タイムリミット-72/72時間 タイムリミットの作品情報・感想・評価

タイムリミット-72/72時間 タイムリミット2015年製作の映画)

AWOL-72

上映日:2015年02月17日

製作国:

上映時間:81分

2.3

あらすじ

コンラッド・ミラー(ルーク・ゴス)は愛する彼女ローラとの生活の為に、かつての海軍の仕事から離れようとしていた。 しかし、コンラッドには海軍からのAWOL(無断離隊)の疑いがあり、ロサンゼルス市警のアダムス(RZA)とロシアの捜査員クシュコがコンラッドの身の回りを調べ始めていた。コンラッドがアメリカ軍に関する重要な機密を知り、それをロシアの不法なバイヤーに売るのではないかと目を付けられていたのだ…

コンラッド・ミラー(ルーク・ゴス)は愛する彼女ローラとの生活の為に、かつての海軍の仕事から離れようとしていた。 しかし、コンラッドには海軍からのAWOL(無断離隊)の疑いがあり、ロサンゼルス市警のアダムス(RZA)とロシアの捜査員クシュコがコンラッドの身の回りを調べ始めていた。コンラッドがアメリカ軍に関する重要な機密を知り、それをロシアの不法なバイヤーに売るのではないかと目を付けられていたのだった。クシュコは危険な男マイロンを雇い、コンラッドを追わせるが、それに気付いたローラがアダムスと共にコンラッドとマイロンの行方を追いかけ始める。

「タイムリミット-72/72時間 タイムリミット」に投稿された感想・評価

米軍の機密情報を持ち出した疑いの男が、ロス市警やロシア情報局から追われるクライム・アクション。あまりタイムリミットという切迫感はない。結局何が重要なモノかも不明。AWOL(無断離隊)。妊娠検査薬。レイエズ・クリーク。モルディブ銀行カード。財産回収班。
てるる

てるるの感想・評価

1.5
えーと、どうしよう。
マジでつまらなかったです。

無断離隊したルーク・ゴス。
なんだかよく分からないけど72時間の猶予があるらしい。

どうも軍隊とかスパイの世界に嫌気がさして妊娠した恋人と逃げる計画なのは何となく分かる。

たぶんあれかな、途中で予算足りなくなって最後まで撮影出来なかったのを何とか無理矢理編集したのかな。

そう思っちゃうくらい適当なラスト。

一応何かオチらしきものが明かされるけど、何がオチなのかも分からない。

デスレースハゲことステイサムの後釜に抜擢され、次世代ハゲの星になるんじゃないかと目された程のアクション俳優ルーク・ゴス。

こんなん出てたらあかん!

RZAもボキーム・ウッドバインもどうした?
海軍だの軍隊に馴染みのない日本人には少し理解しづらい内容かも。狙われてるので当然逃げるのだが至る所でトラブルに巻き込まれる、でもなんだかんだで切り抜けちゃう主人公。運がいいんだか悪いんだか…。
ラストシーンも平穏では終わらないみたいなので、こういう星の下に生まれた人なんだろうな、この人は。
今朝早く目覚めて、たまたま鑑賞

主演のルーク・ゴスは、あのハゲと遜色のない動きでカッコよかったけど、予測不能な展開というより、次から次へとトラブルに巻き込まれるが、グダグダな展開。

主人公のコンラッドは、簡単に捕まったり、自己中心なところが垣間見れたり、ダイハードほど正義感がある訳でもなく、共感が持てず。

B級感丸出しで、残念!
コンラッド・ミラーは愛する彼女ローラとの生活の為に、かつての海軍の仕事から離れようとしていた。しかし、コンラッドには海軍からのAWOL(無断離隊)の疑いがあり、ロサンゼルス市警のアダムスらがコンラッドの身の回りを調べ始めていた。やがて彼らは危険な男マイロンを雇い、コンラッドを追わせるが…。究極の駆け引きが繰り広げられる、ノンストップ・クライム・アクション。(by.Amazon) ……という内容だったんだと、紹介文を読んで初めて理解したのはワタシだけでしょうか? イヤ、実はまだ理解してないけど……そうだっけ? 感満々なんだけど……。
 ともあれ、コンラッドがどうして無断離隊容疑かけられてるのか判らなかったし、それでロシア人がしゃしゃり出てきてるのも、地元警察の下っ端と組んでるのかも判らなかった。ローラが重要なポジションにいるらしいのにソレっぽい表現は誰だかの台詞だけ (オチにはちゃんと出てきてるけど) ……途中で出てくる人身売買業者とグルになってる警官のエピソードも、サブネタの割には喰い込み過ぎてて紛らわしいし……とにかく、コンラッドが正義感溢れる男だというコトはかなり伝わった……むしろ、ルーク・ゴスが監督のお気に入りだというコトは無駄なほど判ったけど、だから何? なレベルのオチにしてどうするとしか……。
 とにもかくにも、キーアイテム (本作ではUSBメモリ) の正体はきちんと説明するべきだ、と強く感じたそんな一作。
ryuto

ryutoの感想・評価

1.5
恋人との静かな生活を望んだだけなのに、米軍の最高機密を手に無断離隊したと目をつけられた男。ロス警察、ロシア当局、危険なヒットマンからの逃走劇が始まる。
hokori2710

hokori2710の感想・評価

2.3
ストーリーが掴めず中途半端なまま終わって残念。テンポがよくて見やすくはあった
MaruFuku

MaruFukuの感想・評価

1.9
デス・クルーから引き続きのクリスチャン・セスマとルーク・ゴスのコンビ。
いやー本作は本筋からの脱線感がすごい!

妊娠した恋人と新たな生活を始めるため海軍の仕事から抜けようと機密情報を持って無断離隊して取り引きに向かおうとするコンラッド・ミラー(ルーク・ゴス)を、あのウータンのRZA扮する地元警察やロシア人が追うというプロットだったが、途中ついつい人助けして無益なトラブルを引き起こしたり、そもそも機密情報ってなんやねん?とかなんで無断離隊なん?とかほとんど答えず。

ルーク・ゴス本人は演技としても下手というわけでは決してなく、これはもう作品に恵まれなかったなぁと。
元海兵隊員のミラー(ルーク ゴス)が機密情報を握り、それをロシアに売ってしまうのではないかと警察に追われるというもの。

これぞB級中のB級アクション映画!!!

B級なのに、意外と筋が通ってる!
セクシーシーンはちと物足りないが、アクションシーンや裏を匂わせる話の進め方はよくできたと思う!

恋人の女がただの恋人ではなく、元軍隊?かなにかの人だったのかな?ミラーと協力して敵を倒してたから、、
そこの説明がほしかった。

ラストの、お金受け取ってあっさり終わりかと思ったら、遠くのほうから銃向けられてて、、そのあとが気になるけど終わり。

ハゲのアクションスターはやっぱり無敵じゃなくちゃね☆
風来坊

風来坊の感想・評価

2.3
米軍の機密情報を巡って、軍人の男とロス市警、ロシアの捜査官、謎の殺し屋など入り乱れての駆け引きが展開する犯罪サスペンス。

B級映画界のジェイソン・ステイサムことルーク・ゴスが主演。
B級映画にしては主人公の目的などをぼかしたりと凝った造りになっています。
ただそれが少しまだるっこしくて序盤から中盤までは退屈です。B級アクション映画に善悪のハッキリした単純明快なものを求める私には合わなかったですね。
アクション映画というよりはサスペンス色の方が強い内容。

アクションは派手さはなく泥臭い感じ、役者の動きに切れは無いけど見せ方が上手くて良い感じになっています。
人の顔の事は言えませんが、出てくる女優陣が一人も美人所が居ないのは残念ですね。ヒロインなんかニヤケ顔が鼻について仕方無い。

スッキリしないけど、それなりには楽しめる映画かなと思います。
>|