サウスポーの作品情報・感想・評価・動画配信

サウスポー2015年製作の映画)

Southpaw

上映日:2016年06月03日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「サウスポー」に投稿された感想・評価

Nobody

Nobodyの感想・評価

4.0
映画だし、最後の展開分かっててもめちゃくちゃ泣けた。
ボクシングは苦手で、ロッキーも個人的に苦手だなと思って、ジェイクギレンホールが大好きだけどボクシング映画は避けて通ってきたけど遂に観てみた。
痛いし暴力的だし辛いシーンも多いけどめちゃくちゃ感動した。彼の役作りもすごい。

上手く行ってる時は利害が一致してるから沢山人が集まる。落ちてる時にそばにいてくれる人は自分自身を大切にしてくれているから大切にするべき。まさにそれって思った。
ベターだけど、なんだかんだこういうの好きです。モチベーションになる。
そして、個人的には自分が坊主なので、主要人物のかっこいい人がほとんど坊主だったので、なんかやっていけそうな気がします。
心の中の中学生が最もテンションを上げて熱くなる映画の一本!

喧嘩っ早い性格のせいで天狗になったボクサーが人生のどん底から這い上がるお話
ただそれだけの話

この中に【娘との確執】【若いライバルの登場】【主人公の肉体改造シーン】【必殺技】etc
男の子ならテンション上がらないわけがない
ストーリーはベタベタな感じ。このジャケットで観た人はそれを欲してるだろうから結果良し👍
個人的には、レイチェル・マクアダムスとリタ・オラを拝めて満足。
ってか、リタ・オラ チョイ役過ぎるやろっ!
ジェイクギレンホールムキムキすぎやろ

どん底から再び這い上がるってゆうよくあるやつやけど感動した
ジェイクの身体凄まじいな。
試合もリアリティあってメチャクチャよかった。
佳子

佳子の感想・評価

3.6
冬休みから既にクリップしてある映画縛りをしてます📎(ただし劇場鑑賞は例外です)
どんどん観たい映画はふえるのですが、まずは今までの自分が観たい!と思った直感を信じ作品消化していきます😆
最終的にクリップ数は10本で固定したい!
今年中にできるといいな♪

ギレンホールが好きです。
もう、本作は身体の絞りっぷりが普通ではない。見所です。
毎日13キロ走り、腹筋を何百回もしたらしい。バッキバキもいいところ👍
ロッキーとチャンプと足して2で割ったような話で、普通に面白かったのですが、期待値には届かなかったかな〜という印象。

心から愛している大切な妻が死んでしまったのは自分の怒りがコントロール出来ないせいだと後悔し反省して、再帰をかけたリベンジ戦でフェアに闘ってる。
嘘ぉ⁉️そんな相手と試合組まれたら普通の人でも怒りで殺してしまうような気がする。リベンジマッチとかそんなマイルドな言葉で表される状況じゃないのでは?
「パパが死ねばよかった、大嫌い!」の娘の心の動きも唐突に感じてしまった。
母を亡くして父親が打ちのめされ死にたいとすら思っていたことは分かっている筈なのに。試合をみせないことに嘘ばっかり!ってなるのもいまいち分からん。母親がみちゃだめ!って方針だったからその意思を尊重しただけなのでは。なんか約束してたっけ?

施設育ちのボクサーっていう設定は、世界共通で大好物ですね🥊

2022-3
Xavier

Xavierの感想・評価

4.0
これはすべてを失った男の再生の物語…
怒りをエネルギーに対戦相手を倒すというスタイルでボクシング世界チャンピオンまで上り詰めたビリーホープ。
育ててもらった施設の寄付金を集めるパーティーで演説したビリーは、しつこく対戦を要求するミゲルの挑発に乗ってしまい乱闘騒ぎを起こす。そんな中、誰かが発砲し、被弾してしまった妻モーリーンが亡くなってしまう。
そして悲しみが癒えぬ中で行われた試合でレフリーに暴力を振るってしまい、1年間のボクサーライセンスの剥奪にあってしまう。そして更に悪いことに、ビリーの不安定な精神状態を危惧した裁判所から、娘・レイラの保護を判断、ビリーは一緒に住めなくなる。
何もかも失ったビリーは昔対戦相手のトレーナーだったティックの元を訪れ、過去の自分と向き合いながら、再びリングへ上がる道を模索していく…
ザックリ言うとストーリーはこんな感じ
映画の方の今年一発目のレビュー。
この作品は、"ある人"の半生をボクシングに置き換えて作られた作品です
"ある人"とは、なんとあの

"エミネム"だそうだ。

事件はビリーの短気さがもたらしたものだった。結果は、愛する妻の死…
酒に溺れ、薬物にも手を出してしまったビリー。

でも愛する妻が自分のせいで死んでしまったら、こうなるだろうなぁ…
自分を責め、死まで考え、誰に対して怒りをぶつければいいのかわからなくなる気持ちも解る

でもビリーには娘レイラがいる。
それを第一に考えるべきだった 。
更に悪いことに、ビリーは多額の借金(多分、ビリーが作った借金ではないようなぁ)の為、心の傷も癒えぬまま試合が組まれてしまう。
案の定、試合にはボロ負け…
ビリーにいい顔しか見せなかった、プロモーターやトレーナーは取って返すようにビリーの元から去ってしまう。

普通、ビリーの心の傷が癒えてから試合を組むべきなのに、金のため試合を組みやらせ、負けたら"ハイ、サヨナラ"って感じで去ってしまうなんて、余りにもビリーが可哀想だし、余りにもビリーに情が無さすぎる。
更に事件の元になったミゲルの方に行くなんて…
どういう神経なんだろう?
って思ってしまった。

途中までは、こんな感じでビリーが可哀想だったが、ティックがトレーナーにつきトレーニングが始まると"頑張れ!"って感じしかなかったなぁ…

話としてはベタなんだけど、良かったかなぁ…
それにしても、ジェイク・ギレンホールの体は凄かったなぁ…
長期のトレーニングの結果、あの肉体を手にしたらしい。
ボクサーの肉体にしか見えなかったしね
たかな

たかなの感想・評価

3.0
ドン底から娘のためにボクシングで立ち直る、ザ王道な展開で、王道過ぎるからこそ裏切られそうでラウンドを重ねる度にハラハラが止まりません。

再起にかけて、元王者がディフェンスを学んでいくという所も良い。
もちろんサウスポーへのスウィッチもグッときます。

そして何と言っても体の仕上がり具合が凄まじい!素晴らしい!!
けいと

けいとの感想・評価

3.8
この手のタイマン映画は
やはり見終わったあとに
あたかも自分にも腕力がついたと勘違いさせてくれる笑

エネルギッシュ映画でした!

金と数字に
取り憑かれるメディアや
揚げ足を取り合う民衆に
主人公がイカってました

欲を言うと敵役の
コイツ悪いなー感がもっと欲しかった!
>|

あなたにおすすめの記事