ティンカー・ベルと流れ星の伝説の作品情報・感想・評価

「ティンカー・ベルと流れ星の伝説」に投稿された感想・評価

まぁ

まぁの感想・評価

3.6
「ティンカー・ベル」のスピンオフのような作品…☆

動物の妖精フォーンと護りの妖精ニックス、そして…大きな動物ビーストを中心に
物語りが進んでいく…*

「外見で判断しないこと」…かな…伝えたかったこと…♡

フォーンもニックスも…自分の役割…「正しいこと」をやっている…
だから…どちらにも感情移入が出来て…(涙)

ラストは…このシリーズで初めて…泣いた…(涙)
あの描写は…胸が苦しくなった…(涙)

…1000年に一度…ビーストの役割…
妖精たちの「優しさ」にも…涙…(涙)

悪者が出てこない…だから、安心して観れる…♡
心潤う…優しい作品だった…(o^^o)
Saki

Sakiの感想・評価

4.0
いやほんま泣いた泣いた
ティンカーベルシリーズで1番感動した(;-;)
なんかほんま動物ってかわいいな。笑
大葉

大葉の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

あの動物めっちゃかわいい!!!
フォーンめっちゃ自由な考え方で好奇心旺盛でええな!
色々トラブル起こして人に迷惑かけるかもしれんけど自分に正直なのはいいことだと思う!
しかもそれを悪いとちゃんと理解してるし!

邪魔ばっかしとったのに感謝だけかよwww

展開早めだけどそれがいい感じ!
ヘタに長い映画より全然いい!!
ティンカーベルはあんまりでてこないけど自分は気にならなかったかな!

すごい動物的な動きをしててそれが良かった!!
一挙放送やってたのでつい観てしまった
これは1番真面目な感じ
malina

malinaの感想・評価

-

シリーズ完結!動物の妖精フォーンが主役なのが新鮮で良かったです ♥
koya

koyaの感想・評価

4.0
ティンカー・ベルのシリーズは2017年現在、6本あって、これが最新の映画です。
各季節で最初の4本、そしてティンク以外の妖精が主人公になったものが2本。
今回は動物の妖精(animal fairy)のフォーン。衣装のカラーは茶色です。
ピクシー・ホロウ(妖精の谷)では基本的には小動物しかいないのであまり大きな獰猛な動物はいないのですが、夜空に緑の彗星が飛び、伝説の巨大生物、グラフが眠りからさめる。

まぁ、大体、ピクシー・ホロウにトラブルが起きて、危なくなりその危機を脱するという大筋は前作と同じになってきました。
それでもこの色の世界や妖精たちが仕事を分担して生活している、ピクシー・ダストと呼ばれる空が飛べる金色の粉、この世界が私は大好きで、ストーリーが何であれ、楽しんでしまうのです。

今回は、最初は排斥されそうになるグラフとフォーンの友情に涙が出ちゃいました。こういう話に弱いのね。
ティンカー・ベルは妖精たちの一人であって脇役です。
主役はフォーン。

私が好きなのは二作目の秋『月の石』と四作目の冬『輝く羽の秘密』
で、私がもし妖精になれるとしたら、これは、動物の妖精、animal fairyですね。
次は作られるのかなぁ。また、物つくりの妖精、ティンクがやらかしてくれると楽しいけどね。妖精たちも、気の強い妖精もいれば、ボーイッシュな妖精などなどキャラクターもよく描き分けられていました。
好きだなー、この世界。
ればこ

ればこの感想・評価

5.0
吹き替え版鑑賞。

ティンカーベルシリーズの中で1番好きな作品です。
何回観ても最後の方で泣いてしまう。

楽曲もすごく良いです。オープニングも、エンディングも。エンディングの曲なんて歌詞とストーリーがリンクしていて、聴くだけで涙が出ます。


…なんか泣きおばさんみたいなレビューだなこれ。
SHOTAISM

SHOTAISMの感想・評価

3.0
坂本真綾が良い!

妖精の世界観が可愛らしくてほっこりする作品でした。

子供向けですが程よく緊張感もあり、そのそこ楽しめたのでシリーズ全てチェックしてみます
月猫

月猫の感想・評価

4.8
ティンカーベルシリーズの中で一番感動する、暖かい作品だった!!
今までのティンカーベルシリーズの中で一番すき!

グラフとボーンの徐々に仲良くなっていく描写が丁寧だったし、ストーリーも良かった。

ティンクが友達思いの妖精って感じで描けてて好印象。
>|