少女生贄のネタバレレビュー・内容・結末

「少女生贄」に投稿されたネタバレ・内容・結末

パッケージの
んぼぼぼぼ
がずっっと気になってた作品。

内容全く知らずに見たけど、牧師の一家が都会から片田舎に越してくる。

その田舎、一見穏やかだが実は秘密があり、

なんと遠くからきた一家の一人を悪魔の生け贄にして、悪魔に乗り移らせ、家族を殺させる、んで最後の生き残りの血を持って、また悪魔を地獄に返す。

というものらしく、主人公の妹が生け贄に、主人公が最後のひとりに選ばれたのでした。
迫り来る悪魔の描きかたとか、効果音が呪怨ぽくて、少しジャパニーズホラーを彷彿とさせるところもありましたが、うーーん。
一番えってなったのは、主人公と、彼氏と、弟と車で逃げてるとき、主人公と彼氏が外に出る→弟は車内。迫り来る悪魔。「早く車に戻って」と弟が叫ぶも二人はなかなか、戻らず→業を煮やした弟が車を降りて民家に助けを求める→悪魔が来てることに気づいた彼氏と主人公、弟を残して車に乗り込み、逃げる。
えええええええてなったわww
友達とGEOに行った時にジャケット見てゲラゲラ笑ってクレしんのボーちゃんのイントネーションでンボボボボォォ…って言い合ってた。それくらいインパクトあるジャケットなのは良いがいかんせん内容が…。

家族全滅。こういうのって小さい弟は助かるのが常じゃん…と思って悲しくなりました。
部屋真っ暗にして観たけど終盤の教会のとことか画面真っ暗すぎて何も見えなかったし何なら反射した自分が映ってる方が怖かったです。
ミイラ化した母ちゃんはインパクトあります。
テンポの悪い展開がひたすら続く上、全く怖くない。最後は暗過ぎてなにも見えん。結局ノアは役立たずだし弟は見殺しかよって感じ。この展開でラスト、家族を皆殺しにされた主人公が村人側になる理屈が分からん。評価悪いから覚悟はしてたけど、時間の無駄でした。
日本版のジャケットがひどいが
まあ可もなく不可もなくだが
家族を犠牲にされて
ノアも最後食べられたということは
自分もいつかノアの役をやるということで
キングスマン牧師や住人たちに殺意は湧かないのか?
もう少し住人達が犠牲になって欲しかった

クライマックスが暗すぎて見えない!
何が起こってるのか分からない!
2018年89本目

ンボボボボォォで有名なジャケの映画。可も不可もなく普通の海外ホラー。ちなみに全く怖くない。儀式に選ばれた理由は語られないので謎のまま終わるけど、ラストは上手く作られていた。
閉塞的な村が舞台のクトゥルフ神話リスペクトっぽい作品。
前任の神父が村の過去を仄めかす発言をいくつかしているけど、そんなものには耳を傾けずにンボボォな村のゆるキャラの活躍を見ているのが楽しかった。

人には勧められないけど個人的には見ていてどこか心地良さを感じられた作品でした。
ただ、弟をおいてけぼりにするシーン。
あそこはあまりに間抜けで,もうちょっとやりようがあったんじゃないかと思ってしまいました笑。
ど〜んくら〜い😢 (エンディング)

うん..ワガママ姉ちゃんがやらかしたおかげで、弟くんが可哀想すぎる😢
いくら映画とはいえ子供が襲われるシーンは胸が痛みますね😓

母ちゃんも 父ちゃんも 弟くんも『ンボボボボオォ😱😱😱』の餌食に..。

字幕で観たけど吹き替えのンボボボボオォも気になりますね😱

オチの羊が2匹w

ミュージシャンの方がプロデュースしてるだけあって音楽や視覚効果の雰囲気が良かったけど説明不足な部分が多すぎて内容が分かりにくいのが残念。

評価低いけど個人的には面白かったです。
内容もほとんど怖くないのでホラー初心者の方にオススメです。
ある町に地獄の門があり、悪魔への生贄、それは永遠に繰り返される…的な話。

悪魔への生贄、地獄の門を閉じる為の生贄など、選ばれた家族には色んな役割があるようで、一家を皆殺しにするのか⁉︎と思いきや、家族の1人だけは生かしておく感じ?

地獄の門を最初から開かなきゃいいじゃん!とか、生贄を捧げないと、何が起こると言うのか?
その辺が曖昧。
しかも町の人達がかつての犠牲者みたいな感じ。

街ぐるみでやってるから、逃げ場がない。
結局、主人公も次に犠牲になる一家を待つ事に。

ある種、カルト宗教集団みたいだな。
得体の知れないモノに追われる恐怖は多少あるが、ストーリーはイマイチ。