殺人者の記憶法の作品情報・感想・評価

殺人者の記憶法2017年製作の映画)

살인자의 기억법/Memory of a Murderer  

上映日:2018年01月27日

製作国:

上映時間:118分

あらすじ

アルツハイマーになった元連続殺人犯の男ビョンス。接触事故で偶然出会った男テジュから異様な雰囲気を感じたビョンスは、彼も殺人犯であることを直感する。警察にそれを告げるが、実はテジュこそが警察の人間であり、誰もビョンスの話を信じない。ビョンスは自らテジュを捕らえようとするが、アルツハイマーによる記憶の喪失とも彼自身闘わなければならなかった。そうしてまた始まった連続殺人事件・・・これはやつの仕業なのか…

アルツハイマーになった元連続殺人犯の男ビョンス。接触事故で偶然出会った男テジュから異様な雰囲気を感じたビョンスは、彼も殺人犯であることを直感する。警察にそれを告げるが、実はテジュこそが警察の人間であり、誰もビョンスの話を信じない。ビョンスは自らテジュを捕らえようとするが、アルツハイマーによる記憶の喪失とも彼自身闘わなければならなかった。そうしてまた始まった連続殺人事件・・・これはやつの仕業なのか?

「殺人者の記憶法」に投稿された感想・評価

Xx

Xxの感想・評価

3.8
ストーリーは邦画に近いと思った。
この映画の良いところは愛がある。
20180103鑑賞。テーマはダークだが面白い。事故の後遺症か、アルツハイマー状態になったソル・ギョング演じる過去の殺人者が、自分と同じ匂いのする若い男と交わり、すぐに消えてなくなる記憶を駆使しながら連続女性殺人事件の真相に迫るが。。体重を削ぎ落として臨んだ主役のソル・ギョングもいいし、安定で定番のオ・ダルス演じる警察の上官がいい。ハングルの"殺人者"が"サリンジャー"と聞こえて、そのたびにJ.D.サリンジャーを思いだしちゃう。
ne22co

ne22coの感想・評価

4.0
2017年 100作品目 試写

原作読みたくなる!
かなり序盤から分かりやすく話しが展開して引き込まれ、最後の最後まで結末が見えない感じで楽しめる。

描写もかなりリアルでやり切ってる感。日本の映画ではなかなか見れない怪奇さが良かった。

ソル・ギョングの役作りはダラスの時のマコノヒー並み(いや、アクションとか全部含めたら超えるんじゃないか)で、ゾッとした。身体壊さないでね、、、と切に思ってしまう。でもそれくらい、人生捧げてる演技が観れます。
minizakura

minizakuraの感想・評価

4.0
東野圭吾風なストーリーでなかなか良かった。
ツイストが効いてるし役者は揃ってるし。
ソルヒョンのキャスティングで色々言われていたけど個人的にはうまく演じれてたと思う。

どっちだろう、こっちか、あぁーやっぱりあっちかと、ずっと緊張感を持って最後まで飽きなかった。

おススメ!
機会があれば本も読んで見たい!

20171114
韓国
アルツハイマー病を患う連続殺人鬼役のため体重を16㎏落として挑んだというソルギョングが凄すぎる。主人公の記憶の錯乱がミスリードを誘発するストーリー展開も素晴らしい。特に後半は画面に釘付け。結末が異なるらしい監督版も観たい!

2018/11/3 鑑賞
まあ予想通りという感じ。だけどやっぱり韓国映画の不気味な雰囲気が大好きだと実感した。キムナムギル、この役の為に体重増やしたらしいけど、こっちの方が全然かっこいい。オダルスも良かったー!
痴呆症を患うかつての連続殺人犯が、新たに現れた連続殺人犯と対決するというとんでもない映画。コメディではなくシリアス。激ヤセしたカメレオン俳優ソル・ギョング先輩がすんでの所で忘れまくってヤキモキ!そして安定のオ・ダルス!これは怪作だ!!
アルツハイマーを患う元連続殺人者の視点からストーリーが進むが その妄想と現在の描写が互いに遮る事なく進むのが面白くもあり複雑でもあり。
ラストシーンで冒頭部に戻るが、何が真実なのか再度考えさせられる。原作は設定がやや異なるようなので日本語で読んでみたい。
〈台北にて〉
filmoGAKU

filmoGAKUの感想・評価

3.0
【記録】us. 8 sep. 2017. in korean
>|