ブルーサヴェージ セカンドインパクトの作品情報・感想・評価

「ブルーサヴェージ セカンドインパクト」に投稿された感想・評価

枕木

枕木の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ブルーサヴェージとはこれと言って関係のないサメ。出番の無さを最後に数で挽回しようとしてきた。パニックと言いつつパニック要素薄いことが多いサメ映画には珍しくパニック映画っぽいシーンがある死因はサメだけど。
光

光の感想・評価

-
サメ付き青春映画の隠れた傑作!
バカ騒ぎする若者たちで賑わうビーチにイタチザメの群れが襲撃するという内容の本作。
タイトルが『ブルーサヴェージ セカンドインパクト』なので誰もが『ブルーサヴェージ』の続編かと思うだろうに実はまったく関係のない映画という。
前作はメガロドンという古代の超大型サメが大暴れする映画だったのに、今作は普通のイタチザメがメインとなる。
あきらかなスケールダウンだが、それを補うための手段が数で勝負と言わんばかりの“群れ”という要素。
確かにサメ映画というジャンルで群れを扱った作品はこの本作のリリース以前はほとんど無かったため斬新であった。
通常の手法と違うベクトルで攻めるのは好印象です。
群れである利点は広範囲で襲撃が出来るということを活かしたクライマックスの大虐殺シーンは屈指のパニックシークエンスとなっていた。
サメ1匹が人間1人を食い殺す見せ場なんて目じゃないほどに圧巻で画面の至る所にサメの背ビレと血しぶきが舞い上がっていた。
言うなればサメ版『ピラニア3D』とも言える。
その反面、それ以外のサメの襲撃を描いた見せ場シーンが絶望的に枯渇しておりクライマックスだけに全注力したような構成は低予算ゆえにガッカリポイントは擁護しきれない。
描かれるサメはイタチザメで現実に存在する種類だけあってリアリティがある。
なぜ群れで襲ってきたのかという理由にもライバルビーチ経営者の悪意あるイタズラという理由付けがされておりモヤモヤとした非科学的な設定がない点が受け入れやすい。
しかしサメ映画としてはやはりインパクトが弱い点が否めない。
それも本来メインとされるサメの活躍シーンが非常に少なく、大部分として描かれるのが主人公の恋愛事情だったりするからだ。
ある意味異色作、というよりもはやサメ要素の付いた青春映画と言っても過言ではない。
だが個人的にはこれは断然ありです。
青春映画としての出来もなかなかに良くて、なおかつ主演の女の子がかなり可愛く、男の方はかっこいい。
サメと戦うとはとても思えない若者層を中心としたキャスティングのミスマッチ感がまた良いアクセントとなっている。
普段のサメ映画ではバカ騒ぎとSEXと酒に溺れて即お亡くなりになりそうな連中だが青春映画として本領を発揮する様は観ていて心地が良い。
サメ映画ともバカ映画とも思わず青春映画として観れば間違いなく楽しめる作品だと思う。
個人的には好き。
ノッチ

ノッチの感想・評価

2.5
人気がなかったフロリダのシーガルビーチは人口珊瑚を利用し、活気を取り戻していた。

ある春休み、大学生のダニエルは、友人たちの誘いを受けフロリダのシーガルビーチへと遊びに来る。

だが釣り船で沖へと出た際、恐ろしい数のサメの大群の襲撃を受け・・・。

人食い鮫が人間を襲うパニックムービーの第2弾。

前作の『ブルーサヴェージ』とはまったく、完全に、これっぽちも繋がりありません。

役者も、監督も、脚本も、作ってる国も違います。

前作は大きさで勝負、そして今回は数で勝負という感じです。

パッケージは誤解を招きかねないもので、あくまでも登場するのは普通のサメです。

人工珊瑚による環境の変化でサメが集まったという理由も語られており、「化け物」という捉え方をしていないのも特徴でしょう。

サメの数が増えたけども、やっぱりサメの出番が短く、物語の中心となっているのは、サメというよりも若者たちの恋愛話。

この手の話は迫力あってなんぼだと思うんでもっとヒトが襲われてるシーンとかあってもいいと思う。

ただ、最後、海水浴場にサメの群れが来るシーンは、淡々としてる分妙にリアルさを感じさせられ、ちょっと鳥肌モノかもしれません。

あと、ヒロインが美人でスタイル抜群でした。
青春サメ映画。
暇つぶし用の映画ですね。
前作はサメのでかさが売りだったのに……。小学生の時WOWOWでやってたから観た。こんなに観た人が少ないとは驚き笑。

つまらなくはない。
やま

やまの感想・評価

3.0
青春映画+B級サメ映画
男女の青春が観れるだけでなくもれなくサメまでついてきますよ!っていう映画。CGもまあまあ良かった記憶が。。
嫌いじゃなかった。。