ガジニ(原題)の作品情報・感想・評価

『ガジニ(原題)』に投稿された感想・評価

eri

eriの感想・評価

4.5
こんなお話:
医学生のスニーター(ジア・カーン)は、脳の研究のために前向性健忘症であるサンジャイ・シンハーニア(アーミル・カーン)のデータを検索しようとするが、担当教授に刑事事件に関わるとしてやめるよう指示される。スニーターは独自にサンジャイに接触を試みる。
サンジャイは15分毎に記憶を失うが、写真やメモ、自身へのタトゥーにより、自身の使命を見失わないようにしていた。即ち、愛する女性・カルパナー(アシン)を殺害したガジニ・ダーマトマ(プラディープ・ラワット)への復讐である。
サンジャイはかつて大手通信会社エア・ボイスの社長で飛ぶ鳥を落とす勢いに乗っていた。カルパナーは売れないモデルで、ひょんなことから自分はサンジャイ・シンハーニアの恋人だと吹聴する。会ったこともないのに!と抗議するため、売れない俳優サチンと偽ってカルパナーに接触したサンジャイは、彼女の弱者に対する優しさや明るさに次第に惹かれていった。

良かったところ:
物語の描き方は緻密で、サンジャイの生き様をつぶさになぞるかのよう。彼の幸せ絶頂とそれを粉々に破壊されるシーンのコントラストはキツすぎて鑑賞後は重々しい気持ちになること間違いないでしょう。
サンジャイ役アーミルの筋骨隆々な肉体は素晴らしい。"Fanaa"の後で撮ったのがコレだそうですが、肉体改造の鬼か?カルパナー役アシンはどうしたって可愛いです。ありがとう、可愛い女は可愛い。
なお映画の構成は複雑です。
現在(2008年)のスニーター視点、サンジャイ視点、ガジニ視点、サンジャイを追う刑事視点に加えて
過去(2006年)はサンジャイの日記なのですがサンジャイ視点、カルパナー視点、ガジニ視点が入り混じって物語が進みます。
カルパナーが死ぬことは最初からわかっているのに、心優しくアクティブな彼女が生き生きと映画の中を駆け回る様は見ていて結構ツラい。
過去のサンジャイもまた、仕事一筋から彼女に惹かれていくところは、現在のやつれ切った彼を見た視聴者には終わりの近い幸せを追うようでキツいところがあります。

もう少し!なところ:
話が丁寧なのはいいですが、端折ってもよかったかもしれません。長く複雑なストーリーは一度の視聴で完全に理解するのは困難です。私は3回観てやっと全体像を把握できました。
ただ、さすがアーミル・カーン主演作といったところ。社会派の作品とも言えるでしょう。
タミル映画のリメイクだそうですが、アーミルがメガホンを取ることはなく主演のみとなったのは少し残念かな。
スニーターはキーパーソンなのだからもう少し目立ったほうがわかりやすいと思います。
m

mの感想・評価

3.8
切ないストーリーのインド映画

アーミルカーンの演技はほんとに凄いな。どんな役でもやってのけちゃう。"現在"の坊主のシーンと"過去"のシーンで表情違いすぎて別人

インド映画は好きだけどやっぱりちと長いなぁ〜笑
Mana

Manaの感想・評価

4.0
カルパナが綺麗すぎる
個人的にはインド映画の音楽そこまで抵抗なく見てこられてたけど、この映画の音楽はあまりすきじゃなかったな〜
インドの国民的人気俳優アーミル・カーン主演。圧倒されながら「これがインド映画か!」と思った。一見、2000年のクリストファー・ノーラン監督の『Memento』と同じ、15分ごとに記憶を失う人物の話なのだが、あえてそこを主観的に見せることをしないで、かわいそうさを倍増させる装置として使った。主人公が、恋人を殺される前の姿と後の姿で完全に別人なのだが、その演技があまりにもすごくてひたすらそれに尽きる。前者の幸せと能力と人格の彼と、復讐の鬼と化した後者の彼の対比が涙を誘う。すばらしい大作だ。
こゆり

こゆりの感想・評価

4.0
今年夏頃に見たのに記録漏れ〜
noteからコピペ。

***
インド版北野武映画!
(たけし映画見たことないけど

若くしてこんな壮絶な人生を送るなんてなんともはやな主人公。その過去と現在は相互にリンクするものが多く、精緻なストーリーラインでした。さすがはアーミルカーン様、とも言える完成度の高さ。色んなアーミルカーンの顔が見られてとてもよきでした。ダンスシーンは、「急にどこに行った?」とツッコミたくなる謎の場面展開ではありつつも、美男美女を拝める艶やかな踊りが魅力。最後の場面のアーミルカーンの無敵ぶりは爽快で、愛はまじ最強、な男っぷりでした。(映画とはいえ、あんなに暴力ふるいまくったらいくらなんでも刑務所行きじゃないの?と心配になるほどに。)
Hissan

Hissanの感想・評価

4.8
こんなに面白いのに日本語字幕版出てないの勿体ない、、英語字幕で見た🥺 主人公の記憶が15分でリセットされる。色んなアーミルカーンを見られて大満足映画。3時間もあるけどそれを感じさせないくらいしっかり話が作られてて面白かった。復讐映画と恋愛映画を二本同時に見た感覚〜。端的に言うと悲しい話

みんな話してる途中に急に英語に切り替えて話し出すシーンが割とあるんだけどインドでは割とそうらしい。びっくりした
Yuki

Yukiの感想・評価

-
アーミルカーンの演技力が全てを物語る。
主人公を悪役にしきらない分かりやすいストーリーだけれど、社会問題、インドの現実への問題提起を挟み込むのが流石。
冒頭から迫力があり、一瞬で引き込まれる。
2020/099作品目
□物 語 ★★★★★ ★★★★
□配 役 ★★★★★ ★★★★
□演 出 ★★★★★ ★★★
・テ ン ポ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
・喜怒哀楽 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
・ドキドキ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
・雰 囲 気 ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
・エンディング ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
□映 像 ★★★★★ ★★★
□音 楽 ★★★★★ ★★★
顔タ

顔タの感想・評価

4.1
『メメント』をリメイクした映画をさらにリメイクした映画らしい。
ラブコメ映画と復讐映画を同時に見た感じで満足感がすごい。アーミルカーンの、大会社のCEOから全身タトゥーのムキムキ復讐鬼への変わりっぷりがすごい。
英語字幕で。

2本立てを一気に見た感じ
どっちかに絞ってくれた方が良かったかな。
これはアーミルさんを愛でる映画やね。

筋肉のせいでフレンチスリーブに見えるスーツ姿のアーミルさん
恋する可愛いアーミルさん(一番好き)
もはや人じゃないアーミルさん
そんなアーミルさんとの恐怖の鬼ごっこ

どのアーミルさんが好きですか?
>|

あなたにおすすめの記事