レッドカーペットの作品情報・感想・評価

レッドカーペット2014年製作の映画)

레드카펫/Red Carpet

上映日:2015年08月15日

製作国:

上映時間:117分

3.5

あらすじ

商業映画の監督を夢見るアダルト映画のヒットメーカー・ジョンウとひょんなことからルームシェアをすることになった元人気子役ウンスはジョンウがエッチな映画を撮っているとは知らず、彼の脚本を読み、女優として再起を誓う。1年後、ジョンウのもとを去り瞬く間にトップ女優になったウンス、相変わらずアダルト映画を撮る日々のジョンウ。しかし、一流芸大出身の新人社員デユンやジョンウと長年R指定映画の興行不敗神話を打ち…

商業映画の監督を夢見るアダルト映画のヒットメーカー・ジョンウとひょんなことからルームシェアをすることになった元人気子役ウンスはジョンウがエッチな映画を撮っているとは知らず、彼の脚本を読み、女優として再起を誓う。1年後、ジョンウのもとを去り瞬く間にトップ女優になったウンス、相変わらずアダルト映画を撮る日々のジョンウ。しかし、一流芸大出身の新人社員デユンやジョンウと長年R指定映画の興行不敗神話を打ち立てる仲間たちに後押しされ、夢への一歩を踏み出すために、自主映画の撮影を始める。そんな彼らに共感したウンスは事務所に内緒でヒロインを演じたことがマスコミに報道され大事件に!

「レッドカーペット」に投稿された感想・評価

コジュニがとにかくかわいい
スタイルよすぎだしかわいすぎだし生まれ変わったらコジュニになりたい
えり

えりの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ユンゲサンすごい!!
犯罪都市でめちゃくちゃイかれた怖いマフィアのボスみたいな役をしていたので怖い人なのかと思っていたけど、この映画ではまた全然違うキャラクターを演じていて…
godのメンバーだったのですね!

ちょうどラストから20分ぐらいのところの、両親がわざわざ会いにきてお金をくれて、背中を押してくれるシーンで泣きました😭
アル

アルの感想・評価

3.8
コ・ジュンヒ可愛すぎて困る。髪型は「彼女は綺麗だった」の方が好みだけど

あんな出会いで好きになるのかとか色々説明不足はあるもののホッコリできて面白かった。あらすじ読んでもらって設定的にダメな人は多いかも、、雰囲気良い映画祭だな〜
naonaohr

naonaohrの感想・評価

3.4
楽にみられる1本。
ポルノ映画界ではある程度の位置にいるので下地がないわけじゃない設定なのが誠実。
みゆき

みゆきの感想・評価

3.3
とても可愛い映画だった。

いつか一般映画を撮りたいと夢見るポルノ監督と忘れられた子役上がりの女優のお話。
ラブストーリーというより、夢と現実の間で藻掻く青春映画かな?
監督含めスタッフ陣が自分達の思いをユン・ゲサンに投影して撮影しているのが、画面から伝わってくる。
お金もないし時間もないけど映画が好きで、いつかパク・チャヌクのような作品を撮りたいという情熱だけは誰にも負けないぞ、みたいな。

細かいことを言えば安直なストーリーで安っぽく物足りない。
でもコ・ジュニが凄く可愛いので許します。
お髭のユン・ゲサンは松坂大輔に似て見えて、ユン・ゲサンより松坂大輔にエールを送りたくなった。
中日で頑張れ💪松坂!活躍を心からお祈りします!
M

Mの感想・評価

3.6

普通に楽しめた!
ユン・ゲサンもコ・ジュニも好きだから見た作品だけど、コ・ジュニほんっっと可愛すぎた〜………スタイル良すぎ……あの可愛さとスタイルの良さが見れてだけでも良いです(笑)
脚本はまあサクセスストーリー?て感じだけど、途中ちょっと泣けるしとにかくこういうラブコメは最後ハッピーエンドになってくれれば良い!!笑
IPPO

IPPOの感想・評価

3.7
思ってたよりずっと笑って泣けた。
映画よりドラマ寄りな印象だけど。
ちょいちょい泣けて笑える作品って、トータルでの満足度が高いな。

ポルノ映画界ではヒットメーカーだけど、
そこから脱してきちんと映画を撮りたい男の奮闘劇。現実を見ながらも、でもバカやりながらはしゃぐ登場人物たちが可愛いよ。夜の高速道路を馬で疾走するシーンは、ある意味見モノ。居酒屋の大暴れは良かった。

本作のユン・ゲサンは、新井浩史と平山浩行を足した顔立ちに見えるな…。若いのに渋さが強い。ラストシーンはベタだけど、泣ける。

ユン・ゲサン作品鑑賞祭りもひとまずこれで終わり〜。
nori007

nori007の感想・評価

2.0
日本の映画監督でも取っ掛かりはAVから入り、後に名監督となる方が多いけれどこの映画を見る限り、韓国でもそうなのかもしれない。ただ韓国の方が映画産業に国が援助しているので優遇されている気はするが。。。

主人公はポルノ映画監督で、ヒロインが元子役といった関係性なのだが特に芸能界の裏側を描くわけでもなく、映画に対する愛情もそれほど感じない。
話の展開もヒロインが何の前触れもなく簡単に恋に落ち、簡単に女優復帰をし有名女優となる。ずいぶんと安いドラマであった。似たような作品だと内田英治監督の「下衆の愛」があるけれど、こちらの方が強烈なキャラクターが映画界でもがく姿が生き生きと描かれていた。
mika

mikaの感想・評価

-
両親に初めて応援された時、映画で久しぶりにうるっときた。なんでだ
「私たちの夢はあなたよ」
って年老いた両親に言われたら...もうそりゃ泣いてしまう。
夢に近付こうとして、畑違いでも頑張ってるだけ偉いと思う。世の中もっとなあなあな人がいっぱいいる。

ただのふざけた映画かと思いきや結構良い映画でした。