」に投稿された感想・評価

mayuchi

mayuchiの感想・評価

4.8
【2017年117作目】

14年振りにトミーは父親に会いにきた。
父親は思わぬ訪問に少し驚いたが、トミーを中に迎え入れた。
久しぶりに父親の家に入ると、部屋の様子が代わり、孫の写真がたくさん飾られていた。

その昔、トミーは母親と酒乱の父親から逃げたのだ。
その後の暮らしは酷く、母親は亡くなっていた。

一方兄のブレンダンは、現在は教師をしており、妻と子供に囲まれ幸せに暮らしていたが、サブプライムの影響を受け、家を失うかもしれない。
資金繰りに苦労していたブレンダンは、クラブの用心棒のバイトの代わりに、ローカルな格闘技の試合に出場し勝利する。
その事が学校にバレてしまい停職に。

ブレンダンは家を手放さない為に闘い、トミーは亡き海兵隊の友の遺された家族の為に闘う。

しかし偶然は時に残酷だ。
同じ「スパルタ」のリングに兄弟で上がるのだ。

お互い闘う理由は違うが、お互いの確執は少し話したくらいで何かが変わるほど浅くない。

同じ血が流れる拳がぶつかり合う・・・。

これはダメだ〜(T-T)
トミーはどれだけ、これまでに辛い思いをしたんだろう。
ブレンダンは一見幸せそうだが、内心は父親を許せていなかった。
兄弟間の確執、親子間の確執の両方があり、父親は辛い立場に追いやられる。

ホテルで父親が断っていた酒を呑んでしまったシーンでは、父親も辛かったのがよく出ていた。
どれだけ頑張ってまともになったとしても、息子達には辛く当られ、改めて自分の罪の重さに押しつぶされるのだ。
この時のニック・ノルティとトム・ハーディの演技が素晴らしかった!
もう号泣ですよ(;_;)
これ以降、ラストまでホント泣けます。

ジョエル・エドガートン、トム・ハーディ、ニック・ノルティの演技はもうヤバいくらい凄かった!
ただの格闘技のスポ根映画だと思われるでしょうが、もう涙なくしては観られない作品です。
私、格闘技は好きで、昔はよく観てました。
試合のシーンは、本当の試合を観ているような錯覚を起こすほどでした。

スポーツものとしても良く出来てますが、それよりもヒューマンドラマとして、しっかりと作られています。
見応え抜群で、見終わった後はどこか温かい気持ちになれ、余韻が凄かったです。

さて、トムハの話しを(´∀`*)
めちゃくちゃ体作ってましたね!
背中とか、格闘家も顔負けの筋肉でした。
かなりのトレーニングをしたんでしょうね。
もうとにかく、トムハがマジでカッコ良くてカッコ良くて、冒頭のトムハが、サンドバッグを打ったシーンは、思わず「カッコイイ〜(*´ω`*)」と声が出ました(笑)
YouTubeで本作のトレーニング風景があり観てみたんですが、なかなかパンチも重く本物の格闘家みたいでしたよ゚:*。(*゚д゚)ステキ*:゚


話しを戻して・・・。
とにかく本作は熱い格闘家のお話しだけではありません。
家族愛、兄弟愛を見せてくれるので、スポ根嫌い、格闘技嫌いな女性にもオススメしたいなと思いました。

本当に本当に最高でした!!
観て良かった〜ヽ(´▽`)/

しかし日本の配給会社の人は、大人の事情があるのは理解するけども、きちんと作品を観て、これは上映したい!と上に訴えかけるほど熱い人はないのかな?
本作がDVDスルーなんて有り得ない!
こんなにも名作を上映しないなんて、どうかしてるぜっ(´・ω・`)
トムハーディーがかっこよすぎて呆れる映画。このひと、やさぐれた感じが魅力だと勝手に思ってますが本作の役柄はその辺が全開です。お話は、元アル中の父親のせいで離散した兄弟がワケあって総合格闘技の大会で激突!というもの。家族のために戦う兄のジョエルエドガートンも戦う動機が純粋で応援したくもなりますが、弟のトムハーディは死んだ友人の残された家族のためという、私利私欲ゼロの任侠チックな動機。人によってはどっちに感情移入するか分かれるかもしれませんが自分は全面的に弟派でした。しかもこの弟、話が進むにつれいろいろな過去が明らかになります。それがまたかっこよさに輪をかけます。
大幅に時間を割いた格闘シーンはかなりの迫力。多少都合のいい展開にもなりますが熱いから全部許す!そんな気にさせる映画。
Keigo

Keigoの感想・評価

4.3
総合格闘技映画ってあまりないですが、すごく良かった!
昔、格闘技やってた者として、胸が熱くなりますね。
また始めたいなぁ…

#格闘技 #兄弟愛 #MMA #トムハーディ
maaaaaao6

maaaaaao6の感想・評価

4.1
めちゃめちゃ興奮したあ〜
兄弟の勝たなきゃいけない理由みたいなのが分かりやすくて気持ちいい。決勝戦は鳥肌止まらん。
リアリティのない設定と展開にツッコむのは野暮だ。
いやこのトムハかっこよすぎるな、かっけえよ、うわあ〜〜かっこいいよ〜〜〜〜。
Futa

Futaの感想・評価

3.5
兄と弟二人の視点から描くのでどちらにも共感してしまうのに、そこに父親まで乗せられたら。
監督の意図にまんまとハマってしまった。

面白かった。
naruchi

naruchiの感想・評価

4.7
正々堂々と戦う姿がカッコいい。
ハラハラしてしまう一本でした。
Superiron

Superironの感想・評価

5.0
やつを倒さないと、帰る家はない。

このレビューはネタバレを含みます

高校の物理教師 VS 海兵隊出身者ってだけでおもしろいのにさらに兄弟だっていうのがもう、ね、、、!!

孤高なキャラでやさぐれまくってるトムハーディかっこよかったけど殺意ギラギラでめちゃめちゃ怖かったです。

親父さんが過去の過ちを償って息子たちに歩み寄ろうと努力してるのに冷たく突き放されるのみててつらかった…。
ホテルのシーンでは普段拒絶や敵意しか見せないトミーの優しい一面が見れてグッときた👍

試合後、父と兄弟はどんな会話をしたのか、生徒や同僚から歓声を受けるブレンダンや、トミーのその後の処遇などなどみたかったけどあのままスパッと終わるのもそれはそれで良いね!
友人の勧め

格闘シーンも爽快かつアツい物があり、見てて楽しかった。

兄弟の対照的なストーリーが1つになるとき、殴り合いの中でも、家族の絆が表に出る。あれは殴り愛でした。

兄ブレンダンの奥さんテスが素敵で可愛らしかった。
はせ

はせの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

十数年ぶりに再会した兄ブレンダン(ジョエル・エドガートン)と弟トミー(トム・ハーディ)が優勝賞金500万ドルの総合格闘技大型大会に、男の意地をかけて挑む作品。
父パディ(ニック・ノルティ)は、酒に酔って暴力をふるって家庭を壊してしまった過去から、兄弟からなじられ睨まれいつもしょんぼりしていてかわいそうだった。自業自得かもしれないが。
二人のバックボーンや総合格闘技に挑む理由がま〜なんとも絶妙に入り込みにくく絡み合わなかったが、試合シーンがめっっっっちゃくちゃ盛り上がる。いつの間にか手に汗握ってブレンダンを応援しててもはや気分は校長先生。こんなに盛り上がったのは『インビクタス』以来だ。普段全然スポーツ観ないんだけど。やっぱりスポーツ格闘技映画は最高に美味。ベートーベンを感じろ!
そして何より今をときめくトムハーディの最高の演技。究極にやさぐれてミステリアスで孤独な男なんでファンは必見です。
>|