激戦 ハート・オブ・ファイトの作品情報・感想・評価

激戦 ハート・オブ・ファイト2013年製作の映画)

激戦 Unbeatable

上映日:2015年01月24日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.9

あらすじ

かつてボクシングのチャンピオンだったチン・ファイ(ニック・チョン)は、マフィア絡みの八百長事件に関与し、マカオでスポーツジムの雑用係として働いている。クワン(メイ・ティン)とシウタン(クリスタル・リー)という母子が住む家に間借りして生活していたが、母子は幼い息子をバスタブで溺死させてしまった辛い過去を持っていた。一方、ファイ同様、北京からマカオに流れてきたのがリン・スーチー(エディ・ポン)だ。元…

かつてボクシングのチャンピオンだったチン・ファイ(ニック・チョン)は、マフィア絡みの八百長事件に関与し、マカオでスポーツジムの雑用係として働いている。クワン(メイ・ティン)とシウタン(クリスタル・リー)という母子が住む家に間借りして生活していたが、母子は幼い息子をバスタブで溺死させてしまった辛い過去を持っていた。一方、ファイ同様、北京からマカオに流れてきたのがリン・スーチー(エディ・ポン)だ。元大富豪の息子だった彼は工事現場で働きながら破産した父親の面倒を見ている。人生をやり直すため総合格闘技で賞金を稼ごうとファイが働くジムに入門するスーチーは、そこで雑用係をするファイが元ボクシング王者と知り指導を仰ぐ。やがてふたりはタッグを組み、過酷なバトルに挑んでいく。スーチーとの激しい特訓の日々を送るファイは、クワンとシウタンの母子とも徐々に固い絆を結んでいたが…。

「激戦 ハート・オブ・ファイト」に投稿された感想・評価

てぃだ

てぃだの感想・評価

3.7
 こんな娘がほしいよ・・な映画笑。生意気で(ちょうどいい程度に)親思いで元気いっぱいで笑顔が素敵で・・もう辛抱タマラン(変な意味ではない)。激しいトレーニング場面や試合場面よりも主人公とこの子と母親が3人で楽しそうにしてる場面にとっても胸打たれた。雨漏りだらけの部屋だけれど、決して豊かな生活ではないけれど、血も繋がってないけれど、それでも「3人が家族だった」ひと時だけはほんとにまぶしくて最高。娘と二人で童話を演じるあたりのオチの付け所も泣いた。というわけで試合以外の場面がかなり浮いている気もするけど試合場面もガチです。「sound of silence」の使い方もこれ以上考えられないぐらい決まってる。かっこよ。
Shizka

Shizkaの感想・評価

2.4
いきなり展開が多くて感動できなかった。ストーリーが超展開していくならまだしも、主人公がコロコロ変わるのはどうなのか。

なんとなくビーストストーカーに似ている気もするが、戦うことで全てを解決するあたり美味しんぼみたいw

その戦いも所々ウソが見えていまいち。カメラワークと音楽でごまかしているので、熱くなれない
koshijin

koshijinの感想・評価

4.0
程よく内側からアツくなるこのロッキー感。ファイターにとって大切なことは戦う理由を忘れないこと。刺さりました。
TRB

TRBの感想・評価

3.8
落ちぶれたボクサー、どん底から這い上がろうとする青年、健気に生きる親子…

なんとなく観始めましたが、鍛えられた肉体と本格派の格闘シーン、そこに胸を打つ家族のストーリーにいつしか引き込まれていました。

世界的にも盛り上がりを見せるMMAの土壌を見事に見せてくれた秀逸な作品だと思います。

格闘技好き、家族もの好きにオススメ。
大きな声で言ってみろ!“できる”って!

みどころ:
同時多発カタルシス
コッテコテな胸熱演出
登場人物全員マジどん底
エンドロールお忘れなく
詰め込み過ぎてやや散漫
もっとコテコテでよかった

あらすじ:
元ボクシングチャンプだったチンファイは、ある事件を境目に人生転落の一途。職無し家無しで借金まみれの博打狂い。
富豪の御曹司だったチーは父親の破産で文無しに。稼いだ日銭を堕落した父親に酒で溶かされる、出口の無い日々。
夫に逃げられたクワンは、酩酊中に息子を死なせ精神を病む。幼い娘シウタンの介護無しには生活もままならない。
旧友のジムで働くことになったチンファイ、その門を叩いたチー、チンファイの居候先に住んでいたクワンとシウタン。今、ドン底たちそれぞれの“激戦”が始まった…!

チンファイ、チー、シウタン、クワンと四人もの登場人物がしっかりキャラ立ちしていて、各々の着地をカタルシスとともに決めます。特筆すべきは、ほぼ全員最初より状況が悪化してるのに前向きになれたということ。一口で言えば超熱いです。泣けます。

ただ一点。少し奇をてらったのか、各エピソードの順番がバラバラだったのが悔やまれます。そのせいで沸騰直前に少し冷まされるの連続となり、気が散ってしまいました。特にクワンとシウタンに関しては元夫の登場などまるまる要らず、ベタにエンドロールのアレを迎えればよかったと思います。

にしてもダンテ・ラム、やはり熱いハゲです。
特訓パート、熱量入れ過ぎて、下水コンクリビーチランニング、世界遺産四つん這い巡礼が見れる。
筋肉。
戦いの展開はロッキーを見ているような感じ。負けからのー勝ちー。
ディテールが気になってしまった。どーでもいーけど、雨に濡れたはずが次のシーンで乾いてた。時間が経ったんだと言い聞かせたけど気になった。
Hagiwara

Hagiwaraの感想・評価

3.5
ニック・チョン、エディ・ポン、ダンテ・ラムと言えば観ざるを得ない。 香港でブルーレイ買っていたのですが、まだ観ていないうちに日本公開したので、劇場で観ました。役者の肉体改造がスゴイ。
でもマカオであんなことやってんのかなぁ・・・まぁ香港人は総合格闘好きだよね。
mz5150

mz5150の感想・評価

4.0
香港一の演技派俳優だと思ってるニックチョンの凄まじい肉体改造に驚愕。ボクシング物と思ってたら総合格闘技だった。

前半はセコンド役で普通の体から、後半の肉体の仕上げぶりが凄すぎる。トレーニングシーンはロッキーリスペクトかな。過去に縛られた男の最後の挑戦、ラスト泣けた。
アクション映画ではなく完全にメロドラマ。MMAシーンもユルイ。
リアリティも薄く中国クオリティ。
>|