「ゆずり葉の頃」に投稿された感想・評価

◯◯◯御用達。

岸部一徳は何を考えているのかわからない役どころの方が魅力的、と再確認。
人の良いマスターでは、魅力半減。
ゆっくりとした時間、出会う人が皆優しく、素敵でした。
なんと。料理に絵画に景色にオーベルジュ!渋いキャスティングにダメ押しはピアノのBG。最初から最後まで静けさ漂う、それでいて心動かされる一品でございました。
2015.9.12@川崎市アートセンター(53)

ほろ苦くても忘れられない思い出は、きっと誰にでもあるんだろう。歳を取って、それを愛おしく思い出せたら、とても幸せだと思う。

飴玉。オルゴール。キラキラ星のダンス。
あまり頭に入ってこなかった。どこに気持ちを持っていけばいいのやら。
>|