ティンカー・ベルと流れ星の伝説の作品情報・感想・評価・動画配信

「ティンカー・ベルと流れ星の伝説」に投稿された感想・評価

み

みの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

グラフがどうしても危険そうに見えるから最後にティンカーベルを救ったことを知ってごめんねってなった、、、。タイミングよく?ティンカーベルが目覚めてくれてよかった!

しかも元々妖精たちを守るための生き物だったなんて!みんなが目撃したおかげで次に目覚める時はみんなに優しくしてもらえるね🥺
見た目が怖くてでかいし無愛想だから偏見を持っちゃった。フォーンと心を通わせることができてよかった。

謎なものって怖いよね。

せっかく最後にみんなの誤解が解けたのにグラフは眠る時が来てしまって、でもその時は敵として見ていた妖精たちもみんな見守ってくれてた。めちゃ泣いた😭
Dlove

Dloveの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

モフモフの大きい子がひたすら可愛い。ラストの終わり方が何か好き。もう会えないのかもしれないけど過ごした時間は無くならないもんね、涙流れたわ
も

もの感想・評価

2.4
ビーストがちょっと気持ち悪くて感情移入できぬまま終わった。
正しいことをしてくださいっていうワードが結構パワーあるよなと思った。
守ることも闘うこともお互いから見たら正しいし本当にそういう場面に出くわしたらどうすべきだろう、、と本編外れて考えに浸ってしまい気づいたらエンドロールだった。
おはる

おはるの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ティンカーベルシリーズ現時点では最終話。
今までのテイストと打って変わって泣ける話…

今回は、ティンカーベルのお友達の中でも
わたしの推しのフォーン(ずっとポーンって聞こえてた笑)がメインの物語。

最初の方の3匹のウサギにぴょんぴょん飛び教えるところ可愛すぎた🥺
最後の子人間みたいにあるの可愛すぎ笑

物語は、緑色の彗星が落ちてきて大きな身体の謎の動物が目覚めるお話。
ティンクに似て好奇心旺盛なフォーンは、
唸り声を確かめに行って大きな謎の動物と会う。

名前はグラフ。石をずっと集めて党にしてて、怪しいと思った守りの妖精🧝🏻‍♀️(色んな種類の妖精がおるし、守りの妖精はやっぱりみんなかっこいい)は、図書館で色々調べることに。
ピクシーホロウを滅ぼすかもしれないと思った彼女は捕まえることに。
捕まえても緑の雷は一向に治らずにもうダメかと思ってたところ、フォーンはグラフがピクシーホロウを滅ぼすんじゃなくて雷を集めて守ろうとしてるということに気付き
一緒に雷を吸収しに。

無事に緑の雲は晴れ雷も無くなって、通常の生活に戻って楽しく過ごしてたけど、クラブの様子が変で役目を終えて冬眠することがわかった。

最後のフォーンとクラブの別れのシーンが切なく悲しかった…
そして終わり方がディズニーらしからぬ感じで斬新だったな。
面白くも切ない映画でした。
mis

misの感想・評価

4.3
ええこんな終わり方あるの、、悲しすぎる、、( ; ; )

2022 22本目
これはもう号泣
今までのティンカーベルシリーズは結構笑えるところが多かったりするけどこの映画は泣かせにきてる
ティンカーベルシリーズ6作目にして最終作。

また、本作を最後にディズニートゥーン・スタジオは閉鎖された。

内容は急にマーベルのようなシリアス系に転換。妖精の世界に1000年に1度訪れる滅亡の危機。世界滅亡を防ぐために妖精たちが奮闘する。今までの作品との毛色の違いに驚かされる。

話としては面白いが、ティンカーベル、妖精の世界、という枠組の中でやる必要はあったのか、疑問に思うところではある。

【ティンカーベルシリーズおすすめ順】
5海賊船>3妖精の家>>4輝く羽>6流れ星>>(おすすめしない)>>1>>>(最悪)>>>2月の石
偲

偲の感想・評価

3.2
動物担当の茶色の妖精が主役のお話で番外編みたい、ティンカーベルはあまり出番無し。
魔獣を助けて友達になるやつ、最終作でそんな悲しい終わり方しなくても...って感じ。
心優しいフォーンの新たな一面が見られた!🐣

ちょっぴり自分と似ている部分あって
心を優先しちゃうの共感できた笑

グラフかわいい。
【シネマレビュー】
物語:★★★★★
笑い:★★★★
感動:★★★★★
興奮:★★★★
映像:★★★★★
音楽:★★★★★
>|

あなたにおすすめの記事