川のながれにの作品情報・感想・評価

『川のながれに』に投稿された感想・評価

MALPASO

MALPASOの感想・評価

2.8
映画『川のながれに』

描く所、描かない所あると思うけど、人間ってそういう感じなん?と。
なお

なおの感想・評価

5.0
この映画は、テレビの移住番組で那須塩原市の塩原地区に約4か月の長期に渡って滞在された川岡大次郎さんが、川岡さんならではの「澄んだ感性」で、その時感じた土地柄、人柄をありのままに表現、舞台化された作品だと思います。多種な樹木で彩る紅葉や先人の足跡で描く悠久の渓谷、車座で酒宴楽しむ人たちに慣れ親しんだ地元食、身近な人たちへの気遣いなど「塩原らしさ」が伝わってきます。
そして、その舞台を活かすべく、監督の杉山さんや出演の松本さんや前田さんをはじめ、スタッフの皆さんが一丸となって関わった事を舞台挨拶の中でお聞きして、映画への愛着が一層湧きました。

私は、地元に住んでおり、5回、この映画を鑑賞しました。
登場されている方々の演技に、映画特有のオーバーな仕草や強烈さはありませんが、その分、別世界の映像を観ているというより、自分もその中にいるように感じる映画です。なので、観れば観るほど、登場されている方々のそれぞれの生き方への理解が深まってきて、込められた色々なメッセージがじんわりとそして深く伝わってきます。最低3回は観て欲しいと思います!

先日鑑賞した際は、エンディングが流れて終了しても、しばらくは館内はシーンとして、足速に席を立つ人はいませんでした。映像と音楽が一体となってエンディングを盛り上げ、しばし余韻を楽しみたくなります。
是非、多くの方に映画館で観ていただきたいです❗️
千里

千里の感想・評価

3.8
トレイラーと前田亜季さん出演というところに惹かれて観賞。栃木県の自然に囲まれた美しい舞台で、"生き方"について考える映画だった。

自分では好きに生きているつもりでも、周りからは自分の好きなように生きなさいと言われる主人公。変わらず地元でただ周りに流されながら生きていることは自由ではないのか、都会や世界に出て変わっていくことが自由に生きるということなのか。どちらにしても大事なのは、自分で考えた上で決断するということなのだと。

自分もそうだが、日々を何となく生きてしまっている人も偶にはこうして生き方について考えることって大事だなって思う。本作のようなリフレッシュできるところでのんびり考えたい。

良かったんだけど、もうちょっと結末をはっきり観たかったなとも。
Lyon

Lyonの感想・評価

5.0
美しい自然があふれる世界の中に
大切な言葉がたくさん散りばめられた
唯一無二の作品

低予算ながらも、那須塩原市の全面強力によって、完成度を高めた素晴らしい作品


どこにいるか ではなく 何をやるか

どこにいるか ではなく 誰といるか

皆は先のあるものが見たいと言うが
僕は原点が見たい


美しい紅葉の中を流れる川に
自分もふわりと浮いた様な
そんな気分に浸される
Mokoi

Mokoiの感想・評価

3.7
映画を通して塩原の自然の美しさを味わうことができた。
東京のような大都会で目標を持って過ごすことや世界中を回って様々な文化や自然に触れることに憧れ、自分も同じ道を歩んで見たいという人間もいれば、生まれた地に留まり、骨を埋める人間もいる。どちらが素晴らしい人生であるのか、それは他人が決めることではなく自分で学び経験しながら決めるべき物なのだなとあらためて考える機会を与えてもらった。
ろみー

ろみーの感想・評価

5.0
「変わらないって、ダメなことですか?」この言葉に心惹かれ先行公開に。塩原の美しい風景と塩原の温かい人達の元で、自分らしさを見つけていく青年を見て、変わっても変わらなくても自分らしくいればいいんだと思えました。とても温かい素敵な映画なので、沢山の人に見て頂きたいです。
那須塩原先行公開で観ました。まちづくり大使の川岡大次郎さんが長年かけて完成したというだけあって、これまで見た事のない那須塩原の美しい風景と登場人物たちの葛藤で、物語が進んでいきます。個人的には、青木崇高さんのシーンが面白く、あんな人が塩原にいいなと思ったり笑
音尾さんは最近の白石組の変な役ではなく!?とてもいい役を演じておられました。
どの年代の方が観ても癒されると思います。

このレビューはネタバレを含みます

なすしおばら映画祭のオンライン上映にて鑑賞。
のんびりゆったり流れる時間と綺麗な那須塩原の自然が映像から伝わってきた。
琢ちゃん目的だったので、SUPを楽しそうにする姿とか息子を思って泣く姿がたまらなくよかった…。泣きの演技をさせたらやはりピカイチだと思う。琢ちゃんの演技に再度惚れ直した映画だった。
ぜひとも全国の映画館で上映してほしいなぁ。

あなたにおすすめの記事