殺人者の記憶法の作品情報・感想・評価

殺人者の記憶法2017年製作の映画)

살인자의 기억법/Memory of a Murderer  

上映日:2018年01月27日

製作国:

上映時間:118分

あらすじ

アルツハイマーになった元連続殺人犯の男ビョンス。接触事故で偶然出会った男テジュから異様な雰囲気を感じたビョンスは、彼も殺人犯であることを直感する。警察にそれを告げるが、実はテジュこそが警察の人間であり、誰もビョンスの話を信じない。ビョンスは自らテジュを捕らえようとするが、アルツハイマーによる記憶の喪失とも彼自身闘わなければならなかった。そうしてまた始まった連続殺人事件・・・これはやつの仕業なのか…

アルツハイマーになった元連続殺人犯の男ビョンス。接触事故で偶然出会った男テジュから異様な雰囲気を感じたビョンスは、彼も殺人犯であることを直感する。警察にそれを告げるが、実はテジュこそが警察の人間であり、誰もビョンスの話を信じない。ビョンスは自らテジュを捕らえようとするが、アルツハイマーによる記憶の喪失とも彼自身闘わなければならなかった。そうしてまた始まった連続殺人事件・・・これはやつの仕業なのか?

「殺人者の記憶法」に投稿された感想・評価

minizakura

minizakuraの感想・評価

4.0
東野圭吾風なストーリーでなかなか良かった。
ツイストが効いてるし役者は揃ってるし。
ソルヒョンのキャスティングで色々言われていたけど個人的にはうまく演じれてたと思う。

どっちだろう、こっちか、あぁーやっぱりあっちかと、ずっと緊張感を持って最後まで飽きなかった。

おススメ!
機会があれば本も読んで見たい!

20171114
韓国
アルツハイマー病を患う連続殺人鬼役のため体重を16㎏落として挑んだというソルギョングが凄すぎる。主人公の記憶の錯乱がミスリードを誘発するストーリー展開も素晴らしい。特に後半は画面に釘付け。結末が異なるらしい監督版も観たい!

2018/11/3 鑑賞
まあ予想通りという感じ。だけどやっぱり韓国映画の不気味な雰囲気が大好きだと実感した。キムナムギル、この役の為に体重増やしたらしいけど、こっちの方が全然かっこいい。オダルスも良かったー!
痴呆症を患うかつての連続殺人犯が、新たに現れた連続殺人犯と対決するというとんでもない映画。コメディではなくシリアス。激ヤセしたカメレオン俳優ソル・ギョング先輩がすんでの所で忘れまくってヤキモキ!そして安定のオ・ダルス!これは怪作だ!!
メイ

メイの感想・評価

3.5
アルツハイマーを患う元連続殺人者の視点からストーリーが進むが その妄想と現在の描写が互いに遮る事なく進むのが面白くもあり複雑でもあり。
ラストシーンで冒頭部に戻るが、何が真実なのか再度考えさせられる。原作は設定がやや異なるようなので日本語で読んでみたい。
〈台北にて〉
filmoGAKU

filmoGAKUの感想・評価

3.0
【一言】いつも韓国映画に映る風景、あれっ日本?って錯覚する。

【放言・雑記】でも、大陸の端っこで生きてきたあのねっちこさは、我々には到底及ばない。呑気でずぼらな中に人間としての原点のようなものがしっかり生きていて(描かれていて)、圧倒される。

【記録】us. 8 sep. 2017. in korean.
Atomy

Atomyの感想・評価

3.0
韓国映画への愛がやまず、とうとうソウルで映画館デビューしました!!
ちなみに韓国語を一言も話せないので、映画を選ぶ〜チケットを買うまで一苦労。

ポスターが一番異様(褒め言葉)だった映画を選んだらこれでした。
ちなみに韓国版のポスターはフィルマークスに登録されているイメージとは違うもの。



かつて殺人の衝動を抑えきれず次々と罪を重ねていったビョンスは、今やすっかり生気のない初老になっている。記憶も怪しくなっていて、警察のお世話になることもしばしば。そんな彼には美しい娘がいる。

ある日、彼は森で若い男に出会う。まるで、昔の自分を彷彿とさせるような。
そこから錆びついた記憶が蘇り始める。同時に封印されていた衝動も。
彼の唯一の意思は「娘を守ること」。そしてそれすら。


なかなか面白かった!
自分の記憶の曖昧さを活かした展開に手に汗を握る。主演の俳優の演技もあつい!
ストーリーよし、俳優よし、でも監督は△かも。。。

イカれた目をした主演が映るポスターの雰囲気とは裏腹に、映像は鮮明で明るくてかなり商業的なイメージ。薄暗さや埃っぽさがなくて、私にとってはなんだか物足りなかった。

そしてセリフの多さよ。。それでも中盤まではなんとかついていけた。でも、最後。最後の最後にひたすら喋る!!ずっと気になっていた謎がそこで解き明かされていたっぽいデス。

というわけで、オチが不明という不完全燃焼な映画鑑賞体験になりました。
映画館を出た後もまわりから韓国語が聞こえてきたのには感動。外国での映画鑑賞は病みつきになります。


ところで英語のタイトル"Memory of a murder" は、ポン・ジュノの"Memory of Murder"(殺人の追憶)ともろ被りしてる。どう見ても敵わなそうだけど、これでいいのかしら。