女囚701号 さそり外伝の作品情報・感想・評価

女囚701号 さそり外伝2011年製作の映画)

製作国:

上映時間:72分

2.1

「女囚701号 さそり外伝」に投稿された感想・評価

みつき

みつきの感想・評価

2.7

このレビューはネタバレを含みます

私、しみけんが好きなの。
( ウ○コ食えるなんて超絶尊敬!!)
( どこを尊敬しとんねんっ!)

でね、しみけんが一番興奮したセクシー女優が明日花キララなんだって。
( どうでもいい情報……)

だから明日花キララってどんな女優なんだ?って気になって見てみたの。

そしたらね、すんごい整形顔女だったのww
(まぁ、可愛いんだけどね。)

【超絶雑なあらすじ】
とある女性刑務所に松島ナミという女が入所してきた…
彼女は刑務官や先輩受刑者達からの凄惨な虐待にも負けない強い女だった。

悪徳刑務官の林はナミの素性に興味を持ち、なぜ服役することになったのかを調べることにする。

実はナミはIT業界の成功者である杉見という男に騙され、次期首相と囁かれている政治家の息子にレイプされてしまい、その時に傷害事件を起こしていたのだ。
そして杉見たちの策略で刑務所送りにされてしまったのだった……

しかし、そんなナミに脱走の機会が訪れ……

【 超絶雑な感想 】
てか明日花キララ、お顔は作り物っぽいけど身体はすんごいキレイなの!!

私は彼女の胸よりお尻に釘ずけになりましたねぇ……。

てかね正直、 梶芽衣子さんに謝って欲しいのよね ww
だって、この作品酷すぎるんだもん!

まぁ、私はB級邦画が割りと好きだから嫌いじゃなかったんだけどね……。

明日花キララのファンの方や、さそりシリーズがお好きな方、私の様にしみけんが好きで、彼の最も興奮したセクシー女優がどんな女優なのか知りたい方にオススメな作品です。(←なにそれ……)
愛車のナンバーを701にするくらいの『女囚さそり』好きなものですから、なかば義務として本作を観ました。

感想としては、画面が暗すぎて何が起こっているのかいまいちよくわからなかった。主人公の松島ナミは基本ほとんど喋らないキャラのため、五感のうち視覚・聴覚を奪われた状態での鑑賞を強いられます。いつか心眼を会得したのちにふたたび挑みたい。
馬子

馬子の感想・評価

3.0
昔見た、オリジナルの“女囚さそり”がずーっと忘れられなくて、たまたまCSでやってたのを視聴

言うほど悪くないけど…
批判してる人たちはこの作品に何を求めてたんだろ
どーせ明日花キララのおっぱい目当てで見たくせにʬʬ

でもせめて「恨み節」くらいは流れて欲しかったな
明日花キララのナイスバディ。
こういう目力、大好きです。にらまれたい。

「女囚701号 さそり」の数あるリメイク版?の一つ。
ただやはりバイオレンス加減は薄めで、画面が暗くてよくわかりません。
AVの出来損ないみたいな仕上がりになっています。
キララちゃんの
おっぱいは素敵な形だけどね!

内容的には・・・
buccimane

buccimaneの感想・評価

2.0
最初にお断り入るのウケたけど実際肝心なところで手元や血とかが見えないし、あれのリメイクなのに中途半端に喋ったりとかめっちゃいい加減。

看守にやられるシーンが無いのとかありえないと思うんだけど

でもオープニングタイトル前の、壁に手をつくシーンでパーフェクトボディを見せつけた後ギッと睨んだとこは凄いキマッててかなり期待感持った...続くタイトルのフォントがショボくてすぐガクッとなるけど。