レイプゾンビ2 LUST OF THE DEADの作品情報・感想・評価

レイプゾンビ2 LUST OF THE DEAD2013年製作の映画)

製作国:

上映時間:67分

ジャンル:

2.0

「レイプゾンビ2 LUST OF THE DEAD」に投稿された感想・評価

ノッチ

ノッチの感想・評価

1.5
レイプゾンビシリーズ第二弾。

前作のラストで東京は北朝鮮から打ち込まれた核ミサイルで崩壊してしまった。

一方、レイプ魔化を逃れた童貞オタクたちはアキバ帝国を建設し、生き残った三次元女たちを掃討すべく、レイプゾンビを飼い慣らし、一帯を支配していた。

お色気シーンは思ったより少なめ。

こういった作品で期待してしまうのはやっぱり「お色気シーン」。

脚本そっちのけで濡れ場メインという「AVでやれ」的な作品より、適度なエロスが散りばめられた作品の方が嬉しかったりするのは何故でしょうか?

そういった意味では本作は適度にお色気要素が存在するバランスのとれた作品であるように思えました。

…とはいっても他作品より濡れ場が少なめというだけであって、一部過激なシーンが存在するので一概にセーフティーとも言えませんが…。
驚くべきは、カメラワークの荒さ、CGの雑さ、セリフの棒読み具合、どれを取っても格段に上がっているのだ!

え?劣化じゃん?

世界観が格段にわけわかんなくなってる。途中から自分が何をしているのかわけわかんなくなっていた。

3も見ようかな...笑
2は正直退屈やった。なんも得るものなかった ってつぶやいたら、監督から3見てくれってコメントがきた。
どんなメンタルしてんねん
邹启文

邹启文の感想・評価

3.3
レイプゾンビ
侘び・寂び・萌え

割とマジでレイプゾンビ舐めてた(これは性的な意味ではなく作品の批評的な意味です)
1の方は見ていなかったので光る赤ちゃんとかわからなかったし死体みたいな女性もわからなかったし設定から見て童貞オタクがリア獣のセックスを見て楽しむって設定がどうも気に入らなかったけど実際見て見たらこれが爽快感が半端ないの!(特に「5000円なんかただの小遣いだが200万円といえば年収だ、歴史の重みが違う」って言うシーン←これが全てを語ってる)
個人的には映画内で稀にある哲学的意味も込めた演説は大好物なので途中の演説シーンは私的トップ12に入る演説シーンでした。
でもまあせっかくその中で攻め受けレズビアンをだしてその層を喜ばせるくらいなら劇中内に出る正常男子をホモゾンビにしてその系のホモのレイプゾンビを何人か出して草食系男子を目的とするガチ攻め系ゲイ専男子を観客層に巻き込めばいいのになと思ったけどそこまで書いたらってレビューを書く自分の性意識、性差別意識もわかるのかなぁって。
でもまぁ3に続くのは不満だししかもそれを次回予告で全てバラしちゃってるのも減点でした。
あとメイキングにノーマン・イングランドの名前がありましたがそれは
まとめ
私はこれまで色即是空であったとわかって嬉しい限りです
ちゃむ

ちゃむの感想・評価

1.0
今回は、カメラワークに酔いました

そして、女性…軍人ケツきたなっ
前作に比べカメラワークが『REC』みたいで酔う。
デタラメ?な哲学は面白かったです。
nori007

nori007の感想・評価

3.0
今作は2と3が前編後編となっているので、二作同時に観ないと意味がありません。

物語は、前作で崩壊した東京では新たなグループが組織されていた。
非モテのためにゾンビに感染しないアキバ帝国と、女性だけで構成されるアマゾネス軍。
ゾンビをめぐってこの二組の組織が対立するのだけど、ここでも前作同様ロジカルな展開があります。さらに今回はワードが画面を流れるので、メッセージも受け取りやすいです。
あいかわ優衣もターミネーターとなって、ちょっぴり笑えるます。
なので2である前半部分はかなり面白いのですが、3である後半部分は乱戦となるだけで、ストーリーはほとんど進展せず、なおかつ中途半端。持ち味であるロジカルな展開もなし。
なので3はかなりの不完全燃焼。