殺人者の記憶法の作品情報・感想・評価・動画配信

『殺人者の記憶法』に投稿された感想・評価

m

mの感想・評価

3.9
こわすぎ!後味悪いし1人でトイレ行けなくなる
結局あれはなんだったの?ってなるところ多々あったけど、そういう系好きだから面白かった。考察サイト見て勝手に私の中で完結した!
hi

hiの感想・評価

3.6
アルツハイマーの殺人鬼と、サイコ殺人鬼との攻防戦。
記憶が混濁し幻覚も見てしまうビョンスに感情移入し、最後までハラハラした。

また、どちらも幼少期に親から虐待されてきた過去を持つ似た者同士なのが良い味を出していた。
しかし憎い父を殺して以来己の正義の名のもと様々な殺人を続けてきたビョンスと、憎い母親に少女を重ねて殺し続けるミンテジュ、どちらが正しいわけでもない。
よりマシな殺人鬼はどちらか、という議論ならなんとなく前者を選んでしまいそうになるが、殺人は殺人である。
その辺の受け取り方は慎重になりたいと思う。
tama

tamaの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

アルツハイマー×殺人者って設定が気になり視聴
主人公目線で話が進んでいくため途中訳が分からなくなる。
ラストは見事に騙された。ただ可哀想な警官
ビョンスを野放しにしちゃったのは恐ろしすぎる
だれの、どの、いつの記憶と説明が正しいのか。
2時間この問いの回答を探し続ける話なので、
観客もエネルギーをしぼりとられる。

しかも女性の連続殺人という重たいテーマであるし、
あまりコンディションがよくないときは避けた方がいいんじゃないかな。

主役3人はそれぞれリアルとは別人格を作らざるを得ないので、
大変だっただろうなと感じた。
娘は後半泣いてばっかで気の毒。
所長はフラグが立ちっぱなしだが、ちゃんと回収してて笑った。
momo22

momo22の感想・評価

3.5
後味悪く印象深い。
サイコホラーサスペンスとしてとても楽しめた。
面白い。同時上映の新しい記憶を観るべきか…
ネタバレ知ってるだけに観ない方が良さそうだ。
ゆうと

ゆうとの感想・評価

3.5
殺人者の考えは殺人者ならわかる すごいな

認知症、俺もなりそうだしそうなったら怖いな、そうなっても優しく誠実に対話して欲しい 現実を教えて
認知症の人の記憶なので、全てが怪しい。何処までが本当で、何処までが妄想や幻想なのか?観ていて混乱させられる。認知症設定なので、結局どうにでも転がるし、信じられないよな?と思ったら、何か入り込めませんでした。
娘と2人で暮らす獣医のビョンスは、実はかつて連続殺人鬼だった。アルツハイマーを患い、日常生活もままならない。娘のウンヒに言われ、毎日の出来事をレコーダーに録音していた。ある日、車で接触事故を起こし、偶然出会った男テジュに自分と同じ目つきを感じたビョンスは、彼もまた殺人鬼であることを確信するのだった。




ネタバレ↓




記憶の怪しいビョンスの目線でストーリーが展開するので、観ている側も解らなくなる。何が現実なのか、妄想なのか?失われて行く記憶の中で、身体に染みついた殺人の記憶だけが残り、娘をも殺してしまうかも知れないと言う恐怖。そんな中、娘に迫る危険を回避するため、ビョンスは、テジュを殺す。
結局、最近の連続殺人の犯人はテジュで、認知症のビョンスに罪をなすりつけようとするお話。
簡単に言えば古い連続殺人鬼vs新しい連続殺人鬼で、古い方は記憶生涯があるが、経験の差で新しい方を絞め殺して、勝利したって、話。結末がもう一つあるらしいので、この後、早送りで鑑賞します。なんせ、設定に無理があると言うか、好みじゃなかった。そもそも認知症の人の言ってる事が本当に正しいのか疑問。勿論、少しずつ記憶がなくなって行く病なので、平常の時も沢山あります。だけど映画内のビョンスの頭の中は、記憶障害と妄想が酷かった。姉は亡くなっていましたからね。こんな状態の人を信じろと言うのか?答えのない映画って事なのか?んー、私はそう言うつもりで観てないんだよね。
韓国映画、やっぱり向いてないかも?ホラーや胸糞実話系は、面白いと思えるんだけど、サスペンス、アクション、ドラマ系は、合わないのかも知れない。
プア

プアの感想・評価

3.8
「殺人者の記憶法」「殺人者の記憶法:新しい記憶」設定も脚本も面白いし、出演者の芝居もいいし、ハラハラだけでなくコミカル要素も含め見応えあった。
何が真実なのか。
ラストを2パターンにしたのも面白い。
私は1の方が好き。
韓国映画レベル高い。
ROY

ROYの感想・評価

3.7
法で裁けない悪を自らの手で葬り去っていた彼だったが、ある事故がきっかけでアルツハイマーになってしまう。一人娘に支えられながら生きているが、ある日車の事故で出会った青年を彼は直感的に同じ殺人鬼だと感じた。しかしアルツハイマーの彼の話を本気にしない周りな上に、彼自身も本当にそうなのか分からなくなっていってしまう。

ジャンルはサスペンス。
真犯人を知っているかもしれない人物がまさかのアルツハイマーというなかなかぶっ飛んだ設定だが、それを存分に使った作品でなかなか楽しめた。
真犯人がその男なのか、彼なのかも結構グレーでそこも良かった。
そしてキーはやっぱりボイスレコーダーだよね。
このアルツハイマーな雰囲気は「ファーザー」に近いものがあった。
ラストの肉弾戦はちょっと長かったかな。

20221025.0406.1355
>|

あなたにおすすめの記事