森達也の「ドキュメンタリーは嘘をつく」の作品情報・感想・評価

森達也の「ドキュメンタリーは嘘をつく」2006年製作の映画)

製作国:

上映時間:45分

3.5

「森達也の「ドキュメンタリーは嘘をつく」」に投稿された感想・評価

櫻

櫻の感想・評価

-
フェイク、、しかし全てそう言い切れない。
エンドロール流れるとき教室ザワザワして面白かったな(鑑賞2回目高みの見物)

このレビューはネタバレを含みます

大学の授業の一環で鑑賞。

全て仕組まれていたことだと分かった瞬間、世界の恐ろしさを実感した。

《目の前で起きていることは“本当に”事実なのか?》

都合よく編集された事実に気付くのは、この情報大量社会においては至難の技なのかもしれない。
そう気付かされた作品。
M

Mの感想・評価

3.0
出演もされてる村上さんから
かなりやばいタブーを含んだカットの存在に誰も気がつかずに当時放送してしまったという話を聞いたが、、、
おっとこれ以上は僕からは言えない。
「FAKE」鑑賞後に再見。
ドキュメンタリーの恐ろしさを熟知した森監督だからこそできる表現だな...
青二歳

青二歳の感想・評価

2.9
原一男はヤラセがばれて干されてる頃かしら?言い訳がましいわい。てゆうか…全員これ…笑。
一周して面白かったけども…何だこれ…特に書けることもない…(。-∀-)あそういえば森達也今年18-19歳に選挙行くなと呼びかけててズッコケ。行くなって…曲がりなりにも社会派と言われた人の言うことじゃなかろう…どーしちゃったんですかね。
ysak

ysakの感想・評価

2.4
FAKE直前。テレ東で放送された、ドキュメンタリーに関するフェイクドキュメンタリー、という理解でいいんだろか。。こんな異物感ある番組を地上波で流した意義は分かるけど、「嘘」パートが単にチープな悪ノリになってる印象強い。同名の書籍は、名著だと思います。
絶対に踏み込めない領域に入っていった衝撃のドキュメンタリー『A』『A2』の森達也の新作が15年ぶりにやってくる・・・!!今度のターゲットは佐村河内だ。。いったいどうなる事やら。。

そしてこの『ドキュメンタリーは嘘をつく』とはなんぞや…と申しますと2006年テレビ東京で放送された森達也の※※※※ドキュメンタリー番組なのであります!!

数年前までの自分が見たらたぶん度肝抜かされた事でしょう!!いや、今の自分が見ても十分ドキっとしました!!

フィルマークスのキャストの情報が乏しすぎてアレなんですが…
素材を独断で編集したのは僕がよく名前を出す[松江哲明]、森達也もこんな風に仕上がるととは思ってなかったようです。
まさにコレは今放映中のドラマ『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』や去年の『山田孝之の東京都北区赤羽』とやってる事が一緒なんです。その原型とも言える作品が10年前に作られていたんですねぇ。。

内容は…森達也ととある女性アシスタントがドキュメンタリーに造詣が深い著名人にインタビューしていくワケなんですが…
30代40代ファッションのカリスマ[藤原ヒロシ]
『ゆきゆきて、神軍』の[原一男]
『阿賀に生きる』の[佐藤真]
『いつか読書する日』の[緒方明]
などそうそうたる面々!!

そして美味しい役で『ディストラクション・ベイビーズ』の真利子哲也(若い!)も出てきます!!

さらに!!『A』から友情出演なんでしょう、元オウム真理教(現アレフ)の荒木浩まで普通に出演しちゃってるけど大丈夫なのかコレは!!民法で流れたって事ですよね??

今なら何となく全てを受け止められる事ができるけど、当時これを見た人はちゃんと全て理解できたんでしょうか…。すごく前衛的な作品のような気がします。

ちなみに現在コレを見るには
書籍「ドキュメント・森達也の『ドキュメンタリーは嘘をつく』(DVD付き)」を買うしかありません!僕は運良く100円の時に買いました!
※amazonのレビューみたらやっぱ皆さん怒ってらっしゃいますねぇ。。