クリード 炎の宿敵の作品情報・感想・評価・動画配信

クリード 炎の宿敵2018年製作の映画)

Creed II

上映日:2019年01月11日

製作国:

上映時間:130分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「クリード 炎の宿敵」に投稿された感想・評価

試合までは長い長い選手紹介VTRなんですね
陰気くさいし退屈だけど、最後のボクシングシーンのカタルシスでオールクリア、オールオッケー🥊

あの精密殺人マシーンだったドルフラングレンがジイさんになってて時の流れはおそロシア🇷🇺

息子は絞ったザンギエフみたいな髭男dism

クリードは大胸筋も僧帽筋も広背筋もデカい
まったくもってボクサーのカラダではないけど
三角筋もうちょいがんばれ

ロッキーの息子がイタリア系のイケメンだし、孫娘が超絶かわいい

このレビューはネタバレを含みます

お前の時代だ!

とにかく男の好きな映画。

クリード1よりさらにロッキーは脇に周り非常にいい味になってる。

クリードの親父を殺したライバルの息子が出てきて、負けて、修行して、リベンジという漫画の王道スタイルでわかりやすく観やすい。

クリードシリーズを観てから観たがロッキーを知らなくても熱くなる。
ただ、ロッキーシリーズから観ることがオススメです。
・ロッキー像とその階段
・アポロとドラゴ
・ロッキーのレザージャケットとボール
・エイドリアン、ポーリーのお墓参り
などなど、観ていないとわからない部分あり。

あと、最後に息子が出てきてよかったが、
渡したグローブのネックレスが出てきて欲しかった。(玄関にぶら下がってたり、孫が着けてたり…)
アドニス&ロッキーは前作に引き続き熱かった。けどドラゴ親子が良かった…!ロッキー観るかー
shin

shinの感想・評価

5.0
単なるロッキー4の流れかと思ったらめっちゃしっかり受け継いでるやん
宿敵同士の闘い素敵やん🤩
あのシーンであのテーマソングはずるいよ😭
ちゃんと子どもに関する重い内容も表現されてるから良き
ラストの試合だけでも見る価値あり!

ドラゴがすっかり老いてるかとおもいきや、めちゃくちゃクールでイケおじなっとるやん。ドラゴのかっこよさがしっかりと息子に受け継がれてるし最高
試合の終わりかたも素敵
コーチがいなきゃダメだということをちゃんと学べよ笑

ロッキーは全作品観なきゃダメ‼️絶対‼️
ロッキーシリーズ総じて大好きになった😍
こんなに体格差があっても同じリングで戦わなくてはいけないなんてあまりにもハード。ヘビー級、恐ろしすぎ。

前作では若干体の厚みにもの足りなさがあったマイケル・B・ジョーダンが、今作では完全にプロボクサーそのもの。特に背中と首の後の筋肉の鍛え方がすごい。

次作ではロッキーと決別とのこと。残念だけれど、どんな戦いになるのか楽しみ。
RYU

RYUの感想・評価

4.5
今回も熱い。

前作よりドラマの部分が濃くなってます。
守るべきものができたチャンプ、負けられない理由がある挑戦者。
前回からリングに立つ理由が変わってきていて、興味深いです。

目標に向かってひたむきに取り組む姿ってカッコいい。

僕も今から走ってきます。
peplum

peplumの感想・評価

3.9
クリード1作目が好きなのになぜか見れてなかった作品。むしろ1が好きだからこそ見れなかった。ライアン・クーグラーのファンだから監督変わったのも結構大きい。音楽は相変わらずルドウィグ・ゴランソンでよかった。
持たざる者の成り上がりが面白さの大部分を占めていた前作の続きなので当然持つ者になってしまう。それはいいんだけど序盤の展開にそんなに乗れなくてドラゴとの試合が終わってから本番って感じあった。加えてもっとロッキーと仲良くしてよ!と思った。和解展開はあるの分かるけどそれでももっとイチャつきを見せろと思う。荒野で野良トレーニングするところが前作で街中をバイク集団と共に駆け抜けていったような所と対比されてた。水中でのトレーニングがもがいてるように見えて映えてた。
ドラゴは体格は満点なんだけどセリフらしいセリフほぼ無いので張合いがない。もちろん体が出来上がってるからいいんだけど。
美しく仕上がってるマイケル・B・ジョーダンがホットで素晴らしかった。
テッサ・トンプソンとの夫婦芝居もいい。赤ちゃんを見つめて泣くシーンとてもグッときた。
ラストの試合であのテーマが流れたらもう勝ちなので熱い。
nozomi

nozomiの感想・評価

4.5
泣いた。それぞれの家族の戦い。ドラゴ一家も好き。ロッキー丸くなったなぁ。入場シーンとエンディングかっこよすぎだろ。キレッキレの肉体を魅せられて筋トレも捗る。

「俺たちはチームだ」
QOne

QOneの感想・評価

4.2
2019年元旦に観た。
胸熱の素晴らしい作品だ。

大ヒットしながらも作品評的には高くなかったロッキー4が30年の月日を超えて、ぐるりと伝説の系譜として名作に再構築された。

今回はロッキー以上にドラゴ父子の悲哀が胸に染みる。そして実生活でも関係入り混じるまさかのドラゴ妻、ブリジットニールセン登場や、スタローンの実生活で亡くした息子との写真、、虚実皮膜の悲哀アクションドラマ。

しかし、堂々としたアドニス役のマイケルBジョーダンのスター性と筋肉の凄みは半端ない。

テッサトンプソンの艶なかさもアップ。2人のドラマもまた深くなっているけど、リング入場時の歌姫化はやり過ぎか。

ドラゴ息子のヴィクターの寡黙な葛藤もいい。

サービス満開、見せ所詰め込んでおなか一杯な満足感を味わった。脚本、プロデュースにいるスタローンの徹底したサービス精神が隅々まで行き届いているのだろう。

クリード2はGWあけのボケボケした頭をシャキッとさせるカンフル剤としても最高!

たった2時間の熱いドラマ。見終わった後の満ち溢れた感覚。

絶望から立ち上がったクリードの闘志を心に再燃し、あのテーマ曲を流し、もう一度走り出そう。
jesus

jesusの感想・評価

3.7
師弟間のトラブルを乗り越えての強敵との戦い
ストーリーの時間割からある程度の展開は読めてしまうがそこは逆に期待してしまう

ロッキーの大人の対応が最高にカッコいい
>|