激戦 ハート・オブ・ファイトの作品情報・感想・評価

激戦 ハート・オブ・ファイト2013年製作の映画)

激戦 Unbeatable

上映日:2015年01月24日

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.9

あらすじ

かつてボクシングのチャンピオンだったチン・ファイ(ニック・チョン)は、マフィア絡みの八百長事件に関与し、マカオでスポーツジムの雑用係として働いている。クワン(メイ・ティン)とシウタン(クリスタル・リー)という母子が住む家に間借りして生活していたが、母子は幼い息子をバスタブで溺死させてしまった辛い過去を持っていた。一方、ファイ同様、北京からマカオに流れてきたのがリン・スーチー(エディ・ポン)だ。元…

かつてボクシングのチャンピオンだったチン・ファイ(ニック・チョン)は、マフィア絡みの八百長事件に関与し、マカオでスポーツジムの雑用係として働いている。クワン(メイ・ティン)とシウタン(クリスタル・リー)という母子が住む家に間借りして生活していたが、母子は幼い息子をバスタブで溺死させてしまった辛い過去を持っていた。一方、ファイ同様、北京からマカオに流れてきたのがリン・スーチー(エディ・ポン)だ。元大富豪の息子だった彼は工事現場で働きながら破産した父親の面倒を見ている。人生をやり直すため総合格闘技で賞金を稼ごうとファイが働くジムに入門するスーチーは、そこで雑用係をするファイが元ボクシング王者と知り指導を仰ぐ。やがてふたりはタッグを組み、過酷なバトルに挑んでいく。スーチーとの激しい特訓の日々を送るファイは、クワンとシウタンの母子とも徐々に固い絆を結んでいたが…。

「激戦 ハート・オブ・ファイト」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

 落ちこぼれたかつてのボクシングチャンピオンと総合格闘技を目指す若者がお互いの環境を打破しようと頑張る話。

 綺麗な映像の中を迫力ある格闘技のシーンが凄くて、さすがの香港映画でした。話の展開も落ちこぼれた人が再び這いあがろうとするのはエンタメとして王道の面白さでした。

 けど、主人公がかつて八百長してボクシングを追放された中年と父親との関係を修復しようとする若者のどっちに感情移入させようとするのかわからなくてイマイチ入り込めなかったです。
 
 若者の父親のことが描かれていくオープニングで、そこから中年のほうの借金問題や少女やその母親との交流が描かれていきます。この母親が障害を持っていてとかのくだりとかもはたして必要だったのかよくわからなかったです。少女の親権問題とかも描かれていくのとか少し退屈でした。
 主人公が出会って総合格闘技を目指すというのが本編だと思いますが、その格闘技の訓練とかも熱くていいのに、ほかのエピソードでそれが薄まってしまう印象でした。

 戦って、みんな仲良くして終わり。というのもなんだかなぁと思ってしまいますが、サウンド・オブ・サイレンスは名曲だなと改めて思える映画でよかったです。
くぅー

くぅーの感想・評価

3.9
ダンテ・ラム監督でニック・チョン主演で、激しく戦うってタイトルで、いつもの香港作品的なアクション満載かと思いきや、予想を裏切る感動的なドラマにやられちまいましたね。
訳あって総合格闘技に挑戦する中年元ボクサーの話で、王道のスポ根シーンにはやはり思わず力が入るが、それ以上に師弟関係やある家族との関係のドラマがジワジワ効いて来る。
そして、ポイントで流れる名曲♪サウンド・オブ・サイレンスのカバー…ズルい演出がハマる。
ニックの熱演はもちろん、エディ・ポンに子役のクリスタル・リーがいい。
腹筋バッキバキ。
なにがすごかったって、背筋からの正座!やってみたけどムリだったw
シウタンかわいかったな~
人生にどん詰まってしまった人々の再起の物語。
ロッキーの要素も含まれてるかなと思いきや、泣き笑いあり。
立ち上がり、這いつくばり、そして最後はハッピーエンドで終わり。
香港映画も中々やるなあと感じる作品。
クラゲ

クラゲの感想・評価

4.5
読書ノート[5]

「激戦 ハート・オブ・ファイト」観た。

筋肉に次ぐ筋肉。

男臭いけど、どこか女性的な目線それも割に腐い感じのが入ってて大変よろしゅうございました(笑)

大団円なので安心して観終われるし、エディ・ポン推しになること間違いなし。
Nozomi

Nozomiの感想・評価

3.5
ダンテ・ラム監督らしい
熱い漢たちの物語。

落ちぶれた者同士が
再生に向けひたすら努力する姿は
格好良い。

役者さんなのにあそこまで体仕上げるの
すごいな
子役の女の子も可愛かった。

ただ、終わり方が
もう少し捻りがあっても良かったな、
ということでこのスコア。
か、かっこ良すぎる!!!
こーいうの大好き!
エディ・ポンももちろん良かったけど、ニック・チョンが最高にかっこ良かった!
と、大興奮してますが、ニック・チョンを観るのはこれが初めて。。。
なんなんですか、この人。
元ボクサーですか⁈
いえいえ、俳優になる前は警察官だったそうです。
しかもお歳は40代後半に差し掛かっているそうです。
ですが、あの身体ったら本当に驚きです。

「戦う理由を忘れるな」
この映画の柱とも言える言葉です。
皆それぞれに理由あってチャンピオンに挑戦するのだけど、つらいトレーニングやリングの上で
自分を見失ってしまったら最後、負けてしまう。
これって日々の教訓としても使える言葉かも。
ニック・チョンの戦士としての姿も良かったけど、子役の女の子とふざけてる姿や「オオカミの役」が可愛かった。
やっぱギャップって好きだなぁ。

他にもニック・チョン作品を観てみたい。
と思って調べたら、たくさんあるではないですか。
もう時間が足りません。
睡眠削って映画観てる私って。。。
仕事辞めて映画に埋もれてしまいたい。
けど、明日は試写会です。
おやすみなさぁい。
risako

risakoの感想・評価

2.1
全く話が頭に入ってこなかった。
なんか格闘技の話。
とりあえずテレビつけたらこれやってた。
kyoko

kyokoの感想・評価

3.9
雨なので二本目のnetflixもスカッとするやつ。
ついでにダンテ祭三作目。

大事な人のために闘う男たちがとにかくかっこいい。
ビースト・ストーカーから続けてのニック・チョン。やはり良かった!
エディポンもすごいんだけど、ニック、46歳でこの肉体は凄すぎる。
(過酷な肉体改造で精神的にも不安定になり、一時は夫婦の危機まで噂されたらしい)

そしてまたもや子役シウタンが可愛すぎ。演じているクリスタル・リーは「ブラッド・ウェポン」にも出ているらしいので観るのが楽しみだ。
シウタンとチンファイの交流が闘いの合間のいいアクセントになっている。足踏みからのハグには泣かされた。
精神を病んでいる母親が眠る前の儀式「三匹のこぶた」も、お寒い感じになりそうなところをぎりぎりのところで踏みとどまっていた。(ただエンディングの三人はもう少しさらっとでも良かったかなあ~)

こういう映画には非常に珍しいサイモン&ガーファンクル「The Sounds of Silence」。悪くはないんだけど、二回流れるうち、一回は「ロッキー」的なアゲ曲でも良かったな。
北京語と広東語のクロスがリアル中国という感じで興味深かった。

そして思わず「高山もがんばれ~」と呟いてしまった。
ぺあの

ぺあのの感想・評価

4.0
何のために檻の中のファイトをするのか?というところはあるけど、それなりに感動もの。ニック・チョンの笑顔が良い。子役のクリスタル・リーも素晴らしいと思う。
>|