クリード 炎の宿敵の作品情報・感想・評価・動画配信

クリード 炎の宿敵2018年製作の映画)

Creed II

上映日:2019年01月11日

製作国:

上映時間:130分

4.0

あらすじ

「クリード 炎の宿敵」に投稿された感想・評価

abekonbe

abekonbeの感想・評価

3.6
何のために闘うのか、人間の成長の話。「ロッキー」よりも深みがあって現代風。スタローンもラングレンも味があって渋かった。
主人公クリードはロッキーのかつてのライバルで伝説のボクサー「アポロ」の息子である。
アポロはロシア人ボクサー「イワン」との試合で亡くなっており、本作品はクリードとイワンの息子「ドラゴ」との闘いを描いている。

本作品でクリードとドラゴは2度試合をする。
しかし、その2度の試合はクリードにとって全く意味の異なるものである。

この映画をみて、憎しみが努力のきっかけになることは必ずしも悪いことではないと思うが、どんな過去があっても、復讐が目的になってしまってはいけないと感じた。

ボクシング映画としての魅力だけでなく、クリードというボクシングヒーローの人間的成長、人生の教訓、親としての姿勢を学べるよい映画。

ロッキーシリーズ初めてだったけど十分楽しめた。
本日はまーきんさんが不在のため、私東京県知事小池レズ子がレビューの方を担当させていただきます。

まずは先日埼玉ハイパーアリーナで行われましたロッキーvsドラゴ戦についてオピニオンを述べさせて頂きます

あ、失礼しました。クリードvsヴィクター戦です。ミステイクしました。

再三にわたる大規模イベントの自粛要請を受け入れてくださらなかったのは誠に残念であります。

試合の様子をモニターでチェックしたのですがお互いの選手は非常にクローズな環境でパンチを出し合っており、これは濃厚接触になります。非常に危険なアクションでございます。

ここで都民の皆様にお願いしたいのがNO3密であります。
密室で
壇密と
秘密なことしたい

この3つをプロテクトして頂ければウィルスのブロックはパーフェクトでこざいます。以上でレビューをフィニッシュします。
kiyoki

kiyokiの感想・評価

4.5
もう完全に超王道、でもそれが最高に熱い。
シルベスター・スタローンが好きなので贔屓もある。1番盛り上がるところで1番最高のBGMがきてうおおおおってなる。テンション爆上がりです。色々な映画見てる人ならあーはいはいこれねーってなってしまうと思う。でもそこがいいんです。殴るシーンとかガチめに音が痛そうなので苦手な人は注意です。
1作目に負けず劣らず素晴らしい作品


ロッキー4の宿敵ドラゴの息子がアポロの息子と対決するという夢のような試合
前作同様、劇中には着飾らない等身大のアメリカが映されており、ジムや街の古びた感じがとてもロッキーシリーズっぽいです
また入場時の演出は凝っておりかなり興奮します!

ドルフ・ラングレンが好きな自分としては、冷徹なモンスターのドラゴが金や名誉じゃなく自分の息子の為にタオルを投げ入れたシーンで号泣でした!!
もう少しドラゴ親子の苦悩なども描いて欲しかったです!
ロッキー4を映画館に観に行って

ロッキーがドラゴに勝利した瞬間

客席から拍手が起きたのを

思い出した。
m

mの感想・評価

3.5
普通に面白かったけど
すごい感動は、特になかったな。
ロッキーファンは、たまらないのかな?

このレビューはネタバレを含みます

タイトルマッチで勝ちチャンプになる。
ロシアからの刺客ドラゴの息子が試合を申し込む。
クリードは試合をする事に決めたが負け戦だからとロッキーはセコンドーを降りる。
試合はクリードなすすべなく負けだったがダウン時に更に追い打ちをかけたためドラゴの反則負け。
1年後
arieslilly

arieslillyの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

クリード1が面白くて、2もすぐに借りてしまった!
王者になったアドニスが何のためにリンクに上がるのか、その意義を見つける話。
ドン底まで落ちたアドニスがもう一度立ち上がり、生まれ変わる!父になり、背負うものが多くなったアドニスにとってボクシングとは何か。人間関係も見どころの作品。
そしてテッサ・トンプソンの入場ソングが最高!あんなにかっこいい奥さん、ステキだと思う!
最後にロッキーが孫を訪ね、イワンとヴィクターが共にランニング、アドニス家族は3人でアポロのお墓参りへ…ただのスポ根映画ではなく、ハートウォーミングストーリーなのがよい。
風の

風のの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

いつものロッキーの続編。

つまりは、
ライバルが現れる
ライバルに敗ける
鍛え直す
ライバルと再戦
ダウンする
不屈の闘志で立ち上がる
気力だけで殴り合う
勝つ

つまりは、様式美。


本作は、ロッキー4の続編。
アポロを倒しロッキーに負けたドラゴが、
息子ヴィクターのトレーナーとして、
アポロの息子アドニスとそのトレーナーであるロッキーに挑む。
父子の物語。

ドラゴ (ドルフ・ラングレン)の表情は、グッとくる。
>|