花宵道中の作品情報・感想・評価

花宵道中2014年製作の映画)

上映日:2014年11月08日

製作国:

上映時間:102分

2.9

あらすじ

華やかな色町で、可憐に咲いた遊女の生き様 江戸時代末期、新吉原。 囚われの身から間もなく解放されようとした人気女郎・朝霧は、 縁日で半次郎という青年に出会う。 その出会いが、彼女の運命を大きく変えていく――。

「花宵道中」に投稿された感想・評価

Yuuuuki

Yuuuukiの感想・評価

1.5
小説とマンガを先に読んでいて、個人的に思い入れが強い作品だったが故に垣間見る大根芝居や内容の薄さが残念でした。映画にするとなるとどうしても朝霧だけの話で終わらざるをえないかとも思いますが……。
でもラストの朝霧の花魁道中は見せ場としてきちんと力を入れてるのが分かり、表現の仕方と安達祐実の美しさに魅入りました。
「花宵道中」を映画でしか知らない方にはぜひ原作を薦めたいです。
yuli

yuliの感想・評価

3.0
恋がしたくなる。安達祐実の濡れ場が想像以上で衝撃。そしてやっぱりかわいい。
filmviewer

filmviewerの感想・評価

2.1
ただのエロい映画だった、、

せめて安達祐実じゃなければもっと深みが出たのでは、、安達祐実可愛かったけど
MIKU

MIKUの感想・評価

2.9
いつの時代も純愛とは美しいものだと思った。そして…
いつの時代も安達祐実の儚げな可愛さと、芯の強さは健在だった!

実は、子役時代のイメージが強すぎるので観るつもりなかったんです。でも、観始めたら祐実ちゃんがあんまり可愛くて…
おばちゃんは最後まで見届けてしまいました(笑)
hal

halの感想・評価

3.5
安達祐実の魅力に圧倒された一作。

生い立ちは恨んでも恨みきれない

美しいハッピーエンドに感じた。

女は強し。
吉原の話し。
悪いヤツに騙されながらも
好きな人を
思い続ける気持ちには
感動しました。

だけど、今も昔も
女は体を売って生活してる人もいる。
昔の私と重ねて見てしまい、終始涙。

安達祐実の演技が圧巻!
女性からみても
素敵だなーと思う。
うじろ

うじろの感想・評価

2.5
安達祐実が華奢で綺麗だとは思ったが、ストーリーはありがちでイマイチ盛り上がりに欠けるなぁと思った。
とても時間が長く感じる映画。
ただただエロいし
胸糞悪かったなぁ
平成でよかったと思わされる
ストーリー自体は特に変哲もなく、ありがちな切ない恋愛映画。

安達祐実さんの演技がエロくて綺麗で最高…

ただ「もっと名前で呼んで…」は安っぽい少女漫画みたいで少し萎えた
かなり酷いと思ってしまった
間延びがすごい、
安達祐実日本髪があまり似合わないのと
イマイチ演技に奥行がない、
雰囲気もあまりない、
途中で見るのをやめようかと思った
>|