FAKEの作品情報・感想・評価・動画配信

みんなの反応
  • 嘘と真実が入り混じる不確かさが魅力的
  • メディアの怖さや情報の見極めの大切さが伝わる
  • カメラの前では必ず演じるものであることが恐怖として描かれる
  • 監督の巧妙さや物事には複数の見え方があることが示される
  • 物事の真実性について考えさせられる、曖昧さを許容できるテイスト
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『FAKE』に投稿された感想・評価

佐村河内氏のwikiの充実ぶり。
本編とセットでご賞味ください🐈‍⬛
FancyDress

FancyDressの感想・評価

4.5

原一男監督のゆきゆきて神軍という極上のラブストーリー映画があるわけだが、その極上のラブストーリー映画に匹敵する唯一の映画が森達也監督のFAKEかも知れない。

とにかくFAKEはゆきゆきて神軍に匹敵…

>>続きを読む

CSで放送しているのを観ました。
佐村河内氏がどんな嘘をついているのかに興味が引かれながら見続け、
驚愕という前フリがあったラストシーンを観た時に正直ガッカリしました。

ただ、映画の放送に続いて放…

>>続きを読む
山口

山口の感想・評価

5.0

佐村河内さんを信じたくなったカットもあれば、やっぱりこの人って嘘つきなのかもと疑えてしまう。時折、佐村河内さんの大げさにしんどさなどを表に出した行動が余計にあの人の嘘っぽさを駆り立てる。しかし、あの…

>>続きを読む

「ラスト12分ネタバレ禁止」という煽り方をされてたし、「FAKE」っていうタイトルと監督の毛色から、「一杯食わされる系のオチがつくのかな?」と思ってたんだけど、

私にとっては「普通に」最高の終わ…

>>続きを読む
yadokari

yadokariの感想・評価

3.7

森達也のドキュメンタリーの面白さは逆手に取るスタイル。この映画もTVで伝わるゴーストライター騒動を逆側から撮っただけではなく、ドキュメンターなのにヤラセが見える。そこが映画としての見所だったりする。…

>>続きを読む
水蛇

水蛇の感想・評価

-

禁煙宣言でアップになる猫ちゃん、巻き込まれちゃっててかわいい。極り悪くて帰りたくなるシーンとささやかな愛情に満ちたシーンの連打でパンチドランカー状態。

クリティカルな質問できるのってやっぱり外国の…

>>続きを読む

「人間が人生を懸けた演技をしている」のかつて無いエンタメとして消費したい欲求と、火付けのメディアが後始末の責任を放棄するあからさまな商業主義が、世界の縮図すぎて面白かった。こういう界隈にジャーナリズ…

>>続きを読む

100悪人な人間もいないし、100善人の人間もいない。
最後までうっすら嘘がまとわりつく佐村河内さんも存在するし、奥さんと支え合い愛し合う佐村河内さんも存在する。福祉施設に通っていた優しい佐村河内さ…

>>続きを読む
yoshi

yoshiの感想・評価

4.0
https://ameblo.jp/yuuqyu/entry-12675137994.html

あなたにおすすめの記事