モンスターズ・インクの作品情報・感想・評価・動画配信

モンスターズ・インク2001年製作の映画)

MONSTERS, INC.

上映日:2002年03月02日

製作国:

上映時間:92分

3.9

あらすじ

「モンスターズ・インク」に投稿された感想・評価

bebeeboow

bebeeboowの感想・評価

4.0
これは日本語吹き替えの方が良い!
石ちゃんと爆笑問題の田中の掛け合いもマッチしてて。大好きな作品
ng

ngの感想・評価

4.0
小学生の頃に「面白いから見て」と言われて親友ちゃんのお家で観た記憶🎦
その思い出効果もあるのか、モンスターズインクは結構好き。
ちゃんと面白かったしね✨

因みにどっちがサリーでマイクか未だに分かってない。
水色がサリーで緑がマイクかな?
まどか

まどかの感想・評価

3.8
モンスターズインクが男2人の子育てものだとは誰も教えてくれなかったんだが?!想像してた話とは違ったけど面白かった。サリーめちゃくちゃ可愛いし、マイクはこのポジティブさだからうざいのに嫌われずに済んでるんだろうな……いいコンビだ……
扉に掴まるジェットコースター絶対作るべき。

このレビューはネタバレを含みます

最高!めっちゃいいね!
カラフルでファンタジーでドリームでわくわくでハラハラで、楽しかった〜!!
モンスターズインクっていう会社のコンセプト面白いし、モンスターたちが個性的でカラフルで楽しいし、場面いろいろ変わるし、ディテールも凝ってるし、これぞディズニーに求めるものって感じ!
カラフルで盛りだくさんでそういう点ではCocoみたいかも!
もうモンスターズインクの世界だけで1つテーマパーク作れちゃうね。やー楽しかった!
サリーが終始いいモンスターで心温まった。
英語版鑑賞。
タロ

タロの感想・評価

4.6
『MONSTRES, INC./モンスターズ・インク』

モンスターと人間の子ども、掟を超えた愛情___

モンスターワールドでは、強面モンスターたちがドアを通じて人間世界に侵入し、子どもたちを脅かすことでその悲鳴を集め、それをライフライン等、彼らの世界における種々のエネルギーの源としていた。モンスターズ・インクで働くサリーは、社内でもトップの成績を上げるエース。相棒のマイクと共に新記録樹立も目前に迫っていた。そんなある日、マイクから報告書の提出を依頼されたサリーが、仕事場に向かうと、白塗りに花がイラストされたドアがぽつんと一つ。気になったサリーはドアを開けて様子を確認するが、、モンスターも子どもの姿も見えない。少し不思議に思うもドアを閉めたサリーの尻尾を楽しそうにいじっていたのは紛う事なき、”人間の子ども”だった、、

ちびっこの時にいっぱい観た作品を長い時間が経ってからまた観ると、あの頃とはまた違ったワクワク感があって楽しい。話の流れとか結末は分かってるけれど、「ランドールはそんな思惑があってブーに目をつけてたんか」とか「話の途中で、ちゃんと笑いが悲鳴に変わるエネルギー源になるって伏線あるじゃん!」とか全然違った楽しみ方ができて面白かった!これを機にピクサー映画またハマりそう。
と、同時にこんな展開があったらって思うことも。劇中では、テレビゲームの普及等で、子どもたちが簡単には驚かなくなり、それによるエネルギー不足に陥っているということだったのだが、それに対抗してモンスターたちが特別何か、対策を打っているというわけでもないように見えたので(サリーは吠えるだけで十分怖いけれど)なんか、各々のモンスターが試行錯誤しながら脅かしに行ってるとことか観てみたいと思った。

終始、サリーとマイク、そしてブーの掛け合いが楽しくて、愛らしい!ランドールもちょこちょこカワイイんよなあ。
「人間の子どもの悲鳴がエネルギー源」の社会で、モンスターと言えば怖い存在!として象徴的に描かれたサリーとトーク力と笑いのセンスで周りを楽しませるマイクのキャラが活きる「人間の子どもの笑いがエネルギー源」になった社会とで、それぞれに見せ場があったのがすごくよかった。
kyo

kyoの感想・評価

3.5
女の子可愛すぎるし感動した🥺
単純過ぎないから面白かったなり
あやり

あやりの感想・評価

4.0
ぶーみたいににゃんにゃん言うてたらもうそれでええ世界線どこ。
暇

暇の感想・評価

4.8
見た目怖いのに怖がりと見た目怖くないのに怖いもの知らずっていう対比が最高。何回見ても感動するしどのキャラも好き。
キ

キの感想・評価

-
なんだか見たくなった、にゃんにゃんって言ってるブーが好き、、、ドアのデザイン色々楽しいーーー!久しぶりに見たらちゃんと理解してないとこあって、いつもより感動した、、、
み

みの感想・評価

5.0
子供の頃怖かった記憶だけど大人になった今泣いちゃうくらいに感動した。悪夢は終わり!
>|

あなたにおすすめの記事