中島みゆき 劇場版 ライヴ・ヒストリー 2007-2016 歌旅~縁会~一会の作品情報・感想・評価

中島みゆき 劇場版 ライヴ・ヒストリー 2007-2016 歌旅~縁会~一会2022年製作の映画)

上映日:2022年01月21日

製作国:

上映時間:85分

ジャンル:

4.4

「中島みゆき 劇場版 ライヴ・ヒストリー 2007-2016 歌旅~縁会~一会」に投稿された感想・評価

shoken

shokenの感想・評価

4.9

このレビューはネタバレを含みます

『家なき子』も『聖者の行進』も『プロジェクトX』も自分にとっては人生のバイブルなので、中島みゆきはやっぱり特別な存在だと感じます。

いくつかのライブの切り貼りなので仕方ないことですが、ラストにかけてもっと畳み掛けてくるような構成だったらもっとよかったなと思い、マイナス0.1点とさせていただきました。
歌とかは5億点です。
ぽんに

ぽんにの感想・評価

4.5
ドキュメンタリーだと思ってたけどライブ映像だけの映画だった!けど大満足!
歌上手い歌手なんて腐るほどいるけど直接心に呼びかけるような、聞き手を奮い立たせるような音楽こそ本物だと思える、そうはっきりと気づかせてくれた、そんな時間を過ごさせてもらいました。
たまたまベストアルバム借りて聴いてた中学生の頃思い出した、全く世代じゃないんですけど地上の星とか宙船とか、聴いたこと誰でもあるやんて曲から知らなかった曲までどれもが新鮮に思えたの、懐かしい
そっから15年くらい経ったけどたぶん何十年経っても色褪せない感じが流石だなって思う、特にファイトを聴いた時の衝撃がすごかった、CMとかで前向きな曲みたいに使われてるけどそんな簡単なメッセージじゃない
とりあえずめちゃくちゃ良かったので、Spotifyで聴こ〜て思ったけど無かった〜
歌で感動させられるってなかなかないと思ってるけど
中島みゆきの声にはそれができる力があった。
コンサートチケットは高嶺の花で入手困難な所で、コロナ禍。コンサート自体が無くなっていたので、映画館で観賞しました。
入場料は高いと思って居ましたが、満足できました。
桃龍

桃龍の感想・評価

4.0
レコードで言えばベスト盤だね。大満足。
ただしベスト盤は2枚組が多いのに、たった83分なのが不満。
みゆきさんは昭和のままの美しさ。まるでサイボーグ。今のうちにモーションキャプチャとっておいて、そっくりのロボットを造ってほしい。
いや変な言い方になったけど、もちろんいつまでも歌ってほしいし、もっと新曲も聴きたい。
2022-01-23記。
名曲によるライブ映画。。
選曲が素晴らしく、泣ける。。

あらためて、歌詞の奥深さを実感。。
大画面でのみゆきさんの美声は感動もの。さらに109南町田の新しいサラウンドシステムで聴けたことを幸運に思う。

ただ楽曲が流れているのに感動するのは作るプロセス、演者の情熱があるからこそだろう。
miki

mikiの感想・評価

4.0
全部歌えるくらいファン。ライブ映画は前にもあったと思うけど、これに何千円か払うなら次のライブを待とうと思って行ったことはありませんでした。しかし今や次のライブなんてあるのか状態。大画面、大音量で体にも響き、2800円の価値はありました!途中何度も涙が出ました。
「糸」「時代」「ファイト!」「地上の星」「麦の唄」「宙船」「空と君のあいだに」「世情」などなど…ファンでなくてもおそらく聞いたことがあるであろうセットリストで大満足。衰えない力強い歌声はもちろん、ライブならではの豪華な演奏に感激しました。

メロディーもいいけれど、やっぱりダイレクトに心に響く歌詞がいいよなぁ。
いつも「自分がネイティブイングリッシュならもっと映画を楽しめるんだろうな」と思っていたけれど、今日ばかりは日本語ネイティブであったことに感謝しました。

2,600円と他の映画よりちょっと値が張るけれど、ライブ抽選の超激戦や、DVDを買っても一度きりしか見ないこと等を考えれば、充分に価値がありました。

歌詞に合わせてマスクの中で口を動かして、楽しみました。
あっ、東京で、みぃ猫さん🐈👩が泣いている、『ザ・ビートルズ Get Back : ルーフトップ・コンサート』のレビューに於いて💧

オイラ🐱も、ビートルズの名曲🎵で泣(鳴)きたいよ~ って事で博多の、映画館📽️を検索したが、2月13日が最終日で、ソールドアウトだった😹( ;∀;)💧

中島みゆきのライブ映画を、やっていたので、代わりに観てきたぉ、今日、午後イチで🐱🎵→夕方🌇から夜勤🌃🏢ですf(^_^)


♪空と君とのあいだには
今日も冷たい雨が降る

●中島みゆきとオイラ

ザ・ベストテン🍅は良く観ていたが、中島みゆきさんは、ベストテンに入っていても、テレビに出なかったよなぁ。
当時は、フォークソングとかロックの大物はテレビに出ない主義の人が多かったので、だから、全盛期の画像は余り知らない。ユーミンはわりとテレビに出ていたなぁ

ラジオで『中島みゆきのオールナイト・ニッポン』は、ちょくちょく聴いていたよ、午前1時から2時間。中島みゆきのラジオの声は歌唱の時とは違って、ファニーな声だった。話しの発想がユニークだったな、後、恥ずかしがり屋さんなのかもと思ったよ

因みに、『ビートたけしのオールナイト・ニッポン』も別の曜日にやっていて、これは毎週の様によく聴いていた。午前1時から、たけし、午前3時から『谷山浩子のオールナイト・ニッポン』。寝るのが午前5時から🛌💤

んで、仮眠して、高校に行っていたので、しょっちゅう遅刻したよ~(^_^)/w
友達から「パケたん(仮)🐱は、遅刻が多すぎる、王のホームランよりペースが早いやん。」などと言われて、結局、校長室に呼ばれて注意⚠️を受けたよ😹😹
よく、卒業出来たなぁ😇 成績は校内ではトップクラスだったけどさぁ

なので、谷山浩子さんのライブ映画が観たいのだが、或いは彼女の映画📽️なら、オイラ🐈も涙ちょちょぎれていたと思うけど、同じYAMAHAの中島みゆきたんなので観たわけさ。2600円の贅沢だぉo(^o^)o

あと、「ビートたけしのオールナイト・ニッポン」も聴き倒していたので、たけしの感性が理解出来ていると思っている
ので、北野武の映画📽️も深読み出来そうなわけですよ(^_^)/🎵🍫


さて、この映画の話し

調べてみれば、中島みゆきたん、1952年生まれって事で、めっちゃ若く見える✨✨ めっちゃ歌姫👗✨✨ 白い✨✨

映画📽️は過去の三つのコンサートライブ映像を、新しく編集したもの。音が凄く良くて、楽しめたよ🐱🎵

♪楽曲

1 糸
2 宙船(そらぶね)
3 ファイト/
4 誕生
5 地上の星
6 空と君のあいだに
7  ゝ
8 時代
9 倒木の敗者復活戦
10 世情
11 ヘッドライト・テール
12 旅人の歌
13 命の別名
14 麦の唄
15 浅い眠り
16 ジョークにしないか

なので、中島みゆきのお顔、余りテレビで見なかったので、今回スクリーンで拝めて感動したよ(^_^)/

中島みゆきって、瞳に少し青色が入っているね。良く云えばちょっとした、ニコール・キッドマンだよ🎵 北海道出身なので、ロシアの血が混ざっているのかなぁ。白人顔なので、『何がジェーンに起こったか』の頃のベティ・デイビスにも見える瞬間が怖いけど、それも含めてキレイはキレイ✨✨ オイラ🐱より年上なのか❗ ラジオ聴いていたから、そらそうだよね(゜o゜)\(-_-)w

圧倒的な声量と、様々な声色のコラボで凄かったなぁ。ピンヒールを👠はいた脚が長くて艶っぽくて、遠くから映したら、少女👧にすら見える。歌の上手さから美空ひばりに被って見えたよ。長時間観ていたら、段々と惚れてくるよ、オイラ🐱😻

観客にお辞儀の仕方も、丁寧で心がこもっていて超一流だよ🎵 大地と母性に包まれる感じがした🐱😻

あかん、趣旨が違ってきた、谷山浩子と、みぃ猫さん🐈👩に謝ります🙇‍♂️💦💦💦

今回の様に、まぁたまには、映画館📽️で映画以外を観る、歌舞伎とか、演劇とか、オペラとか、のもいいかな~って思いました。
他の趣味と比べて、安い方だしね🐱


♪闘う君の唄を闘わない奴等が笑うだろ
ファイト🚩🚩 ←可愛い声、前半の歌詞が怖いよ((( ;゚Д゚)))


♪縦の糸はあなた 横の糸は私 ←しみるわ😹😹


2022年映画館鑑賞 16本目
2022年鑑賞    22本目
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品