花宵道中の作品情報・感想・評価

花宵道中2014年製作の映画)

上映日:2014年11月08日

製作国:

上映時間:102分

2.9

あらすじ

華やかな色町で、可憐に咲いた遊女の生き様 江戸時代末期、新吉原。 囚われの身から間もなく解放されようとした人気女郎・朝霧は、 縁日で半次郎という青年に出会う。 その出会いが、彼女の運命を大きく変えていく――。

「花宵道中」に投稿された感想・評価

rena

renaの感想・評価

3.2
遊女とか花魁とか耽美なものが以前から好きな私。
子役というイメージの強い安達祐実が遊女役…見るしかないと思い視聴した。が、こういうのを舞台にすると必ず悲しい結末になるのはどうしてだろうか。背負うものが大きすぎるからなのか………
安達祐実美しかったんだけどなぁ〜
幸せになって欲しかったなぁ〜
幸せになっちゃいけないのだろうか…
中学ん時にテスト前日に宗教勉強しながらYouTubeで見てたん覚えてるけど今思うと絶対宗教勉強しながら見る内容じゃないwwww
みっこ

みっこの感想・評価

2.8

あさきゆめみし 八百屋お七 とか
春の雪 みたいな
切ないラブストーリー

いつの時代も、悲恋はある
一瞬かもしれないけど
愛を見つけた幸せが
神々しいというか、素敵というか
電気羊

電気羊の感想・評価

3.0
安達祐実ちゃんのセックスシーンのインパクトが強すぎて、他の印象がかすんでしまった。不幸な境遇で育った男女は巡り合い惹かれ合う。しかし、金持ちの道具として虐げられることになる二人は、愛と自由を求めて二人で旅立とうとするが結局は悲惨な結末に。この時代に人権などない。現代に生まれてよかった。
原作は未読だけれど、この役柄に安達祐実を主役にキャスティングしたことに違和感を感じた。途中途中で「なんだかな~」という思いにもなった。だから余計に、評価の高い原作(漫画)を読んでみたくなった。
床

床の感想・評価

3.0
江戸時代、女の人権なさすぎ問題。
大して人望もない、賢くもない、自分は偉いと思ってる馬鹿な男に蔑まれてさぞ悔しい人生やっただろうなあと。嫁に貰われて幸せになれた女郎は実際も少なかったのだろうか。
女郎は表からみると華々しい世界で、絢爛豪華なイメージやったけど、そんなことはなくて、ほんとうは苦労人が多くて毎日不安になりながらも強く生きてた。
マオ茶

マオ茶の感想・評価

2.0
安達祐実以外は、いかにも演じてますというような演技で気になってしまった…時代物はどうしてもそうなるのかな。

ラストが衝撃でした。
佐治

佐治の感想・評価

3.0
話は陳腐な感じが強かったけど、安達祐実の演技が凄い
濡れ場がエロくて有名で、確かにエロかったけど、安達祐実の演技に魅入ってしまった
凄いなこの人
エッチだ
yuuuuuka

yuuuuukaの感想・評価

2.5
漫画を読んでいるので、なんだかちょっと浅く感じてしまった…
安達祐実は可愛いけど、少しイメージが違うような。
赤鬼

赤鬼の感想・評価

1.7
どうしても画面に映るものが全て安っぽく見えてしまった。安達祐実の問題では無いんだと思う。
>|