主戦場の作品情報・感想・評価

上映館(1館)

主戦場2018年製作の映画)

SHUSENJO: The Main Battleground of The Comfort Women Issue

上映日:2019年04月20日

製作国:

上映時間:122分

「主戦場」に投稿された感想・評価

あず

あずの感想・評価

4.0
日本軍「慰安婦」問題を大学で専門的に学んでいます。この映画は日本軍「慰安婦」問題についてある程度知識がないとまず難しいかなと思います。それは話が最初から最後までアップテンポで進むこともそうですが、被害者自身の話などがほとんど出てこないので、被害者が見えなくなってしまいかねないと思いました。

このレビューはネタバレを含みます

【日韓問題ではなく、人権問題として】

慰安婦問題。
複雑になりすぎて、どこから紐解けばよいのかわからないまま放置している状態でしたが、この映画を見ると、なぜこんなに複雑になってしまったのかの一端が見えるように思います。慰安婦問題を問題にしたくない人たちは何を守ろうとしているのか。「国家は謝ってはいけないんです」と主張する人、「韓国や中国は電気製品などで日本に追いつけないんです」と真面目に語る人。現実を直視せず、体裁を整えたところで裸の王様。守ろうとすればするほど、逆に貶めているという感覚はないのでしょうか。差別発言を繰り返す人たちの特徴として、攻撃することで自分の立ち位置を高く守っているかのように見えます。一方で実体験した市井の人たちの言葉が私には響きました。また、この問題を国家間の問題にするよりも、人権問題(特にアジアの女性の人権問題)として、私たち日本人の女性も同じ目線で考えていく方が将来にとって有益なのではとも感じました。様々な意見はあるでしょうが、ともかく1度見てみることをお勧めする映画です。
yuri

yuriの感想・評価

-
テンポよくてめちゃくちゃ内容あるYou Tubeって感じ 良かった
Masumi

Masumiの感想・評価

4.0
超見応えありました。慰安婦問題って、国同士というより女性として気にかかる問題でした。だから最後涙出た。
当時の日本軍のやり方を思えば、罪を否定するのは見苦しく感じる。出演者の言い分も聞くに耐えない...つっこみどころだらけ。
っていうことはよく分かりましたが...
監督が恨み買って潰されないかは本当に心配。
もう少し控えめに作っても良かったんじゃない?とも思う。
なんとも難しい。
でも観てよかった。

※最後の、安倍政権がやろうとしていることのくだりが鳥肌たつくらい怖かった。根深い、根深すぎるし恐ろしい...
この怖さはある意味貴重な体験。
政治に無関心でいたら本当に危ないっていう危機意識に繋がるよね。
若い人たちにこそ観て欲しい。
ラスト開いた口が塞がらなかった。
いかに自分が危険な国で平和に暮らしているのかを痛感した。
慰安婦問題だけでなく、様々なテーマにフォーカスしてはテンポよい切り込みと両極の論陣の意見を集約。映画としての意見は明確だが、FACTを明確に表明しているだけにあらゆる抗議も寄せ付けない威力のある作品。
歯出る

歯出るの感想・評価

4.5
とても分かりやすくて素晴らしかった。
多くの人に観てほしい…

事実は小説より奇なり
っつう感じで、なかなかに「奇」な言い分がのさばっていて、被害者がいる国家的な大きな問題なので不謹慎だけど、でも、ここまで来るとまじで「ウケる」ので、普通に週末に恋人と家でまったり観る映画の候補に入れてほしい。

それで、一人でも多くの人が、安倍っちたちの酷さと、それに一票を投じる(もしくは誰にも投じないことも同義)ということが、自分も国家的な罪に加担することになるってことに気づいてほしい。

最初は監督の純粋な疑問からインタビューや調査を始めて、映画の後半では、歴史修正したい側のまったく持って筋の通ってない、冗談でないことがオモロすぎるデタラメさを、分かりやすく客観的に暴いてくれた。

右ウィングピーポーたちの、慰安婦についての語りようを見て、今だったら風俗業界で働く女性たちのことをどう思ってるのかも見えてきた。

そんでもって、何がやばいかって、歴史修正したい側のみなさんは色々言うてますけど、ただ、無知。ってだけなんだよな。ほんとシンプルにそれだけだったのがやばい。&ウケる

備考:オノヨーコのいとこが日本会議のお偉いさん?で、狂ったじじいだった…
オムツ

オムツの感想・評価

4.0
尊敬する友人に勧めてもらって観ました。

これが今の話。どう考えてもまともじゃない、テレビでは流れない日本の深刻な現状だと思う。
この国で生きていくつもりのたくさんの人に見て欲しい。近い将来の問題にも触れています。

多方面から勉強しよう。
知らない内におかしな事に加担したくない。
怒ってます。
llazyy

llazyyの感想・評価

4.5
途中から怒りで戦闘態勢になってたらしく、観賞後に手のひら見たら爪の跡がくっきり残ってた。何が紙袋だ。自分が同じことされても何とも思わないのか。

人によっていろんな意見や考え方があるのはわかるし、認めたいとも思う。でも、差別主義者の意見は1mmも認めたくない。

このままだと、怒りの気持ちしか残らなそうなので、自分でも慰安婦について勉強したいと思う。
N

Nの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

 自分の非を棚に上げて他人を批判する。情報を自分の立場にとって都合よく解釈し、捏造や誇張をする。人種を根拠に自分が他人と比べて優れていると信じる。自分にとってマイナスになる状況を作らないよう権力を使って情報操作し表現の自由を脅かす..…こういうことを平気でやる人が政治界に確実に一定数いる中で、日本が平和って一体誰がいつ言ったんだろう。

ここまで一つの問題に関して目の前で対立が起こるとなにも信じられなくなりそうになるけど、そうやって蓋を閉じて無関心でいることによって“今”があるならその無関心はなによりも危ないのかもしれない。

 大枠で考えてみても、歴史的解釈、法律、経済や外交、国際的な立場の話において対立があるのは、少なくとも人間として当たり前のことが出来てない人の影響は確実にある気もした。でも、その当たり前もあくまで私にとっての当たり前だし、この映画に出てくる人がたまたま出来てないのかもしれない、、?この映画の製作者だってもちろん自身のメッセージに乗っ取って映画を作るなら対立の上での偏りがあるのは間違い無いし、描かれかたに差があったのも感じた(右派の人の和訳に違和感覚えたのは私だけじゃないはず、、)

それでも結局自分が人間としてどう生きていくかにおいて、知ること、聞くこと、見ることだけじゃなくて想像すること、考えることを行った上で、行動・意思表示することは忘れたくないと思った。

あと、思考が人相に出るって言うけど、どうなんだろうね。ものすごい優しい、説得力もつゆっくりとした口調で、差別的発言してる人を見たとき、思わず目を逸らしてた。こういう人とはこれから先で出会いたくないと思うけど、多分これを書いてる電車の中にも数えられないくらいいるのも現実だし。関わりたくない人には、あえて興味を持って想像力を働かせて、自分の視野を広げるつもりで接することで関係築けると思ってた昨日までの自分は、いざ目の前に対峙したらその人に向かってなにか言えるのかな、、、、

愛知トリエンナーレを会期終了まで迎えられなかった日本はこれからどうなるんだろう。
>|