アリエル王子と監視人の作品情報・感想・評価

アリエル王子と監視人2015年製作の映画)

上映日:2015年07月11日

製作国:

上映時間:70分

3.6

「アリエル王子と監視人」に投稿された感想・評価

2017年5/25(木)から小田急線東海大学前駅バスロータリー前サテライトオフィスで、主演の伊澤恵美子さん、プロデューサーの鈴木智彦さん、パブリシティの岸本悠生さんをお呼びして上映会を行います。無料です。

さっぱりしていて、優しくて、そんな映画なんだけど、どこか怖さもある。彼は自由に飛び込んだつもりでも、その自由は作られた自由で、さらに外へ飛び出そうとすると引き戻す強い力がある。

交差点の人混み、草原、青い海、みかん、熊本城、熊本に行きたくなります。
Vega

Vegaの感想・評価

3.9
さりげなく寄り添ってくれるような優しい作品ですね〜。

大波乱はない、です。

自分の置かれた場所で自分らしく生きることをふわっと考えます。
yuko

yukoの感想・評価

3.2
2015/11/25 @ジャック&ベティ

ただ淡々と終わっていくストーリーなのかと思ったら、ラストシーンのひとつ手前でとても心揺さぶられた。
ラストシーンはラストシーンでほっこりできて良かったし、本当に優しくも泣き出したい気持ちになる映画。

笑顔が他人と接する時のひとつの防御というか、手段になってしまっているアリエル王子。
物事をスムーズに進めるための笑顔、人に気に入られるための笑顔、色々あるんだろうけど人はもっと心のおもむくままに笑うべきだし、もっと言えば笑わなくていいんだと思えた。
めぐ

めぐの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます


うーん、私は好きではなかったかな?
なんか、全てにおいて中途半端な気がしました、、、。
結局、何がしたかったのか私にはわかりませんでした。
のほほんとした映画が好きな人にはオススメかもしれません。

2015.10.13 静岡シネギャラリー
あやか

あやかの感想・評価

3.6
なんだか優しい気持ちになれるのはエゴなのかなあ
最後のシーンはクスってなっちゃった(^ω^)
ただ忍成くんの役所は一体何だったの?!笑
haririn

haririnの感想・評価

2.3
熊本の宣伝。

英語で会話してると思いきや、いきなり日本語が入ってそして通じていることが不思議でもやもやした。

不自然の塊でさらにもやもや
Osamu

Osamuの感想・評価

3.7
後からじわりと来た映画。

70分という短めの物語は、僕の予想を裏切り、心の直接的な表現をしないまま終わる。ツカミドコロが分からないまま終わってしまう。

帰りの電車で物語を思い返し、公式ページにヒントを探した。

家に帰って来て、風呂で髭を剃りながら、もう一度思い返してたら、じわりと気がついた。

王子の目線で映画を観てたけど、リサの目線で王子を見ると、違うものが見える。

観ている時には感じることができなかったものを、2時間後に受け取った。
短くて観やすくてよかった。
自然な演技も良くて。
けど、手持ちカメラの映像は揺れてちょっと…。
てか、忍成修吾の名前が2番手だから期待してたのにー…。
あれはもったいない、贅沢すぎる。

ラストがこんなにも読めた映画は久しぶりかも。
地球へ

地球への感想・評価

4.1
日本を訪れた王子さまの72時間の自由を描いた映画。

「自由」を「恋愛」に変えれば『ローマの休日』と同じです。
オートバイで駆けるシーンは、ローマの休日のVespaを彷彿させてオマージュでしょうか・・・

主演の二人が良かった、
王子様は常に笑っているが感情を表に出さない演技が素晴らしいと思いました。
また、監視人の女性も淡い恋心(と思いますが)が醸し出されていて少なからずドキドキして楽しめました。
特別出演のくまモンをエンドクレジットで見つけて、思わずニッコリ(笑)しました。

最後もローマの休日と同じで王道でした。
久しぶりに『佳作』を観させていただきました、深謝。
ユーロスペースで鑑賞(初めてですが)、伊澤恵美子さんのトークショー付きでお得でした。
no58

no58の感想・評価

4.2
ラスト、じわりと感動が襲ってくる。
ご当地映画だけど、さりげなく風景に盛り込まれていてとてもよかった。

あなたにおすすめの記事